食の安全を求めて、小麦粉、卵、砂糖、乳製品など主たる原料には国内産のものを使用しています。更に、地元多賀城の古代米、塩釜の藻塩、七ヶ浜の海苔などを使ったこだわり焼き菓子も作っています。ピュイダムールは、オープン以来、毎日手作りで心を込めて一生懸命作り、販売しております。
メインメニュー
一歩いっぽ前へ

モアイ像 vol.1 (景色編)

☆ ―――――――――― ☆

チリ政府より贈られたモアイ像を観に南三陸町に行ってきました。



今日(2013.6.3)南三陸町防災対策庁舎の周りには

立ち入り禁止の柵が設置中で(鉄筋が老朽化して危険な為)

工事関係者の方にお願いして

柵の中に入る許可を頂きお線香を奉げました。

―――――――――――

自宅から約90分で到着し

時間が余ったので志津川湾を見に行くと



絶景ポイントに遭遇\(^o^)/



1時間ほど風景を楽しみなら砂浜を散歩したら

軽く日焼けしてしまった。



vol.2へ、つづく(モアイ像&キラキラうに丼編)

☆ ―――――――――― ☆


Posted at 2013年06月03日 22時37分05秒  /  コメント( 0 )

やって来たウーパールーパー

仮設住宅で暮しているピュイダムールのスタッフ宅に



先週末、復興支援のボランティア団体から



ウーパールーパーが届けられました\(^o^)/

「ちょうだい!ちょうだい!」と

子供たちにとても人気でこの事だけでも

笑顔を届けられていますね(*^_^*)



災害公営住宅の建設にはまだまだ時間がかかるようで

現状の仮設住宅での生活が続くようです。


Posted at 2013年05月20日 19時49分45秒  /  コメント( 0 )

菖蒲田浜前の道路がつながったよ(^_^)v

☆ 今の七ヶ浜 ☆



3.11以降、菖蒲田浜前の道路は


(2013.3.11撮影)

写真のように通行できませんでしたが

今月頃?から迂回せずに

真っ直ぐに通行可能になりました。


(今日は「やませ」の影響で肌寒く最高気温11℃でした)

ちょっとした道路の開通ですが地域住民の

方々にはとっても利便性が向上したと思います。

(自分も配達業務がスムーズに)

七ヶ浜の農地は津波で90%以上が被害をうけ

塩害復旧も一部の田んぼで終了し

水が張られ3.11以来初田植えが始まっています。


Posted at 2013年05月13日 21時09分03秒  /  コメント( 0 )

祖母が住んでいる東松島市

多賀城古代米ロールをお土産に

航空自衛隊松島基地近くの


(ブルーインパルス)

東松島市に住む祖母の家に行ってきました。

3.11以降2シーズンは田植え出来なっかったけど

今年は田植え出来るのでこれから忙しいよ!

と、言ってて塩害の田んぼや施設が復旧したんだと

ちょっとずつ復旧してる事を実感出来ました。

✧ ――――― ☆

祖母の家の近くでは

青い鯉のぼりプロジェクトが行われています。



東松島市大曲地区に行くと

すぐ、目に飛び込んできます。



元気よく泳いでいるこいのぼりを見てみると

こいのぼりにメッセージが書き留めてあります。



「笑顔が戻りますように」
「おいしい牡蠣、美しい景観に魅了されました」

などと記されていて

自分のほうが元気を頂いた気持になりました。


Posted at 2013年04月30日 21時22分33秒  /  コメント( 0 )

牡鹿半島の鮎川「おしかのれん街」

昨日の雪には超ビックリしたけど

今日は春の天気に戻り、花見に行くっきゃないっしょ!

で!行ったのは石巻・日和山の桜



北側を見ると石ノ森漫画館が見える



昨年来たときは柵に3.11以前の写真が

掲げられていなかったが写真があると

3.11以前の風景が思い出される!

石巻からちょっと足をのばして


大きな地図で見る

牡鹿鮎川浜仮設商店会・おしかのれん街へ



海鮮丼をさがして黄金寿司さんへ



鮎川らしく鯨とウニも添えられている海鮮丼



新鮮だぁー! 美味しかった。

ごちそうさまでした。



店内。(食後にくつろいでいる奥様)

鮎川も津波被害で生活していたであろう

痕跡が全くないじょうたいです。



解体が始まってる中央の建物に

3階〜4階に被害の痕跡が見て取れます。

牡鹿半島に入ると道路が地震の影響でガタガタ状態!

震源に一番近い場所なので損傷も半端ないのかも。

復旧工事も至る所で行われていますが

車で行くには全く問題ないのでドライブがてら

ゴールデンウイークに出かけるのも良いかも(^_^)v


Posted at 2013年04月22日 22時33分18秒  /  コメント( 0 )

仙台市立中野小学校

ピュイダムールから車で20分の場所に

仙台市立中野小学校があります。

幾度とピュイダムールへのご依頼も頂いていましたが

3.11の津波で校舎は使えなくなりました。


(2013.4.1撮影)

今は中野栄小学校に間借り状態で

授業を(今は春休み中)行っています。

校舎解体前の4月7日㈰に校舎お別れ会が行われる事に!

過去に在籍していたスタッフ3名もこの小学校出身なので

ちょっと寂しい気持になってしまいます。

中野小学校周辺も3.11以前は住宅地で



まだ解体されていない住宅がまだまだ残ってます。

小学校の隣接地には慰霊塔もあり



お祈りとご焼香を捧げさせていただきました。


Posted at 2013年04月03日 23時49分58秒  /  コメント( 0 )

「3.11」

本日3.11㈪のピュイダムールは定休日!

でもPM2:46には厨房に居ようと思っていました。

――― 黙祷 ―――

2年前は厨房でマカロンを焼いていて

大きな揺れに襲われました。

幸いスタッフ全員、怪我もなく無事だった。

PM2:30〜4:00の間、店前でお線香をあげる。


(2013.3.11 PM3:50撮影。2年前のこの時津波が来る)

書類を多賀城市役所に持っていったら

東日本大震災追悼記帳所が設置されていた。


(記帳させて頂きました)

市役所の斜め前にある大学の門には



国旗と黒帯の弔旗がたなびいていて

街の雰囲気も特別なこの日を物語っています。

配達業務の帰りに七ヶ浜の五社神社にお参りに伺いました。



五社神社近くの菖蒲田浜です。



工事用土が増えてきてる。

菖蒲田浜東側には津波高の表示が設置されていて



オレンジ線の高さまで来た事が判る。

今日は話しかけられる事が3回あり

みなさん被災地を見に来たようで

自分が知っている事を説明させて頂き

あらためて「3.11」を忘れないよう

そして後世にも伝えていこうと再確認しました。


Posted at 2013年03月11日 22時48分12秒  /  コメント( 0 )

祈りの旅 最終話

歌津から気仙沼中心街へ30分程で到着。

この間のR45で海からけっこう高い場所にある家が

壊れたままになっていてこんな所にも津波が事が判る。

気仙沼中心街から鹿折唐桑駅へ向かうと

第18共徳丸が打ち上げられている。



「 合 掌 」

ここにも簡易祭壇があり、お焼香をあげる。

この船の大きさが判る写真



船の前を車が2台通過してる写真で

車と比べると船の大きさが判る。

海岸から約800m離れたここまで流された。

ここで旅は終わりにして帰る予定でしたが

ちょっと時間があったので隣町の陸前高田へ

気仙沼から約15分で到着。

レプリカ設置中の「奇跡の一本松」


(ロケット発射台のようだ)

自分が行った日は3月4日㈪で

奇跡の一本松のレプリカの組み立て中だった。

一番上にくるであろうレプリカが橋を渡って行く



足場のそばに来てクレーンで吊り上げ接続していました。



3月6日㈬に一番上に設置し完成したもよう!

足場を撤去したり周辺を整備して

3月22日㈮に一般公開するようです。

被災各地を巡って感じる事は今もまだ復旧中であって

復興という言葉はまだまだ使える状態ではない。

ピュイダムール周辺も津波被害が大きい地区は

同じ状態と言って良いでしょう。

今!自分が出来る事を一歩いっぽ歩みを

進めることが大切なのだと再度確認した旅となりました。

「祈りの旅」 終


Posted at 2013年03月10日 00時30分41秒  /  コメント( 0 )

祈りの旅 その4

気を取り直して南三陸町志津川へ



まず目に留まるのが白い切子細工!

「震災にも負けないぞ」と勇気を感じる物や

これからの決意が書いてある物に

感動して嬉しくなってくる。

志津川にある南三陸防災対策庁舎に到着。



「 合 掌 」

志津川も復旧工事のダンプがたくさん走っていて

被災建物の解体作業も進んでいるようです。

自分の車の前に支援で送られたトラックが!


(信号待ちでパシャ)

兵庫県加東市から送られたんだね。

ご支援ありがとうございます。

自分がが住んでいる仙塩地区にも

支援で車が送られていますが

三陸周辺はけっこうな台数を見る事が出来ます。

そろそろお昼なので歌津の


(歌津の入口にある全世界からの支援へのお礼)

伊里前福幸商店街にある


(Jリーグチームのフラッグが目印)

丸荒さんで海鮮丼をお願いしました。


(右のビニールテント内が食事場で思ったより暖かい)

海鮮丼登場


(税込¥1,000)

海鮮丼はもちろん美味しい!

付け合せのマグロのから揚げも絶品!



テント内から見える落橋したオレンジ枠内の

歌津大橋は解体撤去が決まっているようで

自分が行ったこの日は商店街前の道路が綺麗に整備され

白線を引く工事が行われていました。

こっちの道がR45になるのかなぁ??

お腹も満たされ、いざ気仙沼へ!

その5へ(気仙沼、陸前高田)続く


Posted at 2013年03月09日 00時20分12秒  /  コメント( 0 )

祈りの旅 その3

雄勝から新北上大橋に向かう。



オレンジ枠は津波で落橋して仮設橋になっている。

新北上大橋そばにある大川小学校



ご冥福を祈る事しか出来ない。

―――――――――

どうなんでしょうか?

自分と一緒にお線香をあげた

60代と思しき男性1人女性5人の御一行様が

「あーだ」「こーだ」とちょっと大きい声で話していて

おいおい!ここは静寂が良いんでは?と思っていたら

自分に小学校をバックに記念撮影を頼んできた。

撮影場所もあっちが良いこちっが良いと言って決まらず

いつまでもやってるので無言でカメラを返そうとしたら

何かを悟ったらしくようやく撮影した。

ご遺族からすると自分も彼らと同じなのかもしれないが

ちょっと不謹慎すぎないか?

彼らの車ナンバーが東北以外だったので

宮城との温度差を肌で感じる出来事でした。

今思うとあの時にお説教した方が良かったと思う。

彼らが別な慰霊碑で同じ行動をしていると思うと

気が気でしかたがないのです。

その4(南三陸)に続く


Posted at 2013年03月08日 00時41分05秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  5  | 次へ