食の安全を求めて、小麦粉、卵、砂糖、乳製品など主たる原料には国内産のものを使用しています。更に、地元多賀城の古代米、塩釜の藻塩、七ヶ浜の海苔などを使ったこだわり焼き菓子も作っています。ピュイダムールは、オープン以来、毎日手作りで心を込めて一生懸命作り、販売しております。
メインメニュー
2017-05 の記事

新緑の裏磐梯

☆ −−−−−−−−−−−−−−− ☆

5月29(月)定休日の3日前から29(月)の天気予報が快晴となっていたので

ドライブルートの設定や気持ちの準備(笑)をし当日は早朝に新緑の福島裏磐梯へ出発。



福島西ICから磐梯吾妻スカイラインを通り不動沢橋の「つばくろ谷」にAM8:00頃到着。



行き交う車は働く車ばかりで観光では自分が今日の一番乗りかも(汗)

期待通りの快晴でこの世の物とは思えない素晴らしい景色が広がっています。



吾妻小富士を見ながら山を下り始めていくと磐梯山が見えてきます。

「国見台」から磐梯山を望む。



AM9:00頃の到着で朝霞がとれてきましたよ。

この時間帯から午前中が見頃だと思っているのでこれからのルートが更に楽しみですね(^^♪



秋元湖周辺を通る磐梯吾妻レークラインへ。



湖の青、新緑の緑、それとスカイブルーのコントラストが素晴らしすぎます。




五色沼に向かおうと車を進めていく間に時間に余裕があることにと気付き

PM2:00頃には宮城に帰着し用事を済ますミッションがありましたが

予定を変更して米沢市方面に向かうことを決断。

これがまた絶景スポットに出会える事に。

五色沼とは逆の右に進み桧原湖方面の道の駅「裏磐梯」でひと休憩。

AM10:00で食堂も開店前ですぐに米沢方面に出発。

桧原湖沿いの道を進み駐車スペースに停め、そこから歩道に足跡が描いていて

足跡の終点が撮影ポイントでは? と思い周りを見ずに20歩くらい行くと

そこには磐梯山と桧原湖の素晴らしい景色が待っていました。



ここは車の通行量も少なくゆっくりとした時間流れていて

自分が自然に同化したような感覚に\(^o^)/

しばらく佇んで東鉢山(トウバチヤマ)方向の西吾妻スカイバレーへ。

東鉢山七曲りの立て看板の駐車帯に停め眺めるとまたまた絶景が・・・



言葉が出ない!

ほぼ通過全車両がここに停まって「綺麗だねぇ」と言っていきます。

西側には飯豊連峰の残雪も見え、まさしく絶景ですね。



福島の雄大な景色に圧倒されましたぁ\(^o^)/

☆ −−−−−−−−−−−−−−− ☆

宮城県多賀城市のケーキ屋 洋菓子店ピュイダムール

☆ −−−−−−−−−−−−−−− ☆


Posted at 2017年05月31日 20時57分40秒  /  コメント( 0 )

青い鯉のぼりプロジェクト

☆ ーーーーーーーーーーー ☆

東松島市大曲地区で東日本大震災以降毎年3月11日から5月5日の間
青い鯉のぼりプロジェクトが行われています。

自分の母の実家が近くにあるので毎年祈りを捧げさせて頂いています。



(以下「青い鯉のぼりプロジェクト」より)

青い鯉のぼりプロジェクトの発起人「伊藤健人」さんの5歳の弟「律くん」は
東日本大震災の津波で遺体となって見つかった…。

5月5日はこどもの日。

東の本大震災で犠牲になった子供達が天国で寂しくない様に…
2011年3月11日14 時46分1000年に1度と言われる大地震が東北地方を襲った。
内陸部は震度7を記録し太平洋沿岸部にはかつて経験した事の無い大津波で
街は何もかも流されてしまい尊い命が何万と失われました。

まだ見つからない母や祖父母を探し、瓦礫をいくつも、いくつも避けても
変わらない時間だけが過ぎて行くその風景の中で
泥だらけの「青い鯉のぼり」が出て来た…。

その時確かに聴こえたんだ。
「健ちゃん!今年もお空に律の鯉のぼり高くあげてね」って…。
僕は家の仕事もそっちのけで鯉のぼりを近くの川で洗い
母や祖父母達への思いも乗せ次々と出て来た四匹の鯉のぼりを
家の在ったあたりに空高く揚げた。



「律!見えるか!」
天高く揚げた鯉のぼりが喜んでるかのように風にのって体をくねらせ泳ぎ始めた。

鯉のぼりは天に昇って竜になりやがて伝説となる。
青い鯉のぼりは子鯉で「家族」のシンボル。



青い鯉のぼりを弟の律や同じ東日本大震災で亡くなったこども達の為に
地震や津波の心配の無い大空高くに揚げてください。

そしてもし不用になった「青い鯉のぼり」がありましたら私達に送ってください。

私達の街や人々の復興のシンボルとして、そして亡くなったこども達が寂しくない様に
沢山の青い鯉のぼりを空高く揚げたいと思います。

☆ ーーーーーーーーーーー ☆

宮城県多賀城市のケーキ屋 洋菓子店ピュイダムール

☆ ーーーーーーーーーーー ☆


Posted at 2017年05月01日 22時37分30秒  /  コメント( 0 )