食の安全を求めて、小麦粉、卵、砂糖、乳製品など主たる原料には国内産のものを使用しています。更に、地元多賀城の古代米、塩釜の藻塩、七ヶ浜の海苔などを使ったこだわり焼き菓子も作っています。ピュイダムールは、オープン以来、毎日手作りで心を込めて一生懸命作り、販売しております。
メインメニュー

「カステラ」のヒミツ

☆ ―――――――――――――― ☆

お年始で人気のある「カステラ」ですが

そのカステラの製造工程をチラッとお見せしましょう\(^o^)/

まず、卵白お泡立てます





しっかりと泡立ってきてメレンゲ状になったら

卵黄、米飴、はちみつをメレンゲと混ぜ合わせます



小麦粉を入れて



艶が出るまで混ぜ合わせます






木枠型に生地を流し込みオーブンに入れて



初めの6分間に3回の泡切り(生地をヘラでかき回す)をします

その後、表面に焼き色が付いたら



水蒸気を逃がさないようにベーキングシートを敷いて



さらに焼き浮きするのでもう一段木枠を置いて



またまた水蒸気を逃さないように鉄板で蓋をして焼き上げます



焼きあがったら逆さにして焼き紙を剥がし



元に戻して表面に貼っていたベーキングシートを静かに剥がします



しっとり感が失わないように



番重で蓋をしてゆっくりと冷まします



このまま一晩寝かせるとビックリするほどしっとりと出来上がります(^_^)v

☆ ――――――――――――――― ☆

Posted at 2013年12月30日 22時52分24秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*