食の安全を求めて、小麦粉、卵、砂糖、乳製品など主たる原料には国内産のものを使用しています。更に、地元多賀城の古代米、塩釜の藻塩、七ヶ浜の海苔などを使ったこだわり焼き菓子も作っています。ピュイダムールは、オープン以来、毎日手作りで心を込めて一生懸命作り、販売しております。
メインメニュー

「ちーずみやぎ」誕生物語

☆ ―――――――――― ☆

2012年1月に考え始めたのです。

それは2012年3月11日であれから1年になるのを機に、3.11からこの1年間の
ご支援ご声援 そしてお客様への感謝を何かの形にしないといけないなと…

初めに思ったのは、地元の食材を使って何かを作る事。
自分達も何らかの形で地元へ貢献できるかもしれない!
また地産地消で宮城が少しでも元気になれればとの思いからでした。

色々と食材を探していくと下記3種類でチーズケーキを作る事になります。

蔵王クリームチーズ


角田の蔵王地養卵


宮城ひとめぼれ米粉

(そのほかに砂糖と生クリームを練り込みますが宮城では作っていません)

レシピと製法を考えていくとレシピはそれほど時間が掛からず決まりましたが
「米粉のチーズケーキ」は焼き方に繊細な作業が必要な事が判明し
何度も試して出来上がりました。

そして2012年3月11日を迎え、ご来店いただいたお客様にこの1年間の感謝の気持ちを
「ちーずみやぎ」に込めてプレゼントさせていただきました。

「ちーずみやぎ」の命名は3.11からの復興復活していこういと
一致団結している宮城を「チームみやぎ」と感じ、文字って「ちーずみやぎ」にしました。



2012年7月になるとピュイダムールは3.11から落ち着きを取り戻し
以前行なっていた会員様へのバースデープレゼントを再開する事になりますが
3.11以前は飴細工のバラ等をプレゼントしていましたが道具が3.11で壊れて作れなくなり
代わりに非売品として「ちーずみやぎ」をプレゼントする事にしました。

本年2013年7月になり1年間プレゼントしていた「ちーずみやぎ」は
また同じ物も失礼なのでは?と思い終了させていただき新商品(売品)に移行しました。

この1年間で「ちーずみやぎ」の販売はしないの?と
たくさんのご要望をいただき7月27日より
販売を開始させていただきました。



渾身の思いがギュッと詰まった「ちーずみやぎ」の誕生物語でしたぁ(^O^)

☆ ―――――――――― ☆

Posted at 2015年02月02日 22時55分21秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*