食の安全を求めて、小麦粉、卵、砂糖、乳製品など主たる原料には国内産のものを使用しています。更に、地元多賀城の古代米、塩釜の藻塩、七ヶ浜の海苔などを使ったこだわり焼き菓子も作っています。ピュイダムールは、オープン以来、毎日手作りで心を込めて一生懸命作り、販売しております。
メインメニュー

菖蒲田浜招又(まねきまた)地区

先週、七ヶ浜町菖蒲田浜「招又」地区に2度配達業務があり

「招又」の地名由来は慶長津波(1611年)で避難した人たちが
「こっちさ来い」と手招きした事からこの地名が付いたという歴史を持つ!


(写真中央の小高い丘が招又地区で写真右側に五社神社)

「3.11の津波がこの丘を超えていったんだよ」とスタッフから聞き

あらためて津波がどれだけ高かったのかを思い知らされた。

(この辺りは高さ12mの津波に襲われた)

丘に登ると避難場所「五社神社」の看板があり



五社神社に進んでいくと鳥居が破壊されたままで横たわっている・・・



本殿は無事だったようで残っています。



ここで地震、津波で犠牲になられた方々にご冥福を祈る。

(自分勝手な意見ですが)
七ヶ浜に於ける3.11祈念碑を五社神社に置いて(祀って)はどうだろうか?

などと色々と考えながら・・・ 菖蒲田ビーチ方向を見ると紅白の板があるので行ってみた。
(紅白出場歌手が決まったので、何々!紅白ここで何かするのかぁ?と妄想)

行ってみると防潮堤のかさ上げ工事の看板!!



高さ6.8mまでなるんだね。



ここ周辺は津波に耐えた松があり

この松林に鳥たちが集ってピーちくパーちく元気よく泣き響かせていました。


(祈望の鐘があるので、ぜひ鳴らしてみては?)

Posted at 2012年12月03日 23時25分18秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*