食の安全を求めて、小麦粉、卵、砂糖、乳製品など主たる原料には国内産のものを使用しています。更に、地元多賀城の古代米、塩釜の藻塩、七ヶ浜の海苔などを使ったこだわり焼き菓子も作っています。ピュイダムールは、オープン以来、毎日手作りで心を込めて一生懸命作り、販売しております。
メインメニュー

気にかけて頂きありがとう。

最近、友人、親戚、元スタッフ、知人、等の方々が
3.11以降初めてピュイダムールに来て
大丈夫だった?と聞かれる事が増えたような気がします。
(そうそう先日、自分も大丈夫だった?と友人に会いに行きましたねぇ)
年がかわって、ちょっとは気持ちが落ち着いたんでしょうか・・・?

覚えていて頂いたり、気にかけて頂いたり、本当に有りがたい事です。

簡単に3.11以降のピュイダムールの状態をご紹介しましょう。

3.12
家族で店内を片づける。
(余震が多く長時間の作業は出来なかった)
ショーケースのケーキはグチャグチャでしたが
店内の個包装焼き菓子は食用可能。
(デジカメは最後に発見したので店内写真は撮ってません)

3.13
前日片づけた焼き菓子を店頭で無料配布。
「明日も営業するの?」の問いに、はい!やります!と言えない自分にもどかしさを感じる。

3.14(ホワイトデー)
厨房の冷蔵庫に温度計を入れて8℃だったので(寒い日が続いてましたね)
冷蔵庫にあった焼き菓子を半額位で販売。

「パンは無いの?」と多く聞かれました。

ホワイトデー用に製造しておいた焼き菓達は
12時〜14時の2時間位で完売しました。


3.15
電気、水道、ガス復活
出勤可能なスタッフで店内清掃
(隣がガソリンスタンドなので電気復旧が早かったと勝手に思っています)

3.16
出勤可能なスタッフで製造出来そうな物は何か?
を話し合いながら営業再開(PM12時〜PM14時)
小麦粉(ケーキ用でしたが)があったのでパンを中心に100名様程度を製造


その後、4月上旬までパンを中心に営業していました。

この期間、業者の皆さまには本当にご尽力いただき
誠にありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。

また、この期間ご来店いただいたお客様には本当に感謝しております。
寒い中、長時間開店までお並び頂いたり、ケーキ屋のパンにもかかわらず
「焼きたてで暖かくて美味しいパンだったよ」と言って頂いたり、
今、思い出しても胸が熱くなる思いです。

これからもピュイダムールをご利用いただけたら幸いです。

Posted at 2012年02月07日 18時10分49秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*