メインメニュー

きらら学童クラブ 旅立ちと出会いの季節となりました

 こんにちは、学童支援員の金(こん)です。

 長く感じられた冬の寒さもいつしか遠のき、各所の桜の木の枝には小さな蕾が膨らみ始めています。季節は春、子どもたちにとっては新しい経験への第一歩となる時期ですね。きらら学童クラブでは3月末にこれまで共に過ごした3名の卒業生を送り、4月から37名の新1年生を迎えました。またそれにより昨年度から利用している子どもたちもひとつ学年が上がり、私がこの場に来た昨夏に比べてひとりひとりが凛々しく、逞しくなったように感じられます。月日の流れは早いと言われますが、子どもたちのそれをも超える勢いで成長しているのですね。

 さて、今回は昨年度末に行われた卒業生を送る会の様子と、4月からこれまでの倍近い規模となった新しいきららの生活をお届けします。


 3月30日、この日が卒業する6年生が全員揃う最後の日となりました。これまで最上級生の先輩として活躍してきた3人を送り出すこの日も、しんみりとした雰囲気ではなくいつもどおりの明るさと笑顔に包まれていました。



☆卒業生の3名 ご卒業おめでとうございます。これからたくさんの新しい経験が待っている中学生、全力で楽しんでください!


 そして新年度のはじまる4月2日、多くの新1年生がきらら学童クラブを訪れ緊張の初日となります。支援員の私たちとしても毎日50名を超える子どもたちと、彼らの元気と笑顔に全力で向き合えるよう気を引き締めて新年度を迎えました。

自分のロッカーに自分の荷物を自分でしまうところから始まる一日。おやつの時間になるとみんなで片付けをして席について……新1年生の皆さんはそんな新しい生活に、きっと新鮮な気持ちで臨んでいたと思います。

 保育園等での知り合いやお友達がいる利用者もいらっしゃるようですが、保護者の皆様の中には子どもたちのきららので生活を心配されている方も多いかと思います。本記事を作成している4月末時点では、現在は多くの子どもたちが自分が好きなこと、やりたいことを見つけ、同じことをする中の良い友だちと過ごしていることが増えてきております。その中に小さないざこざやすれ違いはありますが、ここまで大きなケンカやケガ等はなく、楽しく安全に生活しておりますのでご安心ください。

 新しい1年はまだはじまったばかり、きらら学童クラブではこれからたくさんのイベントを企画しております。
 夏休みには盛大に行われる運動会、身近なものを活用した工作天王グリーンランドの散策にプール天皇B&Gを貸し切りにしての活動などなど。お楽しみに!

 ご利用される子どもたちがきらきらと輝く瞳で生活できるよう、我々支援員も真摯に向き合ってまいりますので、今年度もきらら学童クラブのを宜しくお願い致します。

Posted at 2018年05月02日 14時15分18秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*