メインメニュー

あけましておめでとうございます―きらら学童クラブ

新年あけましておめでとうございます。学童支援員の金(こん)です。
皆様年末年始はいかがお過ごしでしょうか。

12月から1月にかけては強い風や雪の降る日々が続きましたが、良くも悪くも北国・秋田らしい冬となりましたね。また天候だけではなく、世間では悪いニュースも多く飛び交いましたが、きらら学童クラブからは12月に行われた明るい行事のハイライトをお届けします。


まずは12月9日、少しずつ気温も下がり、雪もちらつき始めた時期に学生による「ぬいぐるみ病院」が行われました。
ここでは訪れた大学生の皆さんと児童が交流し、せきやくしゃみの仕組み、風邪の予防などを教えていただきました。



続いて12月27日、冬至を過ぎ冬本番となっておりましたが、児童は冬休みに入り元気いっぱいでした。オカリナの演奏と紙芝居等を披露していただきました。
聞きなれない音と見慣れないお話、動きに興味津々でした。



最後に12月28日、2017年最後の大イベントであるお楽しみ会が開かれました。
まずはじゃんけん総取り!ふたりひと組でじゃんけんをして、勝った方が負けた方の持っているおかしを全てもらえるゲームです。最終的にはひとりが全員分のおかしを総取りできます!

そして全員で盛り上がったビンゴ大会
ずらりと並んだ景品を前に興奮気味の児童たち、なかなかそろわない人、すぐにそろう人、どちらもビンゴカードを見つめながら番号を読み上げる声に耳を傾け、その都度歓声とため息が入り混じりました。
みんな自分のほしい景品をもらうことができたかな?



さて、ここまでが2017年のきらら学童クラブのイベントとなります。これから4月までの3か月は、児童にとって次のステージへと進級・進学を控える大事な時期となります。より一層真摯に児童と向き合いながら、皆様と共に支えて参りますので、本年も変わらぬ御愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

Posted at 2018年01月13日 15時30分15秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*