メインメニュー
2011-08 の記事

Dodge Charger SRT8 P...

最近、アメリカンマッスルカーな方々とても熱い。

弊社の「Revolfe S.A.ミーティング」に御参加頂いたり、
Car Clubのミーティング日を同日に開催して頂いたり、お店に足を運んで頂いたり、
本当はこちらから色々と御提案させて頂かなければいけないのに、
逆に色々とご享受頂けるのでとても嬉しい限りであります。

また、走っているのを一度も見た事の無い、8.4L、V10、608PSを誇るTom GaleデザインのDodge Viperにもお目に掛かる事が出来ました。

さて今回、作業を行わせて頂いたT様のChargerは、リヤウイングの御取付を承らせて頂きました。

数多いショップの中から弊社をお選び頂くと言う事は、
それなりに弊社もご期待に沿わなくてはいけないと言う技術的プレッシャーと
T様の容姿からのプレッシャーとWプレッシャーとして私に押し寄せてきました。

以前にT橋様の愛機で実績は有りましたが、アメ車の場合、
同型車で有っても仕様が違う場合が稀に見受けられる事があるので、
万が一、トランクの板厚が違った場合の対応を考えていました。

実際に作業を行って見ると板厚は同じで強度が有るので、
トランク面の補強は最低限で済ませる事が出来ました。

これが国産車だと、板厚が薄いので取付面の補強作業が追加になる場合が殆どです。

特に○○○kmを実際にご自分で出す方が多いので、この部分で手を抜くと命取りになります。

下記は、簡易的に補強を行った画像です。



取付部分の面圧を分散させる為に、SUS素材の大径ワッシャが取付面に沿うように加工して取付ました。

また、純正スポイラーの取付穴を埋める作業では、
裏側から当て板を当てて特殊ボンドで接着を行ってから表面処理をしました。

以前ですと鉄板を使用して溶接で埋める場合が多かったのですが、
スチール鋼板は熱を入れますと酸化してサビが発生しやすくなる為です。

こちらは完成の画像です。

ウイング本体は、リアルカーボン製で強度は十分ですが、
表面の紫外線焼けを軽減する為にクリヤ塗装を施しました。

Posted at 2011年08月21日 08時09分10秒  /  コメント( 0 )

4点シートベルト&ビデ...

今回は、国産スポーツカーの代表でもあるZ33型フェアレディZネタです。

以前BMW E46 M3を愛機としていた時、リヤシート部分に純正でレーシングハーネスが取付出来るブラケットが付いていた事を思い出しました。

「だから国産スポーツカーにも純正で付けてよ!」とは言いません。

メーカーがサーキット走行を容認して皆がサーキットを走行し、
その車の実際のポテンシャルがバレてしまうから。

国産某スーパースポーツカーなどは、FISCOで2周も全開出来ない事実などが・・・。

でも、「運と勘」に頼る走りから「腕と思考力」で走れるサーキットは、
また別の楽しみ方があります。

なのに、取付出来そうで付けられない4点レーシングハーネス。

以前から同作業は行ってきましたが、完成すると全く見えないので製作時の途中経過の画像を公開させて頂く事に致しました。

まずは内装の取り外しから。

ストラットバー根元部分のぼかし塗装は、メーカー純正です。

決して弊社で手抜き塗装を行った訳では有りません。

多分、軽量化を目標としたメーカーの方針だと思います。(笑)



次に製作途中の画像。

アイボルトの取り付く部分は、引っ張り応力が分散するように台座からネジ部先端までリブを製作しました。

素材はSUS素材も考えられたのですが、溶接強度の関係からボディと同じスチール鋼板を使用しておりますが、肉厚は数倍あります。

この部分の溶接作業は、内装のマスキング作業が重要になります。

あくまでもストリートカーですので、内装に焼け跡が出来たら大変ですから。



次は、走行中の動画を楽しむ為のビデオカメラステー。

後にビデオカメラをドライブレコーダーとしても使用できますね。



画像は、市販のカメラ用三脚の部品を加工して取付ました。

裏側にアルミ材で台座を製作し、それを3点留めでボディへ固定しました。
全くと言って良いほど動きません。
三脚の部品強度は?ですけど・・・。

下記は、完成した画像です。



N・I様、有難うございました。

Posted at 2011年08月21日 08時06分05秒  /  コメント( 0 )

Revolfe S.A. ミーテ...

ブログ御覧の皆様へ

8月5日(金)は、恒例のRevolfe S.A.ミーティングを開催致します。

皆様の御参加をお待ちしております。

初めての方でも御気軽に御参加下さい。

日時・・・8月5日(金)午後10時〜午前0時までの2時間

場所・・・東京湾アクアライン内、海ほたるパーキング3F

※東京側からお入り下さい。千葉側からですと、3Fに停められません。

※雨天の場合は延期致します。

◇現地への集合及び解散時は、必ず交通法規を遵守して安全運転にてお願い致します。

弊社のミーティングは、駐車場内での無用な空ふかし&音楽等の騒音も厳禁ですので御注意下さい。

他ショップ様で製作された車両の方も大歓迎です。

Posted at 2011年08月02日 21時41分01秒  /  コメント( 1 )