メインメニュー
冷温水素水還元浄水器

ナダナ水素水生成器の検証。。。。。スポーツ傾向新聞(韓国)よりの記事


私たちの体をいきいきさせる治癒の泉“水素水”


フランス“ルルド泉”を飲んで難病が改善され。。。
今も世界の各地から年600万人以上の訪問。。。


糖尿、高血圧、心臓疾患、認知症。。。現代人が病める疾病
我々の体に良いと“奇跡の泉”、調べたら活性酸素を無くす‘水素水’



癌、脳卒中、糖尿、高血圧。。原因は‘活性酸素’


アメリカJon’s Hopkins大学校の医学報告書によると現代人の3大死亡原因の癌、脳

血管疾患、心臓疾患を初めとして糖尿、高血圧、認知症、アトピー皮膚疾患など現代

病気の90%がすぐ体内で生成し過ぎた活性酸素が原因であるという学説が提起されて

いる。又は老化も活性酸素が原因として活性酸素は正常細胞を無差別攻撃、細胞膜の

環を破壊して細胞を壊死させ、DNAを攻撃しそれによってDNA構造が壊れて突然変異の

がん細胞となる。

人体は一日平均2万3千4百回の呼吸し一千五百リットルの酸素を吸収する。呼吸で吸収

した酸素の97〜98%は細胞エネルギー代謝過程で生成される電子と結合して水にて

還元することに反して、2〜3%の酸素は不完全還元へ体の外に排出されずに残って

細胞膜を破壊する活性酸素となる。一般的に約30リットルに達する活性酸素が毎日体内

で発生することである。

有害活性酸素はストレス、高強度の身体活動、飲酒、喫煙、紫外線、環境汚染と化学

物質、血液循環障害などによる過剰生成されていると知られている。



不治の病を治癒する世界の“奇跡の泉”


生老病死の秘密(韓国の有名な番組)78回に放映された企画特集“自然がくれた補薬−

お水”では癌、脳血管疾患、心臓疾患を初めとして糖尿、高血圧、皮膚疾患などを治癒

してくれる世界の“奇跡の泉”が紹介された。1872年から140年間も乾かずに泉がわく

奇跡の泉、カトリックの最大聖地の中で一つの“フランスのルルド”町の“ルルドの泉”

は癌を初めとして半身又は全身麻痺、時刻障害など苦しんでいた患者の中で66名がこの

“ルルドの泉”を飲んで完治されルルド医療局ではこのように病気が完治された66名に

証明書を発給した。今も年間600万人に達する大勢の人々が奇跡の泉を飲む為にここを

訪問している。又は“ドイツのノルデナウの水”は1992年ドイツのノルデナウ町の古い

廃鉱で発見された水が治癒効果が明らかになって有名になってきて、ノルデナウ水を

研究して来た“ガデク博士”の研究より調査対象の76%が飛躍的に快方が確認され、ノル

デナウの水を一日2リットルずつを飲んだ糖尿患者さんの血糖平均値が3ヶ月ぶりに大き

く下がったことが確認された。

それ以外にも世界的に知られた軌跡の泉は水を飲んで神経麻痺、糖尿、子宮癌などが

治癒されたと知られたメキシコの“トラコテの水”、眼病と深刻な皮膚病、小児麻痺な

どが治癒されというインドの“ナダナ井戸水”などがある。



奇跡の泉、奇跡の秘密は“水素水


その内、世界の数か所で起こるこのような奇跡の水が奇跡を起こす原因について解明

する為に水の成分を絶えず調査をして来た。しかしミネラルなどの水を構成する成分は

一般的な水と大きい違いがなく、奇跡の原因として考えられる特別な成分は検出され

なかった。

ところで、2007年5月、日本医科大学の太田成男教授の研究チームが研究した“水素が

悪い活性酸素を除去する”という論文が医科学専門誌”Nature Medicine“に掲載された。

その後、奇跡の水と呼ばれる水を再度分析して見た結果、奇跡の泉には一般の井戸水

には存在していない多量の水素が含まれている“水素水”ということを確認するよ

うになった。


綺麗な水と優れる抗酸化物質“水素”の出会い


‘健康’を飲む!水素水の生成器‘Nadana水素’




本当に良い‘水素水’備える条件


一番優れる抗酸化物質として脚光をあびる水素水は水素水に含まれている水素が人体

の隅々まで到達し、行きわたらなければならないという重要な前提条件が必要である。

その条件は一番目、水素が多く含有されていなければならない。フランスのルルドの泉

が約800ppb、ドイツノルデナウ水が約380ppb、メキシコトラコテ水が約200ppbに測定

されている。実際に水素を水に溶存させる技術が開発されることによって高く溶存され

る場合は1500ppbまで多様に溶存させることか可能となった。

2番目は水素水は溶存時間が長くなければいけない。水素がいくらでも豊富であっても

人体に吸収される前に水素分子が逃げていくと意味が無いからである。

現在日本などで販売されている水素水商品は溶存量と溶存時間を正確に表記しないか

ら問題となっている。最後に水素は温度変化にも水素溶存量が高くなければならない。

水素水に含まれている水素は温度変化に非常に敏感で、沸く水では水素の溶存量が0と

なる。従って暑いお茶とか料理などで幅広く使用されるためには温度変化にも水素を

沢山含有している水素水が必要である。




業界の最高レベルの水素溶存量‘1,400ppb’
水素先駆の日本製品より一歩進んだ技術力


高単位の水素水生成器‘ナダナ水素’は百歳健康を研究して来た健康専門企業

(株)コマエンタプライズが医療機器の専門企業の(株)エコシスと手を組んで長い期間

の研究の上で初公開した会心の力作である。

高単位の水素生成器‘ナダナ水素’軽く小さい水素分子(H2)を水分子(H2O)の間に

長時間多量で維持させる独歩的な技術を通して、水素水先駆国の日本製品より水素

溶存量と溶存時間、高い温度での維持時間などで桁違いな競争力を持っている。

‘ナダナ水素’は業界最高レベルの水素溶存量‘1,480ppb’を維持しているし、

‘1,480ppb’の水素水をペットボトルに入れて五日後測定した結果‘1,230ppb’を

維持していて驚く保存力があるのが確認された。尚、最大85度まで温度の水素水でも

1,300ppbの水素溶存量を維持することによって‘ナダナ水素’は消費者の治癒の助けに

なる為の飲用水だけでなく、お茶など、より便利で様々な方法で水素水を摂取しその

機能性を高める機会を提供している。



補薬のお水、神様からの恵み天然抗酸化物質‘水素水’
水素水、体内の有害活性酸素だけを除去する‘健康水’


一日1リットルずつ‘水素水’を飲んだら現代社会が抱える
病気の心配はなくなる。。


2007年5月世界的な医科学専門誌のNature Medicineに現代の医学界を驚かせた論文

一編が載った日本医科大学の大田成男教授の‘水素は有害な(活性酸素)を選択的に

除去することによって抗酸化治療法で作用するという論文であった。

この後、世界の色々な研究機関より水素の抗酸化効果について検証、認定して現在の

最適で理想的な抗酸化剤としての水素水、現代病の治癒と水素水に関する研究と論文

などが立て続けに発表されている。

活性酸素は体内に侵入した細菌、カビ、ウィルスなどを無くして体を守ってくれる良い

活性酸素と強力な酸化力で正常細胞を攻撃して細胞を破壊、変更させて老化と病気の

原因となる悪い活性酸素に分けられる。

それで、水素はここで一番悪い活性酸素のヒドロキシルラジカルのみを選択的に除去

する。又、人体の各機関は勿論、脳の関門のBBB(Blood-BrainBarrier)を通過して

脳細胞に作用する活性酸素を除去する唯一の抗酸化物質である。水素は強力な還元性

がありビタミンCよりおよそ176倍、補酵素Q10より865倍も強力で、人体に無害であり

悪い活性酸素のみを選択的に除去してくれる。尚、多く摂取しても拡散性によって

人体に残らず、体内の活性酸素に出会うと純粋な水(水素H2+活性酸素O2=純粋な水

H2O)のみを残し小便とか汗などになって体外に排出させる。

‘水素水’は‘水素が豊かに含有されている水’の意味で、水分子(H2O)自体を構成

している水素とは別に水素分子が含まれていないので水素を一番、効果的な方法で吸収

する為、水素を水の中に人為的に含有させた水がこの‘水素水’である。良い‘水素水’

基準は水の自体が綺麗で飲む水の要件を充足させなければならないことだけでなく

水素が高単位(1,000ppb以上)で包含されていなければならないこと。そして、水素の

溶存時間が長くなければならないという前提条件が必要。

その意味では水素水生成器‘ナダナ水素’は電気、電子、IT、物理化学技術が融合

された先端製品として現代科学の決定版と言える。


スポーツ傾向新聞(韓国)記事より



ビタミンのように飲む1,400ppbの高濃度‘水素水’
高単位の水素水生成器-ナダナ水素



ルルド泉のような‘生命の水’が

毎日家庭で心置きなく飲めます!




水素が1,400ppb以上の豊かに含有されたナダナ水素は現代病の90%の主犯

で知られている有害活性酸素だけを選択的に除去する一番の理想的な抗酸

化物質です。体内の隅云まで行きわたりすっきりと元気になる感じ!

是非、家庭で健康な水のナダナ水素を直接に体験してみて下さい。



なぜ、同一[水素水」の中でも‘ナダナ水素’なのか?


1、業界の最高レベルの水素溶存量_1,400ppb(±100ppb)

2、業界の最長水素溶存時間_120時間(5日、ペットボトルの密閉時)

3、温度変化にも高い水素溶存量の維持_85℃/1,300ppb

4、浄水及び水素水の機能分離で飲用水と調理水の選択使用

Posted at 2013年11月05日 11時41分38秒  /  コメント( 0 )

ナダナ常温・冷温還元浄水器


左・常温水素水還元浄水器:右・冷温水素水還元浄水器


Posted at 2013年11月02日 11時56分43秒  /  コメント( 0 )

画像は常温水素水還元浄水器です

Posted at 2013年11月02日 00時20分35秒  /  コメント( 0 )