メインメニュー
堀口裕医師ブログ(抜粋)より

皆さんに返信

2011-11-04 19:59:02

皆さんに返信


テーマ:ブログ

ある患者さんからのご質問があり、個人に返信しようと思ったのですが、

多くの患者さんに共通する大事なことですので、ここに書きます。

病気はどこに起こるか?といえば、”細胞”しかありません。

肝臓の病(やまい)は肝臓の細胞が悪くなっていますし、

筋肉の病(やまい)は筋肉の細胞が悪くなっています。

もし細胞というものが、寿命はあっても100%元気に活動しているなら

そんな細胞に病気は起こりません。

それで自分はどうなのか?皆さんに是非細胞の元気度を調べるよう言ってます。

それで細胞が元気であればあるほど、その人は病気から遠ざかっていきます。

でも!細胞の元気度100%の人は殆んどいません。それが現実です。

たとえいたとしても、その100%の状態が続くわけではありません。

ということは、かなり成績の良い細胞の人であっても、病気になるかも・・・

ということです。

そこで用意されているのが”免疫力”です。病気になりそうな細胞があれば、

直ぐに近づいて排除します。それで病気は蔓延しません。

普段私たちが何気無く健康に思えている裏側では、病気を出さないようにと、

一瞬たりとも気の抜けない作業が続いています。

でもそうとは知らず、私たちは体に沢山のストレス(精神と肉体)をかけています。

何故なら、病気と感じる自覚症状がないからでしょう。

要するにいいだけ体をこき使っているのです。

そのとき体を守るために強く働くのが、今述べた”免疫力”、

そしてもう一つが、脳を始まりとする”自律神経”です。

これらの二つで、もっと頑張らなきゃ!という反応が起こります。

そのときに出るのが、”炎症”という現象です。

ところがこの炎症現象は結果的に「病気をあおって、病気を広げてしまいます。」

でも決して炎症が悪いわけではありません。

もう既に無理に無理を重ねた体なのに、もっと頑張れといったのは、

”自分自身”なのです。

だから当然こんな体に対して、体力作りと称して、

さあ!運動しましょう、さあ!山登りしましょう、さあ!水泳しましょう、というのは

私から言わせると自殺行為です。

「私はこんなにも体にいいことしてきたのに、何で病気になるの?」

そんな話しは私の診察でも、いつも聞かれます。

結論ですが、本当に健康です!と断言するなら以下の三つを満足することです。

それが絶対条件です。

1.細胞がとても元気なこと

2.免疫力がとても丈夫なこと

3.炎症が全くおきていないこと

この三つを”自己防御力”といいます。

自分の真実を知って下さい。

ちなみに私は基準スレスレにいました。

Posted at 2012年01月06日 11時37分28秒  /  コメント( 0 )

電子補充療法

2011-10-21 17:46:29

電子補充療法

テーマ:ブログ


”還元でんし治療”が容易にできる環境にある方は、是非十分にしてください。

この治療には、少なすぎるということはあっても、多すぎて困ることはありません。

一日に何度繰り返してやっても良いです。

”でんし”が体に取り込まれるには、ビタミンやミネラルやアミノ酸や補酵素

などが必要です。それらがないと体の隅々まで運搬されません。

でもいくら食事でビタミン、ミネラル、アミノ酸、補酵素をとっても体の中、特に

血液中に存在できるそれらの濃度は、範囲はあってもほぼ一定しています。

ということは、体に取り込まれる”でんし”は無限ではないということです。

ビタミンやミネラル、アミノ酸、補酵素は”でんし”が無限に入らないための

ストッパーでもあります。

ですから体が”でんし”だらけで困ったということは起こりません。それよりも

むしろ”でんし”が足りなくて困った〜ということの方が大問題です。何故なら

即病気に直結することだからです。還元でんし治療はでんし補充治療であり、

体に足りない”でんし”を補うための治療です

Posted at 2011年10月29日 11時56分11秒  /  コメント( 0 )

自然界を模倣する

2011-10-25 18:57:12

自然界を模倣する


テーマ:ブログ


自分にしか持ち得ない力”自己防御力”を常に高めてほしいと思います。

病気になるのは、自分には全く関係なく、勝手に病気が起こってきた、

そういうふうに思う人がとても多いです。

医学を研究する学者も「何とかという遺伝子、これが病気を起こします」

そんな説明が多いためか、聞いている方は、ついつい病気の責任は遺伝子か!

そういう風に思うでしょう。ですが、病気の根は自分にあり!です。

誰でも多少なりとも、何らかの病気のなり易さを持って生まれています。

でもそれはその病気に必ずなる、という意味ではなく、

自分の行動一つで、十分病気を防げます。それが”自己防御力”です。

そもそも人の体の仕組みが解ったというのは、それは勉強(研究)してのこと

です。でも人の体を創ったという人に、いまだお会いしたことはありません。

医学を研究する傍ら、本当に病気を治すには、私たちの生きる自然界を見習い、

そのままそっくり模倣することです。

そうしたら人を細胞レベルで治療(手入れ)するものは、”でんし”しかない

と気づきます。

Posted at 2011年10月29日 11時55分41秒  /  コメント( 0 )

ガンの発生とガンの転移

2011-10-27 23:13:01

ガンの発生とガンの転移


テーマ:ブログ

正常の細胞がどうしてガン細胞になるのか?

ガン細胞はどうして転移するのか?

正常に働いていた細胞が、ガン細胞に化ける、その始まりは

”血液循環障害”つまり血行障害です。

多くの場合、長きに亘ってストレスと過労が続き、自律神経系のバランスが

とても乱れ、血管が収縮して血行が悪くなります。

血行障害の組織・細胞はサビが溜まり易く、それに酸性物質も加わって、

細胞の新陳代謝がどんどん悪くなって、ガン細胞に化けます。

そのとき血行の悪いところは、酸素(O2)も少なくなっていますので、

ガン細胞の育った環境は酸素不足ということになります。

つまりガン細胞の性質は、酸化・酸性の環境に対応できる、酸素不足の環境

に対応できるということです。

そういうことですからガン細胞が増殖してほかの臓器に転移するときも

酸化・酸性の環境で、酸素不足の環境に向けて集まります。

すなわち血行の悪い臓器へとんでいきます。

ガン細胞が血液にのっかって移動するのを”血行性”といいますが、

正確には良い血行を介してでは無く、血行障害の血行を使って転移します。

ではそんな場所を誰でも分かるようにできませんか?

そう思うでしょう。その場所は”ひどい筋肉の凝りがあるところ”です。

Posted at 2011年10月29日 11時55分16秒  /  コメント( 0 )

凝りは自律神経の乱れ

2011-10-10 17:01:24

凝りは自律神経の乱れ

テーマ:ブログ

ひどい筋肉の凝りがあると、その周辺はとても血液循環が悪くなります。

血液循環の悪くなった臓器は細胞に老廃物が溜まりやすくなりますので、

容易に病気の細胞が出来ます。

その上、血液循環の悪いところは免疫力も弱くなっているので、

病気の細胞を益々掃除できません。

すると尚更病気の細胞が増えてしまいます。

還元でんし治療をすると、筋肉の凝りがとても良くとれます。

筋硬度計で測定すると筋肉が軟らかくなっています。

還元でんし治療後に血液中の乳酸濃度が減ることから、

多分筋肉細胞に溜まっている乳酸(実は他の細胞でも)を減らしている

と思います。

筋肉の凝りをとることで、結果として細胞を元気にし、病気をなくすことになります。

では、そんな凝りがどうして起こるのか?

その始まりは、自律神経の乱れですね

Posted at 2011年10月12日 11時59分53秒  /  コメント( 0 )

健康に保証はありません

2011-10-11 21:52:26

健康に保証はありません

テーマ:ブログ

元気だ、健康だ、と思っていていきなり病気になってしまうのが常です。

つまり自分が何気なく思い込んでいる元気だ、健康だ、は何の保証も

ないのです。

世の中の大体のものは、一生懸命努力して、ようやく手に入ります。

健康だけ、何の努力もせずに手に入ることの方が変な話です。

やはり健康も精一杯努力して、はじめて掴むことが出きるのではないでしょうか。

ただ大概のことには、こうすればいいという方法と努力の結果をみる物差しが

あります。

しかし健康は、どうやったら作れるのか、自分の健康は如何ほどのものなのか

をみる物差しがありません。いいぇ、ありませんでしたので、私は10年かかって

健康を作る方法と健康度を計る物差しを作りました。

前者を還元でんし治療といい、後者を新陳代謝評価スケール(細胞内検査)

といいます。

どうか精一杯努力して、自分で健康を手に入れて下さい。

Posted at 2011年10月12日 11時59分34秒  /  コメント( 0 )

自己防御力検査は必須です

2011-09-24 21:30:56

自己防御力検査は必須です

テーマ:ブログ

人の細胞が元気なら、人は病気になることは決してありません。

しかし実際は日々のストレスと過労とで私たちの細胞はどんどん病気に

なって行きます。そんなとき威力を発揮するのが免疫細胞です。

病気になりそうな細胞があって、修復困難なら速やかに後片付けをし、

手直しがききそうなら、それ以上細胞の病気が進行しないように

ガードしてくれます。だから細胞の元気度が満点でなくても、丈夫な免疫力

のお陰で、私たちは容易には病気にはならないのです。

ところがある程度丈夫な免疫力が備わっているにも関わらず、病気に

なることがあります。これは体に”炎症”という現象が存在していて、

いわば病気の部分(病巣と言います)ができると、その病巣をあおって

、あおって、そしてまたあおって、病巣を大きく大きく広げてしまいます。

もしこの”炎症”を徹底して鎮めることができたら、病気の進行は止まって

しまいます。

細胞が元気であるほど、免疫力が丈夫であるほど、そして炎症が鎮め

られるほど、私たちは病気になりません。

病気の人は病気が勝手に治っていきます。

この三つをまとめて”自己防御力”といいます。

自己防御力検査はとても長い時間をかけて私が作りあげたものですが、

この検査をうけて頂くようになってから一機に病気の治療法も選択しやすく、

患者さんに対して迅速かつ的確にアドバイスし、容態がとてもよくなりました。

でれば病気になる前に自己防御力検査を受けて下さい。

Posted at 2011年10月05日 12時00分39秒  /  コメント( 0 )

気軽に受けられる

2011-05-28 17:52:16

気軽に受けられる

テーマ:ブログ

これから”還元でんし治療”を世界中の方にご紹介して行こうと思います。

世界中の医療者が、そして患者さんが、病気を治すのに苦労しています。

還元でんし治療は、どんなご病気で、現在どんな治療をなさっていても

必ず必要とされる医療です。

どんな病気でも、結局病気を改善しているのは、自分の力です。

患者さん自身に病気を克服する力がわき出てこないと、うまくいきません。

還元でんし治療は、病気を治すために患者さんの自力を引き出す治療です。

もっといえばいつも還元でんし治療をしていて、病気そのものにならない

ようにしたいです。

そのためには国内外、どこに行っても気軽に還元でんし治療が受けれるように

したいと思います。

Posted at 2011年10月03日 12時04分42秒  /  コメント( 0 )

カルシウム

2011-06-25 19:08:23

カルシウム

テーマ:ブログ

気が起こる場は、明らかに”細胞”です。

もし私たちの細胞が一生涯健康状態を貫けるなら、私たちは病気になりません。

でも実際はどんどん病気の細胞に変わっていきます。

このとき病気の細胞ができても表に本格的な病気が出来ないように

しているのが、”免疫力”です。

ですから免疫力の丈夫な方は本当に有り難いと思ってください。

ところが、細胞の元気度もそんなに悪くない、免疫力もそんなに悪くない、

それなのに病気がじわじわと出てしまう人がいます。

これは体に”炎症”を抱えているのです。

はじめは少し病気の粒があるだけなのに、みるみるうちに病気の粒が増えて

きます。

これは炎症という現象によって病気の細胞があおられて、もっと病気の細胞が

増えるためです。

こんな時まずやるべきことは炎症を鎮めることです。

ここに”でんし”の投入と幾つかの治療薬が必要です。

治療薬の一つにカルシウムがあります。

Posted at 2011年10月03日 12時04分18秒  /  コメント( 0 )

ちょっとした使い方

2011-06-28 18:40:42

ちょっとした使い方

テーマ:ブログ

元でんし治療は体のどこへあてて治療してもOKです。

ただ”でんし”を与える極板が平たいので、あたり具合がいいように

体の平たい部分にあてる方がいいでしょう。

もし目の病状の改善を目指すには、眼球にあてるのではなく「こめかみ」

にあてます。これで十分です。

ちなみに脳動脈硬化症で慢性の脳循環障害があるときも「こめかみ」

です。「おでこ」と「頭の後ろ」にあてるのは、やはりフィットしないですね。

もし甲状腺の調子が悪いときは首や肩の後ろにあてます。

一方、どんな病気でも免疫力が弱っている方は当分の間、

片手足の治療に限ります。

これからどんどん暑くなってきます。体力の低下が心配です。

どうか毎日治療して下さい。まずは一回20分、一日4回が目標ですね。

還元でんし治療は病気になってあわててするのではなく、本来は病気に

ならないための治療です。

Posted at 2011年10月03日 12時03分54秒  /  コメント( 0 )

前へ |  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  | 次へ