メインメニュー
世界初堀口裕医師細胞内診療

病気にならないための転ばぬ先の杖は自己防御力を高める事しかない細胞を診て細胞を治療する堀口医師は語る


細胞内検査と還元電子治療を駆使した細胞内診療を医療の最前線に立って推進しているネガティブイオン(マイナスイオン)の生理的作用に関する研究の第一人者。



堀口医師は語る


病気にならない体をつくる



私は日ごろから新幹線を利用することがとても多いです。東京へ行くこともあれば、
新潟や九州へお邪魔することもあります。もしどなたかに何故徒歩で行かないので
すかと聞かれたら、即座にこう答えます。「とても便利だからです」。

とても便利なので、今さら徒歩で出かけたり、馬車や自転車で行くことは絶対にあ
りません。

ところで新幹線ってどうやって動いているのですか?多分電気を利用していると
思うのですが、この電気をつくるのに原子力発電や火力発電が使われているかも
知れません。

でも原子力発電を使えば、ウランなどの放射性物質を使うので後々出てくる使用
済み核燃料、と言ってもまだ放射線を出すのですが、これをどう処理するのか、
とても心配になります。

さらに今年3月11日の大震災によって起こった原発事故を考えますと、原発の
稼働そのものが、いつでも私たちに被爆の危険を与えるものだと認識すべきです。
もし不用意に沢山の被爆を受けた場合、一体どうなるのでしょうか。

恐らく私たちの体の細胞は即座に死滅し、また大量の活性酸素やフリーラジカル
(いずれのサビを起こす物質)のために細胞が傷つき癌化することにもなります。
それじゃやっぱり原発を停めますか?これは到底一人の意見だけで決められません。

ただ私が申し上げたいことは、電気というものにかかわらず、世の中が便利になれ
ばなるほど、また経済が発展を遂げれば遂げるほど人への健康被害は、果てしなく
大きくなるに違いないということです。

その時何らかの対応策をとらなければ、人類は確実に滅びてしまいます。
それで私は思うのですが、「便利さは有り難く受け入れることにしましょう。

でもどんなに病気のリスクが大きくなっても、本当に病気に
なってはいけません。病気にならないように真剣に対策を講じていきましょう。」
そのためには一体何をどうしたらよいのでしょうか?



自己防御力を高める


私たちは普段どうして健康なのでしょうか。あるいは普段健康だと思っていたのに
突然病気が起こるのは何故でしょうか。実は私たちは皆“自己防御力”という力を
持っています。これは「自分の体に病気が起きないようにするための力」です。

要するに「自分の体は自分で守るという力」のことです。この自己防御力が大きい
ときは、決して病気は起こりません。反対に自己防御力が小さくなればなるほど、
私たちはどんどん病気になっていきます。

外来で患者さんを診ていていつも感じることなのですが、ほとんどの方は自覚症状
のあるときだけ「あっ、自分は調子が悪い、どこか病気かも知れない」と思って
受診されています。ではこんな場合はどう考えたらよいでしょうか。

たまたま受けた人間ドックでいきなり「あなたガンですよ!」と言われた場合です。
大抵の人はめんくらい「何言ってるんですか、そんなはずないでしょう、だって
自分に何の症状もないし、ずっと元気で休まず働いてきています」。

まず私たちはここの考え方を訂正すべきです。ひとの病気は自覚症状に対応する
ものではありません。自覚症状など全く無くても病気は体の中でどんどん進行して
いるのです。

では血液検査やCT検査、MRI検査などの人間ドックで病気の進行状況が分かる
のでしょうか。確かに病気が見つかる場合もあります。だから人間ドックの価値が
あります。しかしこんなことを聞いたことはありませんか。

「半年前に人間ドックを受けてどこにも異常なしと言われたのに、ずっと咳が続く
ので病院へ行ったら肺ガンだと言われちゃて、どうなっているんですか」
。これは
こう考えるべきです。半年前には確かに肺ガンは起こっていなかった、ではなく
確かに肺ガンの病巣は見えなかった、ということです。

ガンの影を見ているのは所詮人間のまなこ(眼)です。ガンの始まりのところは、
どんなに頑張っても検査する機械とそれを読影する肉眼だけで捉えることは不可能
なのです。これが優れた医療の現実です。自分に何の自覚症状がなくても、本当に
病気に向かって進んでいないかどうかは、病気の根元(ねもと)を診なければなりま
せん。そこを診るのが“自己防御力”なのです。

それでは自己防御力とは具体的に何を指しているのでしょうか一番大切なのが
「細胞」です
。ひとの体は沢山のものが集まってできています。ですが脳という
臓器は脳の細胞が集まって、肝臓という臓器は肝臓の細胞が集まってできています。

もし脳のCT検査を受けて、「あなた脳が委縮してますね」と言われたら、それは
「脳の細胞が沢山死んでいった」ことを意味します。もし血液検査を受けて
「あなた肝炎がありますね」と言われたら、それは「肝臓の細胞が壊れている」
ことを意味します。そしてもし「あなた胃ガンがありますね」と言われたら、それは
「胃の細胞がガン細胞に化けた」ことを意味します。ひとの病気はとにかく「細胞」
でおこるのです。

ですから私たちが病気の体になっていないかどうかを診る一番の方法は、細胞その
ものの元気度を診ることなのです。この検査を細胞内検査と呼んでいますが、
自己防御力の柱になっています。

どうか自分の細胞の元気度を是非確認して下さい。そしてもし自分の細胞が病気に
なりつつあると分かったら、できるだけ急いで細胞の元気度を回復させて下さい。
そうしたら自分を取り巻く環境がどうであろうとも病気はとっても起こりにくいの
です。病気にならないための転ばぬ先の杖は自己防御力を高めることしかありません




医療法人健翔会
堀口医院理事長堀口裕

Posted at 2012年05月31日 10時51分08秒  /  コメント( 0 )

細胞を直接治療できるのは(電子)のみである。細胞を診て細胞を治療する堀口医師は語る


細胞内検査と還元電子治療を駆使した細胞内診療を医療の最前線に立って推進しているネガティブイオン(マイナスイオン)の生理的作用に関する研究の第一人者。


堀口医師は語る

病気と健康の境界はどこに


日頃私たちは体のどこかに痛いとか、気だるいとか、いわゆる苦痛や不快感というものがないなら、無意識に自分は健康だと思いこんでいます。でも、もしも昨日まで苦痛がなくて今日脳梗塞で倒れたら、昨日までが健康で今日からいきなり病気になったと考えてよいのでしょうか。

いいえそんなはずはありません。病気が起こるには必ず準備期間があったに違いありません。私たちは自分が日々病気になっていく様子に気が付いていなかっただけなのです。

例えば風邪は誰でもひくことがあります。もし今朝から喉が痛くて熱があってお医者さんに行き、風邪と診断されたとします。

このとき確かに症状は今朝から始まったのですが、そのずっとずっと前から体の抵抗力の低下があって、そこにかぜのウィルスが入り込んでしまい、そして体でそのウィルスが増え、それから風邪症状が出たということになります。病気が起こるには、長短はあっても必ず病気に至るまでの歴史があるのです。

いま世界中の医療が進歩する一方で、とても窮地にたっています。それは病気を治療しても治療してもなかなか治らないからです。あるいは病気を予防しようとして食生活を見直したり運動療法を取り入れても、期待したほどの効果が得られないのです。

それは今の医療が間違っているのではなく病気と健康の境界が見えていないのです。施した医療が本当に病気の改善につながっているのか、そこの判読が出来ていないのです。病気と健康とではその意味はまったく正反対ですが、病気と健康の境界を考えるとき土俵は常に同じなのです。

実はとても簡単なことなのですが、病気と健康はともに「細胞」という土俵で起こっていているのです。すなわち病気と健康の境界もまさに細胞にあるということです。

日頃何らの苦痛がなくても自分が病気の方に向かって進んでいるのか、健康を維持できているのかは細胞をみて判断すべきなのです。もし細胞が長い間繰り返し病気の状態できているなら、いま病気が起こっていなくても発病の可能性が極めて高いのです。



細胞を診て細胞を治療する


私は5月に中国で開催された国際学会に出席しました。この度の学会のテーマは自然療法でしたが、これまで一度も勉強したことのない医療もたくさん発表されました。薬草を飲むだけでなく薬草の成分で体を直に包んだり、特殊な方法で鍼治療や医療を施したり、また気功やヨーガなどの臨床的実践と本当に貴重な自然療法を勉強させて頂きました。

しかし、二日間の学会で感じたことは「いま何故自然療法なのだろうか」ということです。それは西洋医学を始め従来の医療をいくら実践してみても、病気が一向に良くならないという現実が世界中にあるからでしょう。

私自身は病気が治るのであれば倫理に反しない限りどのような医療を組み合わせてもいいと考えています。何故なら例え100年後に理屈にあう完璧な治療法が確立されたとしても、いまを懸命に生きようとする患者さんはそれまで到底待てないからです。

これから世界中の医療を互いに持ち寄っていざ病気を治そうとするとき、どうしても必要になるのがその評価です。いまは既に発症した病気そのものを診ながら良くなったかどうかを判断しています。

しかし本当に診るべきところは体の細胞であり、そこにまだ病気の状態が続いているのか、それとも健康状態まで回復したかを知ることが重要なのです。

私はこの10年の間に細胞レベルで病気と健康の境界を知るための「細胞内検査」を作りました。そしてどのような治療法であっても細胞を直接治療できるのは「でんし(電子)」のみであると結論づけました。

この度の学会発表をスタートとして「細胞を診て細胞を治療する」という考え方が世界中の医療に広まることを願っている次第です。




医療法人健翔会
堀口医院理事長堀口裕

Posted at 2011年09月19日 10時40分05秒  /  コメント( 0 )

堀口医院へ世界初の赤血球細胞内検査と骨チェックのご案内



健康診断で異常がなくても、思いがけない病気になってしまう方もいらっしゃいます。
堀口医院では、「細胞内検査」(特許取得済)を実施し、細胞内の健康度(酸化度―細胞のさび具合、エネルギーを産み出す力、血液循環度など)を測定します。

これにより病気になる可能性や病気の根本解決方法が判ります。同時にレントゲンによる骨チェックを受け、骨の健康度を調べることもできます。

今、注目されている「細胞内検査」と「骨チェック」をお受けになってみませんか。
堀口医院まで道案内させて頂きます。ご希望の方は、お申し込み下さい。

あなたの全存在は細胞一つひとつの中に存在しています。

細胞はあなたの根元です。

細胞が元気になることーそれはあなたが元気になることです。

☆細胞機能が劣化し病気になることーそれはあなたの体調が低下し病むことです。

『細胞内診療・細胞内治療』はあなたを細胞の中から健全化し元気を取り戻そうという「根源の医療」です。





○日程や検査内容などは下記にご相談下さい。ご紹介とご予約が必要です。

○日程はご希望に応じて対応させて頂きます。

○航空券・宿泊などご希望に応じて、格安チケットを手配致します。

住所千葉県香取市佐原イ88

〒287−0003

TEL0478−52−2825

FAX0478−55−0739

フリーダイヤル0120-535-307

日本予防医学推進委員会川端彰まで

Posted at 2011年09月16日 17時59分32秒  /  コメント( 0 )

世界で初めての赤血球細胞内検査方法の「細胞内検査」は細胞の元気度/病気度を測定します。解説図解2


2.病気の根源は細胞にあり!!


健康の鍵は細胞の中にあります。


赤血球細胞内の新陳代謝状況を見れば、血液検査に症状が現れる前の本当の健康状態が分かります。

赤血球は体内を循環するので、体すべての状態が分かります。




病気の要因を見つけて、病気の治療と予防に役立てましょう。


検査は赤血球細胞を調べますが、一般の血液検査方法と同じ要領で赤血球細胞を調べます。但し、その検査処理に2時間程かかりますので、受診時にはご了承ください。

Posted at 2011年09月15日 23時01分55秒  /  コメント( 0 )

世界初の赤血球細胞内検査方法の「細胞内検査」は細胞の元気度/病気度を測定します。解説図解1


1.病気の根源は細胞にあり!!


これからは細胞の健康チェックの時代です。

新陳代謝評価スケール(細胞内検査)は、「細胞の元気度/病気度」を測定します。

いつまでも若々しく病気にならない、病気が治る可能性の高い体内環境かどうかをみます。

あなたの細胞の中をみる世界で初めての検査方法です。

Posted at 2011年09月14日 14時55分06秒  /  コメント( 0 )

細胞内検査と還元電子治療で細胞を対象に施す医療で根元(ねもと)の医療を目指して



根元(ねもと)の医療を目指して
 


医療法人社団健翔会 堀口医院
理事長 堀口裕



人の病気はどうして起こるのか、見渡してみても余りにも病気の人が多すぎて、病気は起きて当たり前、持ってて当然と錯覚してしまいます。


しかし、何故そんなに病気になるのでしょうか。一見すると世の中の医療はこんなにも進歩しているのに。実は私達はとても大きな勘違いをしているのです。

それは今実践している医療というのは「病気が起こらないための医療」ではないのです。病気が出来ないようにするための医療ではなく、出来てしまった病気を対象に行う医療なのです。

それでは、いつまで経っても病気は止められません。私達は日進月歩の医療がきっと病気のない健康な人々を作ってくれると思いこんでいますが、それは明らかに間違いです。

では、どうすれば本当に病気のない社会を作れるのでしょうか。それは唯一病気の根元(ねもと)をしっかり診ることです。

病気が起こる時は必ず体の中に「病気の根っこ」が生えています。
この病気の根っこを引っこ抜かない限り、病気を止めることはできません。病気の根はどこに生えているのかと言えば、それは紛れもなく「細胞」です。

脳みそは、脳神経細胞の集まりですし、肝臓は肝細胞の、筋肉は筋肉細胞の集合体です。一人当たり60兆とも100兆個とも言われる細胞が集まっています。

「はて、この細胞はどんな病気の根が?」それはたくさんの老廃物が山盛りになって細胞に溜まっているのです。あちこちの細胞におびただしい量の老廃物が繰り返し溜まり、やがて細胞は元気を失って病気になるのです。

もし細胞がいつもきれいに掃除してピカピカの状態に磨いておいたなら、病気は起こらないと言うより起こりようがないのです。

この細胞をピカピカに磨いて病気の根っこを引き抜く治療を「根元(ねもと)の治療」と呼んでいます。


風邪を引けばカゼ薬を飲み、熱が出れば熱さましを飲み、おできができれば手術も必要です。
しかし、病気そのものを止めるには病気の進行を止めなければなりません。

病気になって健康のありがたみも分かるのですが、やっぱり病気にならないで「健
康を楽しむ」人生が一番良いのではないでしょうか。

私はこの18年間の歳月をかけて病気の根の深さを診る「細胞内検査」と病気の根っこを引き抜く「還元電子治療」を作ってきました。どちらも細胞を対象に施す医療で根元(ねもと)の医療と呼んでいます。

病気だけは誰一人として変わってあげられません。結局自分で何とかしなければならないのです。それには必ず根元(ねもと)の医療が必要なのです。

Posted at 2011年09月12日 18時09分18秒  /  コメント( 0 )

細胞内診療とは細胞内検査をして還元電子治療で細胞を治療することです。



細胞内診療とは

細胞内検査で細胞を調べ、

還元電子治療で細胞を治療することです。


人の体はどこをみても細胞で出来ています。人が病気になるのは、この細胞が病気になるのです。あなたが本当に病気にならないかどうか、あなたの病気が本当に治ろうとしているのかどうか、は細胞に聞いてみないと分かりません。

それで細胞の元気を調べる検査を細胞内検査と言います。もし細胞内検査をしてみて元気がない、と分かれば元気を取り戻さなくてはなりません。細胞の元気を取り戻す方法は、その理屈が分かっていないと無理なのです。細胞は生きています。

まず細胞にたまる老はい物を掃除すること、そして細胞の血液循環をとても良くすることです。その両方ができるのが電子のみです。電子を体が、細胞が上手に受け取ってくれるように配慮して作ったのが、還元電子治療です。細胞内検査で細胞を調べ、還元電子治療で細胞を治療する。この両方をあわせて細胞内診療といいます。

堀口医院
堀口裕医師プロフィールより


堀口医院へののレントゲン及び、細胞内検査については道案内させていただきますのでご相談ください。

カルシウムについての質問、ご相談はお気軽に
フリーダイヤル 0120−535−307

総務大臣所管
日本予防医学推進委員会千葉支部長 川端彰

Posted at 2011年05月01日 21時57分40秒  /  コメント( 0 )

堀口裕医師の放射性物質に関する対応


平成23年3月22日
医療法人社団健翔会 堀口医院
理事長 堀口裕

この度の東日本で発生しました大災害により大変多くの方が被災され、心から御見舞申し上げます。また福島県では震災による二次的災害として原子炉発電所の放射能漏れ事故が起こり、種々の影響が日本国内だけでなく世界中に及んでおります。まずは被災地の救援活動とともに放射能漏れによる人的被害を最小限に食い止める必要があります。

放射能被爆による生体への影響については、明らかに生体細胞への障害であります。これは直接障害と間接障害に分けられますが、いずれも細胞に対して重大なダメージを及ぼします。

放射性物質から放出されるガンマ線やベータ線などの放射線は、身体の細胞を構成している物質から直接的に電子(でんし)を弾き飛ばし、または間接的に活性酸素及びその後に誘導されるフリーラジカルの発生によって電子を奪取します。

その結果いずれの場合でも細胞を構成する種々の物質から電子が失われて細胞が損傷し、もし修復が困難な場合には細胞が死滅し、重大な遺伝子損傷ではガン細胞に変化してしまいます。

さらに免疫機能の低下も引き起こされるため、なおさら癌の発症が高まると考えられます。このような細胞障害をいち早く改善するためには、細胞から失われた電子(でんし)あるいは失われつつある電子を早急に、かつ十二分に供給することが大事になります。

この役割として通常抗酸化物質と言われる成分を食事から採取する方法も考えられますが、放射能汚染のような場合にはそれだけではとても不十分と言えます。より積極的に生体に電子を供給することが必要です。

生体に電子を供給する方法として「還元電子(でんし)治療」が開発されており、現在さまざまな分野で臨床応用されております。特に活性酸素やフリーラジカル治験評価から免疫機能の改善効果も確認されております。

放射能被爆を避けるため多くの方が避難を強いられておりますが、今後も放射能汚染は拡大する可能性もあり、私たちはあらゆる方法を駆使して被爆の影響を最小限に抑えなければなりません。一般市民はもとより、原発の事故処理に当たられている作業員の方には高い被爆のリスクがあり、最大の配慮が必要となります。

関係各位の皆様におかれましては、それぞれのお立場で被災された方への救援活動ならびに支援をなされているところと存じますが、放射線被爆の問題に直面された場合には、緊急避難的で柔軟な対応策の一環として上述の「還元電子(でんし治療)」の活用について関係の方々にお伝え頂ければ幸いです。


堀口裕医師特別講演会はこちら

Posted at 2011年05月01日 17時43分26秒  /  コメント( 0 )