メインメニュー
2012-05-23

元気をつくる治療

2012-01-25 06:50:38
元気をつくる治療

テーマ:ブログ


寒い毎日が続いておりますが、本当に患者さんがお元気でいて下さり、

うれしいです。

患者さんとは、本来病気の人ですから、お元気というのは・・

ちょっと違うのでは?と思われるかも知れません。

しかし病気の患者さんこそ、”お元気”という言葉がぴったりかと

思います。患者さんに”元気”という状態が繰り返されたら、それは

やがて本物の元気、つまり”健康”を取り戻したことになります。

そんな元気な患者さんとは一体どんな患者さんがなれるのでしょうか?

決して明解な答えがある訳ではありませんが、患者さん自身がこう言っ

てました。

私、なんでこんなに幸せなのだろうか、ありがたくてしょうがないのです」

この気持ちが、この患者さんを元気にしていると気付きました。

私が言っていけないのですが、正直、良くなると思えないような病気で

したのに。人はやっぱりすごい、本当にすばらしい力を持って生まれて

ますね。そう考えたら治療にも自然と力が入ります。

患者さんに元気になって頂く私の治療法は「還元電子治療」です。

Posted at 2012年05月23日 11時24分38秒  /  コメント( 0 )

どんどんやってください

2012-02-04 17:23:05
どんどんやってください
テーマ:ブログ


熱があって、喉が痛くて、咳もでて、関節痛があって、からだ全体が

気だるくていわゆるそういうインフルエンザと思われる症状がそろって

ないのに、インフルエンザの簡易迅速検査をして頂くと、あっ!インフ

ルエンザの反応陽性、そういうケースが多いです。

その一番の理由は私たちの身体の抵抗力、つまり免疫力に問題があ

ると思います。インフルエンザウイルスを排除しようとする力が不発に

なってるという感じがします。

免疫機能を左右しているのは自律神経系で、心身の過労とストレスや

地球上の環境の変化が自律神経系を乱していると思います。

それで免疫機能が常時悪くなっています。

もう一つは食事内容の変化が、免疫力を低下させています。

免疫機能を回復させるために私たちにできることは、

今の時期

ー柴發鬘毅亜鵑らいまで加湿すること

  これは静電気を消します。静電気は自律神経を乱すのです。

足の裏、腰、肩を温めること

  これは筋肉の凝りをとり、血行をよくする。

  自律神経が乱れると、全身に凝りがおこります。

  (衣類に貼るカイロ、但し日中のみ、低温やけどに注意)

さらに

B料燹▲Εーキング、首と肩の軽いマッサージ

  これも筋肉の凝りをなくして、血行をよくします。

  血行が良いと免疫細胞は元気です。

ぜ分なりにリラックスを取り入れる

  リラックスをとるのが下手な方が殆んどです。働くのは上手なのですが・・

  何か考えてください:音楽、運動、瞑想、おしゃべり、ショッピングetc

ヂ臟に多く含まれているギャバ(ガンマーアミノ酪酸)の摂取

  これは自律神経系の安定のためです。

小麦に多く含まれているグルタミン(アミノ酸の一種)の摂取

  これは免疫細胞自身の”ごはん”です。ごはん無しに免疫細胞は動

きません。

Г曚Δ譴鸛陲筌屮蹈奪灰蝓爾亡泙泙譴討い襯▲襯侫 璽螢飮世寮歇

  これはひどい筋肉疲労を解消します。

そして

┫垳掬纏匱N鼎鮗けれる方はどんどんやってください

  自律神経系の安定、免疫力の向上、筋肉の凝り解消のために。

Posted at 2012年05月23日 11時23分55秒  /  コメント( 0 )