メインメニュー
2011-09-22

誰にまかせるべきか、...

2011-09-07 18:47:33

誰にまかせるべきか、自分にまかせる

テーマ:ブログ


目下のところ、私たちは200歳、300歳までは生きられそうにありませ

ん。多分うまくいって100から120歳くらいかと思います。

そう考えますと、なんと短い人生かと・・。

そうであれば病気なんかしていてはダメです。

人生ですからいろいろなことがあるでしょうが、

毎日元気で楽しく過ごせるようになりましょう。

そのためには、人任せでなく自分で健康管理をして下さい。

「私の体はどこそこの有名な〇〇先生に任せているから」というのは

決して良いとは言えません。

自分で健康管理するときのポイントは、”細胞”を診ることです。

あるいは”自己防御力”を診ることです。

この自分なら病気にならない、大丈夫!という証拠を握って下さい。

水道の蛇口から漏れている水は、バケツでも洗面器でも「ひしゃく」

でも、場合によってはヘルメットでも野球帽でも受け止めることがで

きます。でもそれは水漏れを止めたことにはならないのです。

本当に水漏れをとめるには、水道の蛇口をもう一ひねりすることです。

蛇口をグッ!としめなおすことです。

病気を治す方法は一杯あります。

でも病気をとめるには、根元をグッ!としめなおすことです。

そこが”細胞”です。そこが”自己防御力”です。

とことん細胞を磨くこと、とことん自己防御力を身に付けることです。

それをやれるのは”でんし”以外にありません。

もっと言えば還元でんし治療以外にありません。

Posted at 2011年09月22日 23時58分09秒  /  コメント( 0 )

自然のネガティブイオン

2011-09-19 16:39:25

自然のネガティブイオン

テーマ:ブログ


昨日は富山県にお伺いしました。 朝早くから皆さんにお集まり頂き、ありがとう

ございました。何度お邪魔しましても、自然に恵まれたところで感激します。

ですから特に勉学には最適な環境ですね。でも誰もが富山県に住むわけには行

きません。それぞれの土地で暮らしながら、良い自然環境を作るべきでしょう。

私はネガティブイオン(マイナスイオン)を研究してますので、自然の中にネガティ

ブイオンを増やす努力をしています。本当は少々経済の発展が遅れてもいいか

ら、工場や乗り物の排気ガスを少なくしたいのですが、実際は困難です。それで

各自が自分の活動する空間にネガティブイオンを増やしてほしいとおもいます。

ネガティブイオンの良さは、それ自体が”でんし”をもっていることで、人の

からだの細胞を磨くことでしたね。特に顕著なのが自律神経系細胞のうち、

副交感神経細胞を元気にし、脳のリラックスをもたらすことです。そのときの

脳波はα波が強くでてきます。α波にも周波数によって幾つかに分けられてい

ますが、意識集中から少々まどろんだ状態までいろいろです。いずれにしても

緊張の強いβ波よりはリラックスです。心身のリラックスはからだの細胞に

老廃物を溜めにくくします。そして自律神経系のバランスが安定すると、

”免疫”が丈夫になります。そのことで病気はさらに起こりにくくなります。

ときどき皆さんがお使いになっている還元でんし治療は、人のからだに直に

”でんし”を与えるものですが、でも「でんしのでる治療極板」の周囲には

膨大な量のネガティブイオンが作られています。

Posted at 2011年09月22日 23時25分42秒  /  コメント( 0 )

還元電子治療はネガテ...

2011-09-22 08:01:20

還元でんし治療はネガティブイオン


テーマ:ブログ


還元でんし治療は、”でんし”を直に体に与えるためのものです。ですから手足な

どの皮膚に”でんし”の出る極板をくっつけておくと、皮膚の下の細かな血管か

ら”でんし”が体に入ります。それとは別に、還元でんし治療は”でんし”を勢

い良く極板から放出するので、飛び出した”でんし”は空気中の電気的に中性の

気体分子にくっついてしまいます。

丁度放射線からの電離エネルギーをうけて、気体分子から”でんし”がはじかれ

たときのそれと同じです。それで還元でんし治療からの”でんし”は空気中に対

しては、ネガティブイオンを作ることになります。

ですから仮に還元でんし治療を稼動させたままおいて置くと、そしてそこにいく

らかの風が流れると、その空間は微小ではあるが、マイナスイオンの世界が広

がります。

実は還元でんし治療にはいくつもの工夫がこらされているのです。

Posted at 2011年09月22日 23時14分33秒  /  コメント( 0 )