メインメニュー
2011-09-20

善玉カルシウムの八雲...



ひざ・腰・背中の痛み…

もしかして骨が弱く、もろくなっているのでは?



風化カルシウムによる
骨づくりは年齢差・体調により吸収率も違い個人差はありますが新陳代謝して骨は3年から5年で新しい骨に生まれ変わります。


「1年も食べているのにねぇ」というお声をお聞きすることがありますが、普通の状態で新しい骨に生まれ変わるのに、3年から5年の年月を要するのが常識といわれています。考えてみますと2〜3年で骨が弱く、もろくなったわけではなく、数十年間のカルシウム不足が続いて骨が弱く、もろくなっているのです。

細胞が生まれ変わる期間も各臓器で違いますし、骨の場合でも20歳までのボーンピークといわれる、一生の骨の形や質が決まる時期にどのような骨づくりをしてきたかで、その後の「骨づくり」にも個人差が出るのです。私たちは自然界の一部分ですので、自然の法則に沿って私たちのからだづくりが行なわれるという認識を持つようにしたいものです。


/べたカルシウムがすぐに骨になるかといいますと、年齢差で吸収率も違い、50歳過ぎますと10%〜15%ぐらいしか吸収しないのが自然の法則なのです。もともとカルシウムは吸収が難しい栄養素なのですが、骨づくりには年月がかかることをまずご理解下さい。個人差はありますが、新陳代謝して骨は3年から5年で新しい骨に生まれ変わります。


いろいろな症状をお持ちの場合は、お薬や運動制限などでカルシウムの吸収が抑えられ、より遅くなるのです。特に血中の血糖の値が異常に高いことを特徴とする多因生成の症状やインシュリンの相対的あるいは絶対的欠乏が原因で多尿が特徴の症状の場合などは吸収が悪く、吸収をよくするのにお酢を加えたり、毎日の散歩や体操、日光に当たり、階段の昇り(より骨に圧を加える)など生活の中に運動的なものを取り入れていらっしゃいます。

逆にカルシウムを外に出しやすい食品、砂糖の多いケーキやリン分の多い加工食品などの食生活を続けていると、吸収どころかカルシウムを骨から排出、骨はボロボロになるのです。ストレスを受けやすい方もカルシウムの吸収が遅くなりやすいのです。

◆屮ルシウムは毎日使われている」の意識をお持ちになっている方がほとんどいらっしゃいません。私たちは毎日、心臓や筋肉を動かして何気なく生活をしていますが、それは骨からカルシウムを少しずつ溶かし出しているからです。当たり前のことのように思っている裏には命を守るカルシウムの大きな働きがあったのですね。

寝ている時でも心臓は動いていますよね。「カルシウムは命の源」です。常にカルシウムは命を維持するのに使われていることを意識して、カルシウム剤(薬やサプリの剤ではありません、骨をつくり、いのちを維持する口から入れる食べ物、材料のことです)を摂り入れて行く必要があるのです。

毎年の厚生労働省発表の国民栄養調査で唯一不足しているのがカルシウムです。その他の栄養素はすべて満たされていて今、私たちのからだに必要な栄養素はカルシウムなのです。カルシウムは心臓を動かし免疫細胞を強くするなどしていますが、それは少しずつ必要な分だけカルシウムが使われているからです。

例えて言いますと、私たちの銀行預金から少しずつお金を引き出して、毎日の経済生活が出来るように、からだの中でも「カルシウム銀行である骨」から少しずつカルシウムを引き出して命を守っているのです。

ここでお分かりですね。「食べているカルシウム」と「毎日使われているカルシウム」のバランスが重要なのです。特に症状をお持ちの方は、まず「骨づくり」を最優先するために継続したカルシウム摂取が必要なのです。私たちは死ぬまでカルシウムが必要なのですから「骨が出来たからいい」というわけにはいかないのです。常に銀行と同じように「骨にカルシウム預金」を十分にしておくことが健康の基なのです。


1浜楞任呂澆覆修Δ任垢、腸からの吸収が悪ければ体に有効に働きません。
風化カルシウムも腸からの吸収が悪ければ骨は出来づらいのです。また骨はどのようにして造られているかその組織を知ると知らないとでは「骨づくり」に大きな違いが出ます。そしてどうしてスピルリナの併用をお勧めしているのか、それなりの理由があるからです。


「早く良くなりたい」「痛みから解放されたい」のお気持ちはどなたでも同じです。
約12年間でのお世話の中で、同じような骨の状況・症状の方が、風化カルシウムとスピルリナを併用された方とそうでない方の、個人差はありますが、骨の改善やネジレの改善の速度が違うことが札幌の川村先生の臨床体験や福岡の福島賢人先生のレントゲンの比較の結果でわかりました。「早く良くなりたい」「痛みから解放されたい」というご要望にお答えしたくて、スピルリナCA1800をお勧めしている理由なのです。

★スピルリナCA1800は腸のお掃除をしながら「骨づくり」のためカルシウムの吸収を良くすると同時に、良質の高タンパク質です。アミノ酸、ビタミン、ミネラル、食物繊維、抗酸化性色素類が豊富です。さらにビタミンEの1000倍もの強い抗酸化力がある「アスタキサンチン」も配合してあります。

骨組織は25%のタンパク質とカルシウムで構成されています。

骨をビルの建設に例えますと、鉄筋で骨組みをして、そこにコンクリートを流し込み最近のビルは大きな地震にも耐えられるように建設が進んでいます。私たちの骨組織はビルの鉄筋に当たるタンパク質が約25%を占めています。ですから鉄筋にあたる良質の高たんぱく質のスピルリナCA1800でしっかり骨組みを造り、そこにコンクリートにあたる風化カルシウムを入れて頑丈な骨が出来るのです。理想の「骨づくりの」決め手がここにあります。

Posted at 2011年09月20日 15時59分36秒  /  コメント( 0 )