メインメニュー
2011-05-15

一円玉健康法下巻15


疲れ目


目の疲れというのは原因が複雑なうえに、治療も非常に難しく、精神的なストレスが引き金になっている場合もあります。一円玉健康法は目の奥の痛みや充血、かすみ目をやわらげてくれるでしょう。

基本的な貼り方

【二扇門-にせんもん】
こぶしを握った状態で中指の飛び出した骨の甲側のふもとから、指幅半分ほど手首の方に寄ったところの両脇にある小さなくぼみにあるツボの両手に貼ってください。



寝ている間に貼るといいツボ

【額中−がくちゅう】
両目の目頭の幅を測り、次に左右の眉毛の眉間側の両端を結んだ線の中央からその測った幅だけ上に登ったところにあるツボ。

【目明-もくめい】
真っすぐ前を向いたときの瞳の真上の髪の生え際にあるツボ。

【太陽-たいよう】
まゆのこめかみ寄りの端と目尻を結ぶ線を底辺として耳寄りに頂点を持つ正三角形を書いた頂上にあるツボから、さらに人差し指の幅だけ上に登ったところ。

Posted at 2011年05月15日 22時12分32秒  /  コメント( 0 )

一円玉健康法下巻14


耳鳴り


耳鳴りのある人は、耳鳴りの側のツボに一円玉を貼ります。一円玉健康法は効き目が早いのが特徴ですが、耳鳴りの場合は多少時間がかかります。根気よく貼り続けてください。

基本的な貼り方

【耳珠-じじゅ】
耳の穴のすぐ前側に耳珠というやわらかい出っ張りにあるツボ。

【耳門-じもん】
耳珠の辺りにあるあごの関節の上部の縁にあるツボ。

【完骨−かんこつ】
耳たぶのすぐ後ろのある小さな骨の出っ張り(乳様突起)の下端から乳様突起の後ろの縁に沿って1〜2cm上がった押すと鋭い痛みがあるところにあるツボ。



【天柱-てんちゅう】
首の後ろの真ん中のくぼみの両側に縦に走る太い筋肉の外側の縁を上にたどり、頭の骨にあたったところにあるツボ。

【翳風-えいふう】
乳様突起と上あごの骨との間の溝のようなくぼみの中で押すとズンと痛みが響くところにあるツボ。
左右両方に貼ってください。


Posted at 2011年05月15日 21時40分08秒  /  コメント( 0 )

一円玉健康法下巻13


寝違え


寝違えは首に起きた軽いねんざのようなもので、普通は1日か二日で症状が軽くなってきます。しかし中にはそれ以上に痛みが長引くものもあります。そんな時には一円玉健康法を試してみましょう。

基本的な貼り方

【鬼床-きしょう】
耳たぶを後ろに倒して一番後頭部寄りに届いた耳たぶの下端から下に人差し指の幅半分だけ下がったところにある、ツボの両方に貼って下さい。



【百労-ひゃくろう】
首を深く前に倒して、後頭部のほうから首の後ろを下へさわっていくと、首の付け根あたりで大きな背骨の出っ張りにぶつかります。その出っ張りと、もう一つ下にある背骨の出っ張りの間から指幅2本分上がったところに印をつけてください。その印の左右へ指幅2本分寄ったところにあるツボ。

Posted at 2011年05月15日 19時48分15秒  /  コメント( 0 )

最高品質ハワイアンス...


Posted at 2011年05月15日 19時15分17秒  /  コメント( 0 )