メインメニュー
2011-01-19

海洋深層水で育った唯...


海洋深層水で育った唯一のスピルリナ


良質のハワイアンスピルリナは、ハワイ島の自然環境の中で最高水準の培養技術と生産管理から生まれた世界でも最高品質のサプリメントです。

その産地ハワイ島は、世界の天文台が集まる澄んだ大気と年間300日以上輝く豊かな太陽光に恵まれています。さらに、生命にとって必要なミネラルをほとんど含むといわれる、深海1000mから汲み上げる海洋深層水で培養されています。

スピルリナはアフリカやアジアの各国で生産(育成・培養)されていますが、海洋深層水を使用する良質のハワイアンスピルリナは、藻類の育成培養にはこれ以上の条件は望めないハワイ島の自然環境の中で最高水準の培養技術と生産管理から他のスピルリナを越えています。

スピルリナCA1800(アスタキサンチン配合)の主成分は、スピルリナ・ヘマトコッカス藻色素(アスタキサンチン)・風化カミオニシキ貝粉末です。



らせん状の古代藻、スピルリナ


らせんの不思議・・・・宇宙から地上の自然界にかけて、らせん形やうず巻運動の現象は数多く見られます。

太陽系は円運動ではなく、捻れた軌道を描きます。生物の系統を司るDNAは真に二重らせん構造で、つる性植物にも生体本能が現れています。

スピルリナは約35億年前から地球に存在してきた微細藻類の一種です。その名の由来は形がスパイラル(らせん)に似ているからです。


スピルリナは少しの養分と太陽光をもとに、栄養に満ちた藻体をつくる強靭な生命力を持っています。たんぱく質の含有量が70%に達することもあるアミノ酸のバランスが非常に優れた良質のたんぱく質です。ビタミンやミネラルの種類も多く各栄養素がバランス良く含まれています。

スピルリナブルー(1日60粒服用した時のアスタキサンチン摂取量-----7mg)

スピルリナピンク(1日60粒服用した時のアスタキサンチン摂取量-----3mg)

Posted at 2011年01月19日 22時50分21秒  /  コメント( 0 )