メインメニュー
2011-01-17

タスカル風化貝カルシ...


身体よいカルシウム摂っていますか?

カルシウムはどれも同じではないことをご存知ですか?


「非活性カルシウム」

○骨に確実に入り、元気な骨を作るカルシウム。

○カルシウムバランスを保ち、カルシウム不足が原因で起こる様々な症状の予防や改善に役立つカルシウム。

例---小松菜やひじき、海藻、小魚などの自然食品
風化した貝殻などの化石


「活性カルシウム」

◆骨に入らないで筋肉、血管、細胞に沈着するカルシウム。

◆急激に血中濃度を上げ、ダウン症状というカルシウム不足(カルシウムパラドックス)を起こすカルシウム。

例---科学的に合成されたカルシウム
天然でも風化していない貝。


それではカルシウムの摂取が不足すると体内のカルシウムが増える?「カルシウムパラドックス」について説明します。

カルシウムパラドックスとは、体内のカルシウムが不足すると、骨や歯などから足りないカルシウムを補おうとする現象です。

骨や歯から溶け出したカルシウムは血液中に溶け出し、血管や脳といった柔らかい組織に沈着し、体調不良などを引き起こす原因になります。

この現象による体への悪影響は、年齢を重ねるごとに高くなります。
カルシウムなら何でも摂ればいいというわけでなく、小魚や野菜などの自然食品と同様に、体にバランスよく働きかけるカルシウムを摂ることが重要です。

風化貝カルシウムは非活性カルシウムの代表です!

Posted at 2011年01月17日 10時21分33秒  /  コメント( 0 )