メインメニュー
2010-12-03

一円玉健康法上巻12


股関節の痛み


股関節は年齢とともにすり減ることがあり、ここに疲れがたまって炎症が起こると痛みが出ます。ひどくなると歩くのも座るのも困難に。中高年以上の女性に多い症状ですが、イキイキと楽しい毎日をすごすためにも早めに対策をしましょう。

基本的な貼り方

【陰陵泉ーいんりょうせん】
むこうずねの内側を下から上へなで上げていくと、ひざのすぐ下で、出っ張った骨にぶつかります。この骨のすぐ下にあるツボの両足に貼ってください。

【懸鐘ーけんしょう】
足の外側のくるぶしの中心から真上に向かって指4本分上がった、すねの骨の後ろの縁のつぼの両足に張ってください。

【跗陽ーふよう】
懸鐘と同じ高さで、懸鐘からもう少し後ろの、すねの骨と筋肉の間の押して痛むところのツボの両足に貼ってください。

Posted at 2010年12月03日 10時52分11秒  /  コメント( 0 )