メインメニュー
2010-11-15

風化カルシウムの力「...


掘り出された風化貝化石




「ソマチット」という名前をはじめて聞く方が多いかとおもいます。風化貝化石にはカルシウムばかりではなく、このソマチットも含まれていることがわかっています。

ソマチットは免疫力を高める生命体といわれていますが、普通の生命体と異なり、「死滅しない」ことが特徴です。300度の熱でも死滅しませんし、強い酸やアルカリ、強い放射線でも死滅しません。

通常の生命現象からは、ソマチットの説明がつかないのです。植物のなかにも存在し、どこにいても環境が悪くなると、殻をつくってそのなかに入ってしまう習性を持っています。風化貝化石のなかでも何百年もの間、殻のなかにこもっていました。

ソマチットには、「近代ソマチット」と「古代ソマチット」があります。ソマチットは自然の食品にも含まれていますが、これは近代ソマチットです。一方、古代ソマチットは、より強い活性性能をもっています。古代ソマチットを含有しているのは、世界でも風化貝化石だけしかないといわれているのです。


風化カルシウムを摂ることは、古代ソマチットを摂ることでありますので、私たちは、この古代ソマチットにより、より強い免疫力を得ることができ、体力レベルも向上されるのではと考えられています。

Posted at 2010年11月15日 00時33分17秒  /  コメント( 0 )