メインメニュー
2010-11-10

『天然風化貝カルシウ...


6、酵素の働きを助ける働き


人の身体はさまざまな酵素の働きで、それぞれの組織が機能しています。そもそも酵素とは、細胞でつくりだされる触媒(科学反応を起こすとき、それ自体は変化せず、ほかの物質の反応速度の影響を与える物質)作用のある物質です。

細胞の活動は、細胞内に外部からカルシウムが入り込むことによってはじまりますが、この細胞活動と同様に酵素の働きにもカルシウムは大きな役割を負っているのです。<
br>


Posted at 2010年11月10日 16時55分05秒  /  コメント( 0 )

『天然風化貝カルシウ...


5、ホルモンの分泌を助ける働き


血液中のブドウ糖が増えると、すい臓のランゲルハンス島からインスリンというホルモンが分泌され、血液中のブドウ糖を分解してエネルギーに変えます。

このインスリンがうまく分泌されなくなると不調をきたします。

インスリンが分泌されるのは、カルシウムがすい臓のランゲルハンス島にあるβ(ベータ)細胞に入り込み、きっかけをつくっているためです。

インスリンが分泌されないと、インスリンに出会えないブドウ糖は行き場を失い、尿となって体外に排出されるのです。


Posted at 2010年11月10日 13時43分13秒  /  コメント( 0 )