メインメニュー
2013-05

一円玉健康法下巻28




ひとくちに痔と言ってもいくつかの種類がありますが、普通、痔と言われているのはイボ痔のことです。イボ痔とは肛門周辺の静脈がうっ血してできた静脈瘤のことで、症状の進み方によって三期に分けられます。

第一期の症状は主に痛みや出血。第二期、三期になると、イボ痔が肛門の外へ出てくるようになります。イボ痔の飛び出しがひどくなると、手術が必要となります。第一期および第二期の初期であれば、一円玉療法で簡単に痛みを取る事ができますので、痛みに苦労している痔主の方は是非試してみてください。


基本的な貼りかた

【孔最-こうさい】

手のひら側のひじを曲げるとできる太い横ジワから手首の方へ指幅2本分寄ったところにあるツボ。両手に貼ってください。




【承山−しょうざん】

足の裏側にあるふくらはぎの筋肉がアキレス腱に変わるところのつぼ。

Posted at 2013年05月21日 17時08分48秒  /  コメント( 0 )