メインメニュー
2011-09

細胞の掃除

2009-03-21 22:47:07

細胞の掃除

テーマ:ブログ

日中はとても暖かくなりました。でも朝と夕はまだまだ気温が下がりますので

注意です。私は10年くらいかけて細胞を診る検査を考案しました。いままで

だれも細胞を診る検査を作ろうとしませんでした。多分細胞というととても

高級なことを高級な技術をもとにやるものだ、と思っているからでしょうね。

わたしは単純なので細胞の内容液だけ取り出して、その老廃物を診て、もし

老廃物がおおければ、細胞は動かなくなり、掃除されていれば、いつまでも

働くと考えています。あとは細かな血液の流れがよければ、細胞にはご飯

が行ってると考えられ、元気のもとは準備されています。反対に血液の流

れが悪ければ、細胞はご飯を食べていません。春先は自律神経のいたず

らが働いて、細胞の老廃物は多くなり、また血行も悪くご飯もあまりたべれ

ていません。還元電子治療のある方は1日4回以上して下さい。きっと細胞

は春らしく動き出します。

Posted at 2011年09月28日 12時12分04秒  /  コメント( 0 )

病気の解明は?

2009-03-07 19:41:45

病気の解明は?

テーマ:ブログ

病気の名前を挙げれば、ざっと数万にはなるでしょうか。でもその病気の

一つ一つを研究・解明することは不可能です。それで私は病気をこう考え

ました。病気の名前そのものは著名な先生がたが付けたもので、病気へ

の考え方は一つだ、と・・。病気の起こっている場所が、例え神経であって

も、それは神経という細胞で起こっているのです。だから細胞を治療する

べきです。ほかの病気もそうです。その時の治療には免疫力が必要です。

免疫力が足りないと病気を治すのにとても時間がかかります。この二つ

をあわせて自己防御力と名づけています。これをやろうとするのが還元

電子治療です。

Posted at 2011年09月28日 12時09分08秒  /  コメント( 0 )

リンパ球

2009-03-01 21:07:52

リンパ球

テーマ:ブログ

健康診断や人間ドックの中に免疫機能を表す項目が無いか、あってもあまり

説明されていません。免疫機能が丈夫ですとあらゆる病気に罹(かか)りにくく

なります。もちろん病気に罹った人については、免疫機能の回復が病気の

回復になります。何を免疫機能の指標にしたら良いのかといえば、まずは

リンパ球の割合が35%を超えること(45%以下)、白血球の数が4000個を超え

ること(8000以下)です。中にはより専門的な免疫機能を掲げる先生もおられ

ます。たったこれだけの数値ですが、知っているのとそうでないのとは大きな

違いです。還元電子治療はリンパ球を増やしたり、力を強くしたりします。

Posted at 2011年09月28日 12時06分14秒  /  コメント( 0 )

無理をせず

2009-02-26 21:34:11

無理をせず

テーマ:ブログ

患者さんを診ていますと、定年退職間際か、退職直後に病気になるケースが

多いです。それもとても重い病気になることが特徴です。ガンとか悪性リンパ

腫とか慢性骨髄性白血病とか・・。結局一生懸命何十年も働きづくめで、体の

細胞ががたがたに傷ついているのに、体を休めず気力だけで乗り切ってきた

ため、すなわち免疫の予備力だけを使って、細胞が病気になるのを防いでき

ていたため、心の緊張が解けた途端、免疫機能が完全に破綻して病気になる

のです。日頃から細胞の調子を良くしておくこと、そうすれば免疫機能も丈夫

なままでいられるのです。無理をせずに行きましょう。還元電子治療もお忘れ

なく。

Posted at 2011年09月28日 11時56分04秒  /  コメント( 0 )

痴ほう

2009-02-21 20:49:21

痴ほう

テーマ:ブログ

脳のCT写真を撮影したら、隙間があいてすかすかですね、と言われる場合

があります。それを聞いて一番気になるのは「痴ほう」になりやしないか、とい

うことです。痴ほうにならないために大切なことは、脳への血行(血液の流れ)

です。血行がよければ脳はとてもしっかりしています。血行の悪くなる原因は

肩こりと動脈硬化症です。この二つを改善しておけば粗方よいです。もう既に

痴ほうになっている方は、なお更この二つを改善してください。一度痴ほうに

なった方でも程度の差はあっても症状の改善が見込まれます。すかすかに

なった脳でも残っている脳をしっかりと磨き上げれば良いわけです。動脈硬

化症の改善に成分としてユビキノン、別名コーエンザイムキューテンもよいで

しょう。肩こりにはチオクト酸、別名アルファリポ酸がいいです。

Posted at 2011年09月28日 11時53分37秒  /  コメント( 0 )

全身を磨く

2009-02-19 22:08:10

全身を磨く

テーマ:ブログ

もし体の何処かにガンが出来たとします。もしそれが胃だとしたら、胃だけが

悪くなったと思ってしまいます。でも胃だけ治療してもなかなか良くなりません。

胃が丈夫になるには、胃以外の臓器も元気になる必要があります。すなわち

体のどこが悪くなっても、それを治すためには全身を元気にする、全身の細胞

を元気にする必要があります。還元電子治療がいろいろな病状に効果があっ

たりするのは、全身の細胞を磨きあげるからです。

Posted at 2011年09月28日 11時51分37秒  /  コメント( 0 )

予防医学とは

2009-02-13 20:22:06

予防医学とは

テーマ:ブログ

私どもの診療所でも限られた内容ですが人間ドッグを行っています。日頃

とても気になっていたのが、検査結果に何ら異常がないため、「異常なし」

の判定をだしたとたん脳卒中や心筋梗塞になったりする人がいます。

あるいは、少々腎臓の機能が悪くなっているけど、他の所見から経過を

みるだけでいいと思っていた人に、急に病状の悪化がみられることがあり

ます。何故そのようなことが起こるのか?不思議でなりませんでした。

ある時思ったのですが、今まで私達が行っている健康診断は、病気になら

ないために行っている検査ではなく、すでに病気がでているかどうかの

検査です。健康診断や人間ドック=病気を未然に防ぐ検査ではありません。

そこで私達は病気を未然に防ぐためには、どうしたらよいか考えました。

病気になるのは私達の体を作っている細胞が病気になるんだ、と気づき

それから10年かかって細胞を診る検査を独自に作ったのです。この検査

のお蔭で人間ドックの検査結果がどうであろうと、細胞の検査結果が悪かっ

たら、その方は必ず病気の方に向かっていると言えるようになりました。

まさに病気を未然に防げるようになりました。

Posted at 2011年09月28日 11時47分15秒  /  コメント( 0 )

病気の起こり方

2009-02-10 19:55:19

病気の起こり方

テーマ:ブログ

自分で自分の体を守る自己防御力は3つから構成されています。臓器として

の「細胞の元気度」、臓器の細胞を守る「免疫細胞の丈夫さ」、そして「炎症の

抑制」です。自己防御力の低下に影響するのは .好肇譽垢伐疣、環境的

因子(大気と土壌汚染、静電気、電磁波)、S蝋ド覆反事の偏りなどです。

一番大きい影響はストレスと過労で、まず細胞の元気が低下してきます。

細胞の元気が低下すると、そのままでは細胞は病気になるので、細胞をがっ

ちり守るのが免疫力です。ですから免疫力は高くなることが多いです。でももし

その免疫力が破綻したら、細胞の元気はすでに低下しているのですぐさま病気

になります。細胞の元気が低下して、でも免疫力が高いときは、かなり体に

無理をかけていることを意味しています。それでも無理をかけたら、免疫力は

一気に急降下します。かなり重とくな病気になります。また体にストレスと過労

を与え続けると、体には炎症が起きます。炎症は免疫反応を強化しますが、

強すぎると細胞の元気を更に低下させるようです。そして免疫バランスは

とても悪くなっています。まとめますと、上の´↓がすべて良いなら、この

人は健康な人か、病気があっても治せる人です。病気の第一歩は細胞の

元気がなくなり、免疫力が高くなります。さらに進むと、炎症が起こり、免疫

バランスが悪くなります。そして最後に免疫力が一気に落ち病気になります。

私達はいつも自分の自己防御力をチェックしておくべきです。

Posted at 2011年09月28日 11時44分52秒  /  コメント( 0 )

これは一大事

2009-01-23 18:57:57

これは一大事

テーマ:ブログ

来院された方の中に、脳の検査としてMRIとかCTとかの検査を受けて頂く

ことがあります。はじめての方の気持ちは、興味半分、不安半分だと思い

ます。例えば、70歳くらいの年齢で、脳に幾分脳梗塞の古傷があったりしま

すと、ある方は例え古傷であっても脳梗塞のあったことにショックを受け、

またある方は70歳にもなればそんなことぐらい誰だってあるよ、といって

私を諭します。どちらの心も本当だと思います。ただその方が、その後も

元気で暮らしたいと思うなら、脳梗塞の古傷があったことに「これは一大事だ」

と考えて頂きたいのです。起こってしまったものはどうしようもありません。

でも同じ事を繰り返さないように注意していけば、全然違った人生になるはず

です。美しい山を眺めに行ったり、ゆったり気分の温泉に出かけたり、また人

を助けてあげる仕事をするにも、まず自分が健康でなくてはならないのです

Posted at 2011年09月28日 11時38分32秒  /  コメント( 0 )

ウイルスと免疫

2009-01-19 22:43:01

ウイルスと免疫

テーマ:ブログ

還元電子治療をC型慢性肝炎患者さんやHIVの患者さんに臨床試験

(海外にて)させて頂いたことで分かってきたことがあります。両方とも

ウイルス感染ですが、ただ単に免疫機能を高めればやっつけられる訳

ではない、という事です。ウイルスを攻撃するために、たとえ同じ免疫

機能を必要としてもその持続して働いている時間が問題です。その一

方で、一番よく作用する免疫機能の種類をいかにして引き出すか、とい

う事も問題であると分かりました。いずれにしても還元電子治療は必要

とする免疫事情に対応できる唯一の治療だと思います。

Posted at 2011年09月28日 11時34分23秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  5  6  7  8  9  | 次へ