メインメニュー

自己防御力診断の意味するところ

2013-02-16 17:58:36
自己防御力診断の意味するところ

テーマ:ブログ

これまで沢山の方が「自己防御力診断」を受けられました。

とても良い方もおられれば、とても悪い方もおられました。

自己防御力診断は、”病気の根”を調べる検査です。

それが良かった、悪かったで、すぐさま病気のある、なしは分かりません。

でもほんどの方が、こんな話を耳にしているでしょう。

「○○という病気になり、一生懸命に治療しているんだけれど、

どうも”根っから良くならない”のです・・・・。」

これはどういう意味か?

根っから良くならないということは、根がある!ということです。

そう、病気には根があるのです。

これを忘れていては、病気を根っから治すことはできません。

ですからどうしても病気の根を診る検査が必要なのです。

つまり自己防御力診断が必要です。

ところで自己防御力診断を調べて、もし合格に達していても、絶対に

安心してはいけません。1回の検査で合格していても、それが生涯

続くわけではありません。

むしろ生涯続くように自分で努力をしなければなりません。

一方、診断結果がとても悪くても、努力次第でどんどん良くなることが

可能です。決して結果が悪かったことを悲しまないでください。

とにかく努力です。もし病気になっている方は、特に懸命に頑張って

病気の根を抜いて下さい。そして自分で健康を勝ち取って下さい。

Posted at 2013年04月22日 10時39分05秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*