メインメニュー

優秀な自己防御力

2012-04-18 20:37:00
優秀な自己防御力

テーマ:ブログ


本来、健康と病気の境界などありません。

いま心筋梗塞と診断されても、心筋梗塞になる準備はずっと前から始

まっていたのです。

ですから、ものすごい健康状態が段段と薄れて行き、少しずつ病気状

態に移行する感じで、本格的な病気になります。

でもそれでは分かり難いので、

”人は生まれながらにして、病気を出さないための力を持っている”

その力が段段弱くなって、長い歳月が掛かって、病気がおこります、

そう表現します。

これが「自己防御力」です。成書(教科書)にはありませんので作りま

した。

ところで、自己防御力が弱くなっても、その状態がある時間続かないと

病気はでません。

おおざっぱですが、風邪のような急性の場合は別にして、自己防御力

の低下があって10年くらいしないと病気はでてこないです。

それで病気になったとき、病気をもっとも治り難くするのが、

自己防御力の中の”炎症の鎮静化の不出来”です。

自己防御力を高めるために「還元電子治療」は必須ですが、

炎症を消すために還元電子治療の位置は、炎症部分から20〜30cm

離してさい。そして繰り返して下さい。

できれば抗酸化物質、特にαーリポ酸やシトルリン、βークリプト

キサンチン、カルシウムの併用は、炎症の消去に有効です。

ところで炎症と言われても分かり難いです。

バスケットボールをしていて突き指したことは・・

そのまま放置しておくと関節がはれる、これが炎症です。

外傷でなくてもそれと同じ事態が体の中で起こっています。

突き指のとき、指を引っ張っておくとはれ難いです。あるいは冷やした

り、湿布をしたりしてもはれにくいです。これらは皆、炎症を消す操作

です。

炎症が消えないと指ははれたままです。

炎症が消えないと病気は改善しません。

炎症の無い体が、優秀な自己防御力に不可欠です。

Posted at 2012年05月25日 11時18分02秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*