メインメニュー

沼地のバイク

2012-03-08 19:18:41
沼地のバイク

テーマ:ブログ


「これも、それも、あれも、とにかく忙しいです!」

そんな状態が長く続いていると、やがて自律神経が壊れてしまいます。

自律神経は通常”免疫細胞”にも働きかけていますので、

ついには免疫細胞も壊れてしまいます。

その姿は?といえば、

何とか免疫力を発揮しなければと、懸命にもがいているのです。

丁度バイクが沼地にはまったとき、まずは抜け出そうとして懸命に

アクセルをまわします。後輪から泥が噴水のように巻き上がるのに、

バイクは一向に前へ進みません。もっとぬかるみにはまります。

そしたら事態はもっと悪くなるので、今度はアクセルを全開にするので

す。最後はバイクごと沼地にはまるのです。

そんな状態が体に起こっているのです。

問題なのは、噴水のように巻き上がる泥です。

体の中では、これを”炎症”と呼んでます。

この”炎症”が私たちの体の中の病巣(病気の起こっているところ)を

どんどん、どんどん酷(ひど)くしているのです。

つまり病気を急速に広げているのです。

こんな時、決して不用意に触ってはいけません。

まずは、泥が巻き上がるのを止めなければなりません。

ひょっとしたら皆さんは、「先にアクセルの全開を止めれば!」と

思うかも知れません。

でも違うのです。

泥が巻き上がって、地面が掘れていって、どんどん沈み込むこと、

これを生体は危険と判断しています。

ですから初めに、”炎症”を鎮めることです。これが先なのです。

ゆっくりと炎症を鎮めます。免疫細胞はだんだん暴れなくなります。

炎症止めを十分に撒いてから、そしてしばし免疫細胞をゆっくり休ませ

てから免疫を強化する治療に移ります。

この手順をしくじると、上手くいかないのです。

この処置に欠かせないのが「還元電子治療」の電子(でんし)なの

です。抗酸化物質の電子、水の電子、ネガティブイオンの電子では

全然足りないのです。

Posted at 2012年05月25日 11時18分48秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*