メインメニュー

私の治療方針

2011-01-28 20:57:52

私の治療方針

テーマ:ブログ

どんな病気に対しても、私の治療方針は同じです。

それは‖仂瀕屠,鉢∈元(ねもと)治療の併用です。

対症療法は既に出来てしまった病気に対しての治療です。

そして根元(ねもと)治療は病気の起こる「根っこ」を引き抜く治療です。

この両方を必ず実行します。もちろん患者さん側にもその考えがあればです。

私は自分がひどい頭痛があるのに我慢はしません。頭痛のお薬を飲みます。

急に40℃の発熱があるのに気合でのりきることはしません。

やはり解熱剤を飲み早く楽になろうとします。

本当に医療の進歩のお蔭で、沢山の病気の治療が早く進むようになりました。

私は西洋医学でも東洋医学でも、それを使うことが妥当だと判断されるもの

については必ず使います。

でも病気の根をなくするにはそれだけでは無理があります。

病気の根のはえる細胞、この細胞をピカピカになるまで掃除します。

それには「電子(でんし)」を与えるしかありません。

「でんし」は食べ物と空気がもっています。

でも足りないから病気の根がはえるのです。

「でんし」を積極的に与え、補充する治療、これを根元(ねもと)治療といいます。

Posted at 2011年09月30日 12時09分04秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*