メインメニュー

病気の根をかき出す

2011-01-18 12:25:28

病気の根をかき出す

テーマ:ブログ

病気の根っこがしっかり生えると、なかなか引っこ抜くのに苦労します。

でも病気の根は絶対抜いておかないといけません。そのままにしておくと致命的

な病気になることもあります。

残念ですが、今のところ瞬時にして病気の根の深さをみる検査法はありません。

ですから少々面倒でも定期的に病気の根っこを調べる「新陳代謝評価スケール」

検査を受けて下さい。

これは細胞内検査ともいいます。文字通り細胞の中を調べます。

じつは病気の根っこは細胞に発生しますから。

それは細胞の中の老廃物の量をしらべます。

決して覚えなくて結構ですが、例として「鉄のサビ」や「肩こり症のもとになる乳酸」

などのようなものが体中の細胞に溜まります。

それを「酸化物質」および「酸性物質」といいます。

何故こんな老廃物が溜まるか?といえば、それは細胞が食べ物を燃やすため

です。ストーブで薪(まき)を燃やせば灰がでる、それと同じです。

ストーブの場合、スコップで灰をかき出します。そしたら火はずっとついてます。

それで、細胞の中の老廃物の場合は「電子(でんし)」でしか掃除できません。

それで電子を与える治療法をつくりました。・・・還元電子治療です。

でも電子(でんし)は体の中では、ある食べ物たちが運んでくれます。

これがビタミン類、ミネラル、アミノ酸、補酵素などです。

だから食事のバランスも大切です。

Posted at 2011年09月30日 12時09分23秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*