メインメニュー

どう説明しますか?その

2010-10-26 16:27:18

どう説明しますか?その

テーマ:ブログ

では、根元の治療とは何でしょうか。いったいどうすれば良いのでしょうか。

根元の治療とは、病気が出来ないようにするまさに病気の根っこなのです。

自然の中に生きている人も動物も木々もばい菌も、そして風邪のウイルスも

全て細胞で出来ています。「細胞」こそが病気になる場なのです。細胞が元気

に仕事をしているなら、そこに病気は起きないのです。ですから病気にならない

ための根元の治療とは、いつまでも細胞が元気にしていられるようピカピカに

磨くことです。その磨き粉としてあるのが、「電子」です。電子は自然界に二つ

の形で存在しています。一つは食べ物です。ビタミンB群やCやEやカロチン、

αーリポ酸(チオクト酸)、ユビキノン、グルタチオン、ポリフェノール、リコピン

・・・もう挙げればきりがありません。もう一つは空気のネガティブイオン(マイナス

イオン)です。空気には電子を持った空気の粒子があります。呼吸するたびに

肺を介して体の中へ入ってきます。これらの電子が細胞内外の老廃物を綺麗

に掃除してくれます。

Posted at 2011年09月30日 09時18分40秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*