メインメニュー

自己防御力診断のスタート

2011-08-01 18:50:19
自己防御力診断のスタート

テーマ:ブログ

本日から”自己防御力診断”検査をスタートしました。

全く同一の人なのに”病気の無い自分”と”病気のある自分”では

いったい何処に違いがあるのでしょうか?

そこが分かれば、病気はかなり起こりにくくなり、病気は治りやすく

なるでしょうね。

それで私も20年間外来をしながら、そのことに苦しんできました。

私が出した結論は、


”袖い蓮漂挧Α匹乃こる。だから細胞を診てみる。

∈挧Δ病気にならないように見守っている”免疫力の調子”を診る。

細胞で病気が起こり始めたら、それを悪化させるのが”炎症”です。

 炎症の抑制度を診る。

ここで一番分かり難いのが”炎症”だと思います。

キャンプに行ったとき、簡単な「かまど」をつくって火をおこし、鍋の中の

煮炊きをします。そのとき火が大きいほど鍋のぐは良く煮えます。

それと同じで、炎症が大きいほど体の病巣はどんどん広がります。

簡単には、病気をあおる現象を炎症と思って下さい。

さて、上の3つがそれぞれ「1、2、3、4、5」までの5段階評価になっていま

す。「5」が一番良いのですが、3つの平均が「3」を超えると”自己防御力

あり”と考えます。「3」はいけません。あくまで「3」を超えることです。

そうすると病気は他にどんな治療をしていても改善してきます。

でも今病気がなくても、自己防御力が悪ければ、やがて病気になります。

ですから、今のうちに調べてほしいです。

Posted at 2011年09月25日 22時13分05秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*