メインメニュー

一円玉健康法下巻11


顔面神経痛


風が吹いても痛い顔面神経痛。一刻も早く楽にしたい神経痛の痛みを、一円玉健康法でやわらげましょう。

発作の予防


【三間-さんかん】

人差し指の根本を探ると、大きな出っ張った骨(第二中手骨の骨頭)があります。その骨の親指側の側面のくぼみにあるツボ。両手に貼ってください。

【合谷−ごうこく】
人差し指の骨と親指の骨が交わる部分から、少し人差し指側にあるツボ。押すと手首までズンと響きます。ここを一円玉で強くこすってからテープで張ります。両手に貼ってください。



発作が起きてしまったら

【太陽-たいよう】
まゆのこめかみ寄りの端と目じりを結ぶ線を底辺とする正三角形を描き、その頂点にあるツボからさらに人差し指の幅だけ上に上ったところ。

【陽白-ようはく】
まゆの中央から人差し指の幅だけ上に登ったところにあるツボ。

【地倉-ちそう】
口角の外側3〜4mmにあるツボ。

Posted at 2011年05月14日 18時56分40秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*