メインメニュー

一円玉健康法上巻28


低血圧


低血圧の人はめまい、立ちくらみ、頭痛、食欲不振、疲労感、倦怠感(だるさ)、生理不順など、さまざまな身体の不調を訴えがちです。
しかし、血圧が低いと脳卒中や心臓病といった病気にかかりにくく、一般的に長生きすると言われています。
問題は血圧が低いことではなく、血圧が低いために起こる不快症状なのです。一円玉健康法は、低血圧の不快症状の改善に大きな力を発揮します。

基本的な貼り方

【内関ーないかん】
手首のてのひら側で、手首の最も太い横ジワからひじのほうへ指2本幅分寄ったところの、2本のタテのすじの間にあるツボの両手に貼ってください。

【曲池ーきょくち】
腕を曲げたときにできる、ひじのシワの外側の端にあるツボの両手に貼ってください。

【足の三里ーさんり】
ひざのお皿のすぐ下に、むこうずねの骨の出っ張りがあります。この骨の出っ張りの頂点から真下へ、指3本分下がり、そこからさらに足の小指側に人差し指の幅分だけ寄ったところのツボの両足に貼ってください。

【太衝ーたいしょう】
足の甲側の親指と人指し指それぞれの骨をなぞっていって、その二本が接合するところの手前の少しくぼんだ感じのするところのツボの両足に貼ってください。

Posted at 2010年12月18日 09時54分35秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*