メインメニュー

一円玉健康法上巻 9


腰の痛み


もむと痛くなる場合

前ページまでの貼り方を試しても痛みが取れない場合、あるいはヘソの裏側に痛みがある場合は、もむとかえって痛みが増しますので注意してください。

【公孫ーこうそん】
腰の痛みを参照してください。

【太白ーたいはく】
足の親指の付け根にある出っ張りのすぐかかと側にあるツボの両足に張ってください。



【懸鐘ーけんしょう】
足の外側のくるぶしの中心から真上に向かって指4本分上がった、すねの骨の後ろの縁のツボの両足に貼ってください。



【豊隆ーほうりゅう】
椅子に座った状態でひざのお皿の下を指先でさぐると、すねの骨の上端の両側に小さなくぼみが2つあります。
その外側のくぼみの中央と足の外くるぶしの前側を線で結び、真ん中に印をつけます。その印から指2本分、後ろに寄ったツボの両足に貼ってください。

Posted at 2010年11月28日 10時48分58秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*