メインメニュー

一円玉健康法上巻 2・風化カルシウムを食べている人はより効果的!


どうして一円玉で元気になれるの?


私たち人間の細胞を含め、この世のあらゆる物質は、すべて分子でできています。その分子はさらに原子から構成され、原子はさらに原子核と電子からできています。原子核はプラスの電気と磁気を持ち、電子はマイナスの電気と磁気を持っています。したがって原子や分子からできている私たちの身体も、当然のことながら微弱な磁気を帯びています。これは生体磁気と呼ばれているものです。私はこの磁気をいわゆるととらえています。

特にカルシウムは常磁性の性質を持ち、全身に存在して磁気力を高めていますのでカルシウムを食べている人には一円玉が特に効果的に働きます。

東洋医学では、気のめぐりが乱れると百病が生じるとされています。つまり、健康的なときは体内の気=磁気のバランスがとれていますが、生体磁気のバランスが乱れて、体内の一ケ所にマイナスの電気を持つ電子が異常に集まると、身体にさまざまな不調をもたらすのです。
この生体磁気を正常に整えるのが、他ならぬ一円玉なのです。一円玉の素材であるアルミニウムは、マイナスの電子を放出し、プラスの電気を持つイオンになろうとする力が非常に強いのです。そのためアルミニウムを肌に貼ると、放出される電子によって皮膚正面にマイナスの電子が集まり、体内のマイナス電子が減少します。このアルミニウムの電気的な作用により、病気や、さまざまな不快症状など、身体の異常を正すことができるのです。

Posted at 2010年11月20日 19時36分38秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*