メインメニュー
◆手相

ルイの占い講座 手相


今回の占い講座は、最近テレビで話題の 「手相」 です。
皆さんは「手相」と聞いて何が気になりますか?
若い女性の方だったら恋愛や結婚のこと、男性の方だったら、仕事や金運といったところ
でしょうか?

恋愛、結婚運の場合は「感情線」「結婚線」「金星環」「影響線」で知ることができます。
仕事、金運の場合でしたら、主に「知能線」「運命線」「感情線」「太陽線」「財運線」を元に
判断していきます。

それでは「手相」の細かい話しに入っていきたいと思います。

◆手相とは
「手相」は、手の平に刻まれた線(掌線)や丘、爪の状態元に、その人の運勢(結婚運や金運)、才能資質(向いている職業や恋愛傾向)健康状態の良否を判断する占いの一種です。

占いは、大別すると命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)の三種類に分かれます。
命(めい)とは、その人の宿命、運命を観る占い方法で「四柱推命」数秘術12星座占い
などがあてはまり、命(めい)一種の統計学であるという意見もあります。
卜(ぼく)とは自分にかかわる事象や未来の結果を占うもので、占い方法としてはタロット
有名です。
最後に相(そう)ですが、この占いは、目に見える対象の姿や形を観て、現在の人への
影響や吉凶などを観るもので、「手相」もその一種です。他にも「風水」が有名です。

◆手相の活用
「手相」は、良くも悪くも日々変わっていきます。
昨日まで、はっきりと出ていた「財運線」が消えていたり、逆にここ数年、うっすらとしか
見えなかった「結婚線」がはっきりと出てきたり。
「手相」「自分の心を映し出す鏡」と言えます。
線が出たり、消えたりするのは、「手相」あなたの内面の変化に応じたからなのです。

あなたがやる気を出し、熱意をもって仕事に励んだら、仕事運や金運に関係する「運命線」や
「財運線」もだんだん強く太くなっていきます。

逆にやる気をなくし、仕事で手を抜いたり、無駄遣いばかりしていたら「運命線」や「財運線」も
だんだん弱く細くなっていきます。

「手相」は、あなたの内面を映す占いで、未来を予知する占いではありません。
「手相」は今のあなたの状況を判定し、そこから未来のあなたを予測する占いなのです。

ですから「結婚線がない」とか「生命線が短い」とか気にする方も、がっかりする必要は
ありません。
自分が努力して内面を磨けば「悪い手相」「良い手相」に変えることができるからです!

占い師の僕の意見を言わせていただければ「手相」をみて一喜一憂するのではなく「手相」は
今の自分の状況を正確に教えてくれる便利な測定機だと思って、時々チェックするのが良いと
思います。

そうすることによって、

「生命線が薄くなっているから、疲れがたまっているな、きちんと睡眠をとろう」

「感情線が乱れているから、少し冷静にならなきゃ」

「財運線が出てきているから、よし!今の仕事のやり方は間違っていないな」


と、今後の自分の行動の指針や、現状の行動が正しいかの確認ができるのです。

わたしのところにも、タロットなどの他の占いのついでや、手相だけを定期的に確認しにくる
方もいらっしゃいます。

自分の「手相」が気になる方は、ぜひお店に遊びに来てください。

Providence Lui

東京当たる占いの店 神楽坂占処 『大神』(おおかみ)

Posted at 2011年07月18日 17時31分52秒