メインメニュー
◆風水

ルイの占い講座 風水2 金運、仕事運をあげる

ルイの占い講座 風水2 金運・仕事運を上げる方法


前回のルイの占い講座 風水1本当の風水とはでは、「本当の風水とは何か?」という観点から風水の説明をしました。
今回は『風水』を使って金運。仕事運を上げる方法を説明していきたいと思います!!

『風水』とはその名のごとく風と水の流れ(気の流れ)を良くして、運気を上げる事が出来ます。よく「西に黄色を置くと金運アップ!」とか「寝具をピンクにすると恋愛運アップ!」
といったことを聞きますが、それは本当の『風水』ではなく、陰陽五行に基づいた単なる
インテリアコーディネートでしかありません。

では、どうすれば、運勢をアップさせられるのか?まずは『風水』の原則をお伝えしたいと思います。

1 『風水』とはその字のごとく風と水の通りを良くすることにより、その場の運気を上げる。

2 『風水』では生気(良い気)を取り入れて、邪気(悪い気)を払うことで、悪運を良い運勢      へと変える。

3 『風水』では似たものは、似たものを引き寄せるという原則がある。


1に関しては、窓を開け空気の入れ替えをして、水周りを清潔にしていればそれだけで運気を上げることができます。これは今すぐ出来ることなのですぐに実践してみてください。

「金運」「仕事運」を上げたい場合2と3が重要になってきます!!

2の生気は観葉植物やその部屋の住人、ペットなどが生き生きしていれば自然と生気を発生して運気を高めてくれます。生気とは、この世の全てが成長、発展していくために必要なエネルギーなので、あなたのお部屋や仕事場が「生気」に満ち溢れていれば「仕事運」は自然と高まっていきます。

逆に邪気は、全てのことが衰退していく時に発生するエネルギーで、片付けていない生ゴミ、枯れた花や観葉植物(ドライフラワー・プリザーブドフラワー)動物の剥製や、常にネガティブで、人の悪口や文句ばっかりを言っている人がいると発生します。

邪気が発生すると、全てが衰退していくので、「仕事運」は劇的に下降してしまいます!

もしあなたの職場やお部屋にドライフラワーや動物の剥製を飾ってあったり、ゴミをきちんと片付けていなかったり、あなた自身がいつも何かの悪口ばかり言っているのであれば、 すぐに改善すべきです!!


3の「似たものは似たものを引き寄せる」に関しては、シンプルですが絶大な効果があります。例えば、金色の物、ピカピカした物、明るい照明などを意識して部屋のインテリアを整えると、それに似たもの、宝石や金=お金を引き寄せるし(金運上昇)ラグジュアリーを意識した家具や服装で統一すれば、高価なものを引き寄せるので、高価なもの=「仕事運」「金運」が上昇するのです。それ以外でも、大量生産された使い捨てのものではなく、手の込んだものや職人さんの魂がこもっていて、ケアをすれば長く使えるものを意識して身につけると、安定した「仕事運」や「金運」がもたらされるのです。

でも逆にあなたの部屋が散らかっていて、汚いもの、安くてすぐ壊れる物に囲まれていたり、ワンシーズン限りのファストファッションや、修理の利かない合皮のカバンや靴、踵の減ったボロボロの靴を履いていると似たもの=汚いもの、ボロボロのもの、すぐに壊れるもの=貧乏を引き寄せて金運、仕事運をさげる結果になってしまいます!!

『風水』の恩恵を得るためには、普段から掃除を怠らず、部屋を綺麗にして置く。
部屋の照明は蛍光色ではなく、明るい電球色のものに変える。
家具やカーテンは高価なブランド物でなくても、しっかりとした素材の長く使えるものでそろえて、ガラスの小物や、ピカピカした物、金色の物をアクセントとして使う。
服装はファストファッションではなく、しっかりした素材のものを選び、出来ればアウターや靴などはしっかりしたブランドのものを身に着ける。(カジュアルな格好より、フォーマルな格好。奇をてらったファッションより、清潔感のあふれるファッションのほうが仕事運、金運ともにアップします。)

それらのことを意識していれば自然と、「仕事運」「金運」が上がっていきます!!


今回紹介した方法は、意識さえすれば誰でも今すぐ実践出来て、継続することによって「運気」をどんどんあげることが出来ます。

年末、年始に向けて、お掃除がてらに始めてみるのも良いかもしれませんね!!

2013.12.11 Providence Lui


当たる占いの店東京神楽坂占い処大神(おおかみ)
http://sedona-uranai.com

Posted at 2013年12月12日 14時33分23秒

ルイの占い講座 風水1 本当の風水とは



今回の占い講座は「風水」についてお話したいと思います。

◆安易な風水ブーム
皆さんは「風水」と聞いてどんなイメージを持ちますか?

最近、テレビや雑誌で特定の色を身につけたり、インテリアを変えるだけといった、
お手軽な方法で運気を上げる「色風水」「インテリア風水」と言ったものが流行っています。
その影響の受けてか、こんな言葉を良く聞きます。

「西に黄色の物を置くと金運が上がるでしょ?」
「彼氏が欲しいときにピンク色のものを身につけると良いんでしょ?」


しかし、占い師の立場から言わせてもらえば、今言ったことには根拠がなく、
効果も期待できません。
「色風水」「インテリア風水」「風水」とは全く違う物です。
そもそも「特定の色を使って運気を上げる」というのは色相学と言う占いの考えで、
「運気が上がる色」も人それぞれに違ってきます。

また「西は金運アップ」とか「鬼門はさける」と言った、方位に関することは、本来「家相」
「九星気学」の考えで、「風水」とは言えません。(風水に置いては玄関の位置を重要視する)

「色風水」「インテリア風水」は、カラーコーディネイトと方位学を無理やり繋げ、
それらしく理由をつけたもので「風水」どころか、全く効果がないものなのです。


◆本当の風水とは
では本当に効果のある「風水」とはどう言ったものでしょうか?

「風水」とは読んで字のごとくですが「風」「水」に分かれます。
「風」「水」とは「気のエネルギー」であり、山から「風」となって来る気と川から流れてくる
「水」の気で「風水」なのです。
本当の「風水」とは堪輿(天地)とも呼ばれ、起源は数千年前の中国にあり、
大地のエネルギーを利用した壮大な環境開運法なのです!!

◆中国伝統風水
「風水」はマクロな観点から地形をみる「地理風水」死者を埋葬する墓をみる「陰宅風水」
私たちの住まいをみる「陽宅風水」に分類されます。

「地理風水」は権力者(皇帝)の為の術であり、中国や韓国の都はこの術に
基づいて創られています。
日本の京都も「四神相応」の地とよばれる典型的な風水の好適地で、794年(延暦13年)に
長岡京から平安京に遷都がなされたのも「風水」の恩恵を最大限に生かすためだったのです。

江戸時代から続く現在の東京の繁栄も、富士山からの「龍脈」(レイライン)が幾重にも集まり、
強力なエネルギーが集中する場所に江戸城(現在の皇居)を建築し、それを中心としての
都市開発を行なった結果なのです。

「陰宅風水」は墓を建てるときに用いるもので、日本の先祖供養に
似ている所があります。
「風水」や中国の思想では、亡くなった人の遺骨には霊力が宿ると考えられています。
この霊力が子孫の家運に大きく影響し、家が繁栄するか、衰退するのかが決まってしまうので、死者の眠る墓の場所が重要になってくるのです。
中国、香港、台湾では、風水を専門にしている風水師に依頼し探すのが一般的で、風水師が
墓所を選定する場合、まずは土地の栄枯盛衰をみて、その土地が生気のある土地(龍穴)
なのかそうでないのかを調べていきます。
その土地が生気のある土地(龍穴)であれば、墓を建てることにより、家が繁栄します。
そうでない場合は、家が衰退してしまうので、対応策を立てるか、場所を選定しなおします。
「陰宅風水」で世界最大のものは、中国の明王朝の陵墓である明の十三陵と言われています。

最後に「陽宅風水」ですが、これは、住む家に良い気を招き入れ悪い気を払うと言うもので
「陽宅風水」基本的な考え方は、その家の主人(厳密に言えば家計を支えている中心人物)に
とって良い方角から「旺気」(気のエネルギー)を取り入れ、入ってきた気のエネルギーを
家や住人に充満させ、同時に家の中に溜まっていた「衰気」(悪い気のエネルギー)を
その家の主人にとっての悪い方角から出すことで、その家や住む人の運気を
上げるというもので、この「陽宅風水」が、世間一般で言われている「風水」のことなのです。

今回の占い講座は多少辛口になりましたが、正直、占い師の立場からすると、最近の安易な
風水ブームに辟易していて、根拠のないものをメディアが堂々と「風水」として紹介している
ことに嫌気をさしていたからです。

今回は「本当の風水とはなにか?」と言う観点から。中国伝統の風水を紹介しました。
そのため、話しが難しく、実用性にかける内容でしたので、次の機会には、誰にでも簡単に
実践できて、効果のある「風水」の話しをしていきたいと思います。

また、当、占いサロン占都では、実践的な風水のアドバイスもしていますので

「自分の部屋が気になる」

「風水のこともっと詳しく知りたい」


と思いましたら、ぜひ一度お店に遊びに来てください。

Providence Lui

東京当たる占いの店 神楽坂占い処 『大神』(おおかみ)

Posted at 2011年07月17日 19時57分54秒