メインメニュー
天然石(パワーストーン)辞典

アメジスト【Amethyst】



アメジスト【Amethyst】

紫水晶
結晶系/六方晶系
モース硬度/7
産地/ブラジル、ウルグアイ、カナダ、アメリカ、マダガスカル、日本
誕生石/2月
宝石言葉/誠実、こころの平和、注意心、深い純真な愛情、中毒の予防

【特徴】

アメジストは和名の通り、紫色をした水晶です。

ギリシャ神話では、アメジストは美少女の化身とされていて、 酒に酔ったバッカス(お酒の神)が、今から最初に出会った人を猛獣(ピューマ)に襲わせようとしていた時、ちょうどそこに通りかかったのが、月の女神の女官『アメジスト』だったのです。

バッカスが獣をけしかけ、今にもアメジストが襲われるという時、この惨事に気づいた月の女神がアメジストを一瞬に純白の水晶に変えました。
その後、酔いから覚めたバッカスは自分の罪を反省し、水晶にぶどう酒を注ぎました。
たちまち水晶は透き通った紫色に変わり、美しい紫色の宝石『アメジスト』になったといわれています。

名前の "Amethyst" はギリシャ語で酒を意味する "methy" と、否定句の "a" を合わせたものに由来し、アメジストにはお酒を飲んでも酔わない、悪酔いしない力が秘められていると伝えられています。
古代ローマではアメジストから作られた杯でお酒を楽しむことで、お酒からだけではなく人生の悪酔いから自身を守ってくれるという言い伝えが残っています。

現在でも『アメジストを持っていると二日酔いしない』といわれています。

昔からその気高い色は僧侶などの間で使われてきました。

染色技術が発達する前は、紫色を出すのが非常に難しい事でしたので、アメシストが発する紫色は特に珍重されたようです。

古代から多くの人々に愛されてきたとされる、アメジストの紫色。

特に日本では、最も気高い色とされ、宗教的な儀式では非常に大切にされてきた色と伝えられています。

日本では『加賀紫』と賞賛されたほど美しく良質なアメジストが産出されています。

歴史的には、聖徳太子が定めた『冠位十二階』で最高位の色として崇められ、特に中国では皇帝だけが身につけることを許された色といわれています。

現代でもに水晶の色変種の中でも、最高位に評価されています。

現在、ブラジル産のアメジストが主流ですが、ウルグアイ産のアメジストは品質が良く、
その中でも、紫色にむらがなく、アメジストの結晶の中に金針のルチルが入ったものが最高級品といわれています。

【効果】

『愛の護石』と呼ばれるように、「愛と慈しみの心」を芽生えさせることによって、真実の愛を守るパワーを与えてくれるといわれています。

アメジストの紫色は、意識の変化を象徴する色や、心を優しく穏やかにし安らぎを与えてくれる色とも言われ、直感力、インスピレーションを高めてくれます。

また、アメジストには愛だけではなく財を集めるパワーが極めて強く、風水においては
「アメジストドーム」を玄関やリビングに置くことによって、財運のエネルギーを引き込み、
気の流れを良くすることによって、爆発的に「財運」や「事業運」を高めるといわれています。

○●○アメジストのヒーリングパワー○●○

○恋愛成就
○恋愛運アップ
○大切なひととの絆をつなぐ
○感情のコントロール
○精神の安定
○集中力、記憶力を高める
○財を集める
○財運、事業運アップ
○安眠したいときに


○●○アメジストの浄化・お手入れ方法○●○

アメジストの紫色は日光で退色しますので太陽光を避けるなど取り扱いには注意が必要です。

クラスター◎ セージ○ 日光浴× 月光浴◎ 流水◎ 塩◎


当たる占い東京神楽坂占いサロン占都(せんと)
http://sedona-uranai.com

Posted at 2010年12月20日 18時53分36秒

アメトリン【Ametrine】



アメトリン【Ametrine】
紫黄水晶
結晶系/六方晶系
モース硬度/7
産地/ボリビア
宝石言葉/光と影、誠実、高貴

【特徴】

アメトリンはアメジストとシトリンが混ざり合った、 非常に魅力的な色彩を持つ石です。

天然シトリンはアメジストが時間の経過、自然の熱によって焼かれたもののことを指します。つまりシトリンはもともと全てアメジストなのです。

アメジストがシトリンに変化していく瞬間、なんともいえない神秘的な色合いになります。
 
天然のアメトリンはブラジルとパラグアイ国境付近のボリビアのアナイ鉱山のみで採掘されます。
それ以外のものは天然のアメジストに熱処理を加えて、色を変化させた合成アメトリンですので
注意が必要です。

【効果】

アメジストとシトリンは非常に理想的なコンビネーションの石であり、アメトリンはその調和を完全に体現しています。

シトリンの持つ循環のエネルギーとアメジストの内観、 調和のエネルギーを完全に統合して自分自身の能力を最高に引き出す助けとなる石です。


○●○アメトリンのヒーリングパワー○●○

○循環と調和の統合
○肉体、感情、精神の統合
○自分自身の能力を引き出す
○心身の癒し
○仕事等のエネルギー的ストレス等の軽減
○愛情
○内観を促進する
○浄化

○●○アメトリンの浄化・お手入れ方法○●○

アメジストの紫色は日光で退色しますので太陽光を避けるなど取り扱いには注意が必要です。

クラスター◎ セージ○ 日光浴× 月光浴◎ 流水◎ 塩◎

Providence Lui

当たる占いの店東京神楽坂占い処大神(おおかみ)
http://sedona-uranai.com

Posted at 2010年12月16日 16時47分30秒

アズロマラカイト【Azuromalachite】



アズロマラカイト【Azuromalachite】
モース硬度/3.5〜4

アズライト(藍銅鉱)マラカイト(孔雀石)の混合物。
藍青色(アズールブルー)にマラカイトの緑が点在し、まるで地球の様を見ているようです
古くから祈祷や予言の際に使用され、様々な病気の予防薬や治療薬として使用されたと伝えられています。

くわしくはアズライトの項を参照してください。

Providence Lui

当たる占いの店東京神楽坂占い処大神(おおかみ)
http://sedona-uranai.com

Posted at 2010年12月08日 13時43分26秒

アラゴナイト【Aragonaite】



アラゴナイト【Aragonaite】
霰石(あられ石)
結晶系/斜方晶系(ときに擬六方晶をなす)
モース硬度/3.5〜4
産地/スペイン、オーストラリア、イギリス、メキシコ、チェコ、アメリカ、台湾

【特徴】

珊瑚や貝殻と同じく、炭酸カルシウムからできているパワーストーンで、カルサイトとほぼ同様の成分を持ちながら結晶構造が異なり、その違いによって霰状や珊瑚状に産出されるのがアラゴナイトです。

スペインのアラゴン地方で発見された為、アラゴナイトと名づけられました。
アラゴナイトは色々な色を持つ石ですが、色によるエネルギー性質の変化は比較的少ないようで、イエローに限らずブルーでもホワイトでも近い効果を期待することができます。

【効果】

おだやかな光を放つアラゴナイトは、別名「なごみ石」と呼ばれ、心身のリラックスに効果があります。
やわらかく暖かなエネルギーでハードな状況にあっても、集中力を高め、十分に能力を発揮できるように手助けをして、気持ちを前向きにしてくれます。
また、人との出会いを豊かにし、コミュニケーション能力を高めたり、友情や愛情を深めてくれる効果もあります。


○●○アラゴナイトのヒーリングパワー○●○

○集中力を高める
○自己能力の発揮
○前向きな行動へと導く
○原因への洞察力を与える
○困難に立ち向かう精神力
○魅力を引き出す
○存在感を高める
○集客力UP
○人気運UP
○出会いのチャンスを増やす

○●○アラゴナイトの浄化・お手入れ方法○●○
クラスター◎ セージ○ 日光浴◎ 月光浴◎ 流水◎ 塩◎


当たる占い東京神楽坂占いサロン占都(せんと)
http://sedona-uranai.com

Posted at 2010年11月24日 17時01分33秒

アレクサンドライト【Alexandrite】



アレクサンドライト【Alexandrite】
金緑石(きんりょく石)
結晶系/斜方晶系
モース硬度/8.5
産地/ロシア、インド、スリランカ、ブラジル、タンザニア、マダガスカルえ
誕生石/6月

【特徴】

一般には宝石として有名なパワーストーンです。
アレクサンドライトは、1830年、ロシア帝国ウラル山脈東側のトコワヤのエメラルド鉱山で発見されました。

鉱物名の金とベリルを意味する、ギリシャ語からきているクリソベリルという鉱物の一つで、金緑石(クリソベリル、BeAl2O4)の変種。
この非常に珍しい宝石が、ロシア帝国皇帝ニコライ1世に献上され、その日4月29日は皇太子アレクサンドル2世の12歳の誕生日だったため、アレキサンドライトという名前がつけられました。

アレキサンドライトの中には同時にシャトヤンシー(キャッツアイ効果)が現れる「アレクサンドライトキャッツアイ」と呼ばれる宝石もあり、良質の物は一級のダイヤモンドに匹敵する価格が付けられるが、産出自体が稀であるため非常に高価な宝石です。

【効果】

アレクサンドライトは太陽光線では青色に、人工光線では赤色に変化することから、青の癒しの力と赤の現実のパワーを、青の力(サファイア)と赤の力(ルビー)の2つの力を合わせもっているパワーストーンです。

陰と陽の2面性を併せ持ってるため、エネルギーが非常に強く、この石を持つことによってバランスを崩す人がいるかもしれませんが、最終的には必ず明るい未来へと導いてくれる石です

また、身につけることによって持ち主の才能や情熱を引き出す効果が強く、立ち振る舞いに気を配ることによって、さらに効果を高めることができます。


○●○アレクサンドライトのヒーリングパワー○●○

○冷静な思考力と判断力
○カリスマ性を与える
○勝利を呼ぶ石
○気品と美しさを高める
○情熱をよびおこす
○目標を貫徹する

○●○アレクサンドライトの浄化・お手入れ方法○●○

クラスター◎ セージ○ 日光浴× 月光浴◎ 流水◎ 塩◎


当たる占い東京神楽坂占いサロン占都(せんと)
http://sedona-uranai.com

Posted at 2010年11月24日 16時50分41秒

アンバー【Amber】



アンバー【Amber】
琥珀(こはく)
結晶系/非晶質
モース硬度/2〜2.5
産地/ロシア、イタリア、ドイツ、中国、バルト海沿岸、ドミニカ共和国など

【特徴】

アンバーは、松の木などの樹脂が固まって化石となったもので、今から数千年も昔の新生代第三期、あるいはそれ以前の時代に松柏科の針葉樹から滴った樹液が地層に埋もれ、長い年月をかけて化石化したものです。

普通は、美しい黄金色をしているが稀に、緑や青のものもあります。

厳密にいうと、鉱物ではありませんが、古くから富と健康の宝石として親しまれてきました。
熱すると独特の匂いを放つことからアラビア語で龍涎香(りゅうぜんこう:香料の一種、マッコウクジラの腸内から取れる蝋状の物質)指す「anber」が名前の由来です。

アンバーは、その内部に蝿や蚊が閉じ込めれれていたり、摩擦によって帯電する性質があるため古くから魔術的にも特別な力のある石だと信じられていました。

虫や植物が取り込まれて化石化したものがあるので、地質学や生物学の貴重な資料として注目されています。

【効果】

お守りとしての効果や健康への効果が高い、水晶に次ぐ万能のパワーストーン。
アンバーの明るく暖かいエネルギーには強いヒーリング力と浄化力があり、、心身を保護して生命力を高め、活力を与え、身体の不調や心の落ち込みを回復させ、心身にたまった毒素をデトックスしてくれます。

また、人間関係での食い違いを取り払い、円滑なコミュニケーションを助ける効果もあります。

中国では風水の四神獣「白虎」を象徴する宝石といわれていて、金運をアップさせ、交渉力を養ってくれる力を発揮します。


○●○アンバーのヒーリングパワー○●○

○エネルギーの活性化
○精神の安定
○生の喜びを高める
○自己肯定
○ストレスで弱っている人の癒し
○不快症状の軽減
○円滑な人間関係
○緊張緩和
○あがり症に
○金運
○本番、勝負に強くなる
○余計な力みを抜く

○●○アンバーの浄化・お手入れ方法○●○
熱や汗に非常に弱い石なので、汗がついたら、速やかに水で洗い、柔らかい布で拭いてください。

クラスター◎ セージ○ 日光浴× 月光浴◎ 流水△ 塩×


当たる占い東京神楽坂占いサロン占都(せんと)
http://sedona-uranai.com
 

Posted at 2010年11月14日 18時50分46秒

エメラルド【Emerald】



エメラルド【Emerald】

翠玉(すいぎょく)翠緑玉(すいりょくぎょく)
結晶系/六方晶系
モース硬度/7.5〜8
宝石言葉/不滅、清廉潔白、幸福な妻
産地/コロンビア、ブラジル、インド、オーストリア、ロシア、マダガスカル、南アフリカなど
誕生石/5月、6月(15世紀〜20世紀初頭)
55年目の結婚記念石

【特徴】

エメラルドはアクアマリンと同じくベリル(緑柱石)という鉱石に分類され、様々な色がありますが、なかでも色の濃い緑色のものをエメラルドとよんでいます。
宝石で宝石の女王と言われています。
また、その美しさと価値において古くからダイアモンドと双璧をなしていて、エメラルドは宝石の女王と言われています。

非常に歴史のある石で紀元前4000〜5000年の時代から宝石として扱われてきました。
宝石の世界には三大宝石、五大宝石、七大宝石という言い方がありますがエメラルドはダイアモンドとともにこれら全てに含まれています。

古代ギリシャやローマではスマラグドス(Smaragdos)と呼ばれていました。
エメラルドがヨーロッパに出回るようになったのはアメリカ大陸発見後にスペイン人がペルーのエメラルドを発見してからであり、それ以前にはヨーロッパには本物のエメラルドは少なかったといわれています。

自然の再生力を意味するエメラルドは古代ローマにおいて、庭園と耕作地の女神とされているヴィーナスに捧げれれていました。

また、エメラルドを舌の下に入れておくと未来を予知できたり、口に入れると出血を止め、首の周りにぶら下げると癲癇防ぐとも言われていました。

【効果】

生命と再生を象徴する石。
エメラルドは機知を鋭くし、富を与てくれる力が強いパワーストーンで、頭脳を明晰にし記憶や直観力を高めるので、クリエイティブな仕事の人には芸術的なひらめきを、学業中の人には成績アップを、人生の転機にある人には行動する力を与えてくれます。
古くから治療石として世界中で用いられており、高いヒーリング効果を得られます。
緑は目に優しい色と言われていますが、特に眼病の治療に重用され、目の輝きが増すともいわれています。


○●○エメラルドのヒーリングパワー○●○

○心身のヒーリング
○恋愛成就
○幸せな結婚
○視力の回復、眼の疲れ
○芸術的なひらめき
○人生の転機に、行動する力を与えてくれる
○頭脳を明晰にし、記憶力や直観力を高める
 

○●○エメラルドの浄化・お手入れ方法○●○
クラスター◎ セージ◎ 日光浴× 月光浴◎ 流水◎ 塩△


当たる占い東京神楽坂占いサロン占都(せんと)
http://sedona-uranai.com
 

Posted at 2010年11月13日 19時31分46秒

エンジェライト【Angelite】



エンジェライト【Angelite】
ストロンチウムを含む硬石膏(こうせっこう)
結晶系/斜方晶系
モース硬度/3〜3.5
産地/イギリス、エジプト、ドイツ、メキシコ、ペルーなど

【特徴】

エンジェライトは天使の羽根を連想させる形で採掘され、きらきらとしたシルク光沢と、こっくりとした空色の色合いを特徴とした、きわめて美しい石です。

その美しい青が天使を想像させることからギリシャ語の『Angelos』が名前の由来に
なっています。

エンジェライトはアンハイドライト(硬石膏)と呼ばれる鉱物の一種で、
セレスタイト(天青石)と非常に近いパワーストーンです。
共に柔らかい空のような青さを持つ石ですが、この発色原因はストロンチウムという成分によるものです。

古くから好天と豊作の石として信仰されており、おさない命をたいせつに育む石としても知られています。

【効果】

エンジェライトはとても優しいエネルギーを持ち、人生における大切なものに気づかせ、それらのものに対して広く愛の心を持つように導く石といわれています。

何気ない日々の中で見落としがちな大切なもの、家族であったり身近な人であったり、当たり前のように享受される豊かさであったり・・・、そんな中々気づきにくい身の回りの宝物の大切さに気づかせ、愛を持つことを教えてくれるパワーストーンなのです。

エンジェライトのもう一つ大きな特性は「許し」です。
他人も自分も許せない状態は潜在的な恐怖と不安を生みます。

自分自身の過去の過ちなどの拭いきれない思いや、他人に傷つけられその人を許せない心。
そんな傷ついた自分の心を癒し、自他共に許す力を与えてくれ、安らぎをもたらしてくれます。

エンジェライトは人を許す心を教える石であり、非常に深い癒しを人の心に与えてくれます。


○●○エンジェライトのヒーリングパワー○●○

○人生における大切なものに気づかせる
○人を許す心を教える
○水に流す
○自分自身を許す
○博愛の心
○愛の石
○癒しと安らぎ 

○●○エンジェライトの浄化・お手入れ方法○●○

非常に水の弱い石なので浄化の際には気をつけてください。

クラスター◎ セージ◎ 日光浴× 月光浴◎ 流水× 塩×


当たる占い東京神楽坂占いサロン占都(せんと)
http://sedona-uranai.com
 

Posted at 2010年11月11日 17時22分58秒

オニキス【Onyx】



オニキス【Onyx】
縞瑪瑙(しまめのう)
結晶系/潜晶質石英
モース硬度/7
宝石言葉/夫婦の愛、夫婦の幸福
産地/世界各国
誕生石/8月サードニクス、7月(15〜20世紀初頭)

【特徴】

オニキスと言う名はギリシャ語の爪(Onyxs)に由来しています。

オニキスはカルセドニー(玉髄)の一種で、アゲート(メノウ)と同種の宝石で、通常オニキスといえば、魔除けの石として用いられる黒メノウ(ブラックオニキス)を指しますが、精神的な弱さを取り除くホワイトオニキスや赤と白の縞目がはっきりしているサードオニキスなど、様々な種類のものが存在します。

中世ヨーロッパでは、獣み噛まれたときにオニキスを首に飾ることによって、オニキスのパワーで痛みを和らげ、恐怖と憂鬱を追い払っていました。

また、珊瑚と一緒に用いることで癇癪を抑える効果もあります。

ユダヤの伝承では人が無罪かどうかを判定する力があるとされ、インドでは首に飾ったオニキスは愛の熱狂を落ち着かせる力があるとされました。

【効果】

オニキスは、子供の夜遊び、怠け癖、ひきこもりなどで悩んでいる両親、夫や妻の浮気症、家庭内暴力で悩んでいる人など、家族や夫婦関係での悩みやトラブルを抱えている人につきまとっている悪霊や災いの元を徹底的に退治してくれる強力なパワーストーンです。

葬儀や墓参りなどの霊が憑きやすい場所に行くときにはお守りとして身につけましょう。

オニキスには外部からの悪影響をシャットアウトするので、他人に振り回されることのない意志の強さとエネルギーを与えてくれます。
そのため、、今まで抱えていた悩みが嘘のように消え去り、抱えていた問題が、スッキリと解決
されていきます。

部屋がいつも散らかっていて、整理整頓が苦手で、ずっと掃除の出来なかった人が、突然、部屋を片付けられるようになったり、何年も彼氏の出来なかった女性が、オニキスの指輪をつけた途端、数人の男性から誘いがあった(!)という実例もありあます。

○●○オニキスのヒーリングパワー○●○
○悪霊などから身を守る魔除け
○心身のバランス
○邪念や誘惑を祓う
○夫婦の幸福、安定
○意志の強化
○グラウディング
○周りに流されない
○忍耐力を強める

○●○オニキスの浄化・お手入れ方法○●○
クラスター◎ セージ◎ 日光浴○ 月光浴◎ 流水○ 塩○

当たる占い東京神楽坂占いサロン占都(せんと)
http://sedona-uranai.com
 

Posted at 2010年11月11日 15時15分48秒

オパール【Opal】



オパール【Opal】
蛋白石(たんぱくせき)
結晶系/非晶質
モース硬度/5.5〜6.5
宝石言葉/希望、無邪気、純粋
産地/オーストラリア、アメリカ、ブラジル、メキシコなど
誕生石/10月

【特徴】

オパールの語源はサンスクリット語で宝石を意味する『Upala』や、ギリシャ語で目を意味する『Opthlmus』など数説あり、和名の蛋白石はきらめかないオパールがゆで卵の白身の質感に似ていた事から名づけられました。

オパールは水中で微小な珪酸球が沈殿し、岩石の隙間などに密に蓄積して形成される石です。
水晶等と同じく、珪素をメインにする鉱物ですが、その成り立ちから、水分が多く、硬度も非常に柔らかい石です。

珪酸球の並びが規則的なものは、見る角度によって変化しながら虹色に輝く遊色効果を持ちます。そういったタイプのオパールをプレシャスオパールと呼びます。きらめかないタイプのものはコモンオパールと呼んで区別します。

プレシャス・オパールと呼ばれる種類は特に美しくひとつの石の中に見る角度によってさまざまな色にきらめくという特徴があり、このような色のことを遊色といっています。
また地色によってブラック・オパール(黒蛋白石、black opal)、ファイアー・オパール(火蛋
白石、fire opal)と区別されています。

地色が無色透明に近いと確認されたメキシコオパールは、ウォーターオパールと呼ばれ、極上のウォーターオパールは文字通り水滴のように透明感を持ち、特に斑の豊かな遊色効果のすぐれたものが珍重されています。

ヨーロッパでは古くから「眼の石(オプタルミオス)」と呼ばれ、眼病を治す魔力があり、
オパールの輝きの中に子供達の夢を映し出すという信仰もありました。


【効果】

オパールは数あるパワーストーンの中でも非常に明るいエネルギ―を持つ、幸運の石です。

現在もオパールには眼病を治す力があるとされ、オパールの持つ独特の光は自由なエネルギーを象徴します。

創造性を高め、内面の隠れた才能を引き出す力に優れる為、アーティストなどクリエイティブなことをしている方には特にオススメの石です。

オパールは人生の暗闇に希望をもたらすような明るさに満ちたパワーストーンであり、憂鬱を払い、何事にも囚われない柔軟さや人に左右されない自分自身の核を作ることを助けてくれます。

そして、今ある人生をより楽しむ為に必要な心の持ちかたを教えてくれる教師のような役割を
果たし、持ち主の固定概念を外し視野を広げる事で、新しい価値観を呼び込む為の助けとなり
ます。

さまざまな遊色を持つ美しいオパールは見ているだけでも楽しい事から憂鬱を追い払い、心臓や身体を元気づける力があります。

○●○オパールのヒーリングパワー○●○

○憂鬱を追い払う
○身体を元気付ける
○創造性を高める
○内面の才能を引き出す
○人生に喜びをもたらす
○幸運を呼び込む
○視野、価値観を広げる
○自由を象徴する

○●○オパールの浄化・お手入れ方法○●○
クラスター◎ セージ◎ 日光浴× 月光浴◎ 流水○ 塩×


当たる占い東京神楽坂占いサロン占都(せんと)
http://sedona-uranai.com
 

Posted at 2010年11月11日 14時06分54秒

前へ |  1  2  3  | 次へ