メインメニュー
Luiのスピリチュアル日記

ルイのひとりごと ヤモリの恩返し?

みなさんお久しぶりです。

8月、9月と非常に忙しく、遅れながらも12星座占いはアップしていましたが、ブログの
ほうが全然更新できず、おまけに10月に入って、急に四十度を超える熱をだしてしまい、
今週、水曜日、木曜日と臨時休業という形になってしまし、申し訳ございませんでした。

本日は久々のブログの更新ですが、ウォーミングアップもかねて、わたしルイが日々感じていることをつづっていきたいと思います。

最近10月の初めになって、やっと秋らしくなってきました。

今日なんかは9月の暑さが嘘のような肌寒い日だと思います。

以前ブログに書きましたが、わたしルイは吉祥寺の井の頭公園のすぐ近くに住んでいます。

毎朝、駅までの通勤で井の頭公園を通るのですが、公園の中を歩いていると季節の移り変わりを実感できます。


この写真は帰宅の最中に井の頭公園で捕まえたカブト虫(♀)の写真です。
このカブト虫は公園の道路をテクテクと歩いていたので、自転車に踏まれたり、子供に捕まらないように公園の奥にある森に逃がしましたが、このカブト虫をつかまえたのはほんの2週間前のこと、9月の終わりはまだ暑かったんですね。

ちなみにわたしはなぜか、昆虫に縁があるらしく、吉祥寺に越してきて4年目ですが、この間に捕まえたカブト虫は♀3匹、♂1匹 幼虫2匹(このうち1匹はベランダで捕まえました)クワガタ虫♀2匹、♂2匹、カナブンにいたっては数え切れないぐらしと、別に早起きして
捕まえにいったりしているわけではないのに普通に生活していて捕まえたもので、普通に公園を散歩していて見つけたり、わたしの身体にとまってくるのです。
(東京なのにこれだけの数のカブト、クワガタ虫、カナブンに出会えるのは正直嬉しいです)

7歳の甥っ子がいるので、初めはプレゼントしようかと思いましたが、自然は自然のままが良いと思い、全て逃がしてあげました。

そのほかだと、ベランダに出しているベンジャミンにカマキリがすみついて、2ヶ月後に卵を産んで去っていったり、最近だと鈴虫が窓から入ってきて、観葉植物のところに住み着き、夜はいい音色で鳴いてくれていたりするんです。


この写真は先週撮ったもので、昆虫ではなくヤモリの写真です。
このヤモリ、どうやらうちのマンションに住んでいるらしく、時々見かけるので、記念に
撮っておいたもの。 

ヤモリは家守というように、住み着いた家を守ってくれると言われ、ヨーロッパでは幸運の
シンボルです。

ここからはウンチクですが、ヤモリはとっても愛情深い生き物で、つがいのやもりに対して
夫婦愛があるといわれています。

これは実話なのですが、うちの母が子供のころ二匹のヤモリが家の中に住んでいて、その二匹はいつも仲良くしていました。

ある日、家を改装することになり、家を改装すると一匹のヤモリは家の中で見かけるのですが、もう一匹が見当たらず、うちの祖父と母は不思議に思っていたそうです。

それから7年がたち、改装した壁の一部がはがれ落ちそうだったので、修理しようと壁をはがすと、なんとそこには釘で打ちつけられて動けなくなったヤモリと、そのヤモリに口移しで餌をあげているもう一匹のヤモリがいたのです!!

どうやら、家を改装したときに大工さんが気づかずに釘を打ってしまったところ、やもりが挟まれてしまったらしいのですが、そのヤモリは7年間ずっと身動き出来ないまま生きていて、
もう一匹のヤモリが毎日、毎日、餌を運んでいたのです!!

それをみて、感動した祖父と母はすぐにヤモリを動けるようにしてあげて、誤って釘を打ってしまったことをヤモリに謝り、ずっとこの家を守っていてくれたことに感謝したそうです。

その後、自由になった二匹のヤモリは長生きして、うちの家族に良くなついていたそうです。
(ちなみに3歳くらいのころにこのヤモリと遊んだ記憶があります)

不思議な話しですが、本当の話で、そんなこともあったので、わたしはヤモリがかわいくて
しかたないし、自分のマンションにヤモリがいるのが、縁起物だから、幸運のシンボルだから
って理由ではなく、正直嬉しいんです!!

なんだか良くわからないブログでしたが、これからも『ルイのスピリチュアル日記』を
よろしくお願いいたします。

Providence Lui

当たる占いの店東京神楽坂占い処大神(おおかみ)
http://sedona-uranai.com

Posted at 2011年10月08日 16時46分52秒

金運の秘密 1

運が良くなる秘密の法則


今回は皆さんが特に気になる金運をあげるためにはどうすれば良いのか?
ということについて説明していきたいと思います!!

まず、金運をつける前に、金運がない状態がどのようなものか説明していきたいと思います。

金運がない状態というのは・・・・・

,金の気の流れがないこと。
△金が入ってくる以上にお金が出て行く流れがあること。
お金が出る流れを作っていること。
ぜ分に金運がないと思い込んでいること。


などがあげられます。

ではどうすれば金運を上げる事が出来るのかというと、これと逆のことをすれば良いのです!

まずは、お金が入る気の流れを作ります。
そして、お金の出口を無くすことにより、今までとは違うお金の入る流れができ、自然とお金
が入ってくるようになるのです!!


では具体的にどのようなことに注意すれば良いか、典型的に金運に見放されるパターンを紹介
していきたいと思います。


^造いらと言う理由だけで必要の無い物を買う人。(バーゲンなど)
▲ードローンなどの分割で買い物をする人。
先の収入を当てにして、買い物をする人。
ぜ擽發鬚かえ、その返済のために更に借金をする人。
イ金のありがたみや価値が分からない人。
Ε屮薀鵐瓢峺で身の丈に合わない買い物をする人。
(収入の範囲内で計画的に買う人は例外)
夢ばかりを追い、働かない人。
宝くじやギャンブル等で努力せずに一攫千金を考える人。
公共料金の支払い等を先送りにし、支払う必要のあるものが貯まっている。
借金を踏み倒す人。(連帯保証人や闇金などの不当な借金は別)
買い物をするときに、すぐに値切ろうとする人。


皆さん、この文章を見てどう思いましたか?

「こんなことをしていれば金運なんて無くなるよ」と、当たり前の事だとお思いかも
知れませんが、わたしのところに「金運がない、どうすれば金運があがるのか?」と相談に
来る人は、これのほぼ全てが当てはまっている事が多いです。

逆に普通の人でも ↓◆↓、番に当てはまってしまうことが多いと思いますので、金運を下げないためにも気を付けてください。

またト屬両豺腓録А垢淵院璽垢考えられますが、「お金があると不幸になる」とか
「お金はトラブルの原因」「幸せはお金じゃ買えない」とお金を嫌う人も要注意です!!

そして番の行動は買い物をしたときに、一見得をしたように感じますが、物の価値に対して
正当な対価を払わない人というのは、逆に「正当な対価を払われない」人であり、お金はそういう人を嫌って、金運はがた落ちです!!

最悪なのは番、この行動は最もお金に嫌われる行為で、正当な理由が無い限りは、借金は
きちんと返すべきです。
気をつけて欲しいのは、身内や友人から「ちょっと持ち合わせが足りなくて・・・」と小額
のお金を借りて、借りたことを忘れてしまうケース。
どんなに小額な金額でも、思い出したらすぐに返すようにしてください。

今回は金運についての基本的な話しですが、これから、金運アップの色々な方法などを、
皆さんに伝えていきたいと思います。

2009.09.20 Providence Lui

当たる占いの店東京神楽坂占い処大神(おおかみ)
http://sedona-uranai.com

Posted at 2011年09月23日 16時09分24秒

世界線

「世界線」という言葉を知っていますか?

「世界線」は一般相対性理論や特殊相対性理論で用いられる物理用語。

物理用語としては「四次元時空の中である粒子が動く経路」を指す言葉で、広義では
平行世界(パラレルワールド)の考え方としてよく用いられる言葉です。

「世界線=平行世界」と言う考え方を初めに提唱したのは10年ほど前、

アメリカの某提示版で話題になった、自称、未来からきたタイムトラベラー「ジョンタイター」
という人物。

彼が語るところによると、自分のいた2036年では、宇宙は基本的にいくつもの平行世界が

連なっており、それを「世界線」と呼んでいる。

この世界は「世界線」と呼ばれる時間軸と平行な無数の世界(α世界線とβ世界線)があり、

人間は何らかの手段を用いることによって平行世界(α世界線からβ世界線)に

移動ができる。

「世界線」は無限に存在するが、現時の自分がいる世界線は一つだけ、

α世界線とβ世界線が2つ同時に存在することはない。
(同時に存在できないだけであって、存在はしている。正確にいうと存在していても、自分では違う世界線を認識できない)

世界線を移動した場合、α世界線と別のβ世界線が2つ同時に存在することはないので、

α世界線の過去未来が別のβ世界線の過去未来に再構築される。

ジョンタイターが本物の未来人かどうかは別として、この「世界線」の定義には、心惹かれる

物があります。

「世界線」は可能性の数だけ存在し、自分がAを選ぶかBを選ぶかと言った

場合に、「世界線」は分岐します。

Aという選択肢を選んだ結果、現在の自分がいるα世界線。

そして、AではなくBを選んでいた場合に存在するβ世界線。

人生に置いて人が選択肢を突きつけられた瞬間、世界線は無数に枝分かれし、自分の選択

によって、自分のいる「世界線」が確定します。

もし、ジョンタイターが言うように、世界には、可能性の数だけ無数の異なる「世界線」が存在

しているのであれば、自分が気がつかないだけで、人生に置いて重要な選択肢をせまれた

時に、実際とは違う選択肢を選らび、いまの自分がいる世界とは、全く異なった結果の世界が存在すると言うことなのです。

例えば、

もし、あのとき、恋人と別れていなかったら。

もし、あのとき、違う仕事を選んでいたら。

もし、もう一度、あのときの選択を選びなおせるのであれば・・・


可能性の数だけ「世界線」が存在し、後悔の数だけ「世界線」が存在するのです。

人生に「もし」はなく、過去に自分の選んだ選択肢をやりなおすことはできません。

時々「もしあのとき、こうしていたら」と、違う「世界線」で違う人生を送っている自分を想像

し、不思議な気持ちになります。

今いる「世界線」を創ったのは自分の選択で、その選択が正しいかどうか、わたしには

解りませんが、後悔せず自分の人生を精一杯生きていきたいと思っています。

Providence Lui

当たる占いの店東京神楽坂占い処大神(おおかみ)
http://sedona-uranai.com

Posted at 2011年07月14日 19時46分27秒

感情に流されないこと

人間はそのときの感情によって、今の状況が良くも悪くもなります。

そのことをとても解りやすく説明している話しを今日は紹介したいと思います。

ある侍が特の高い僧侶に教えを求めた。

「お坊様、天国と地獄は本当にあるんでしょうか?」

僧侶はその話を聞いて、馬鹿にしたように笑った。

「天国と地獄のことを知りたい? 愚か者め!! お前のように容姿が醜く、学もない、

 人を斬るしか脳のない罪深き、侍風情が偉そうなことを。

 お前のような愚か者にまともに答える正気な師がいると思うのか? 

 仏ですらもお前のような人間は見捨てるわっ! そんなこと考えず、
 
 くだらない剣術の練習でも続けてろ」

そう言うと僧侶は侍に背を向けて、彼を無視した。

理不尽なことを言われた侍は、立腹し、顔を真っ赤に息を荒げて、抜刀し、今にも僧侶の

首を斬りつけようとした。 

刀が振り下ろされる寸前、僧侶は静かに振り返り、穏やかな顔でこう言った・・・


「お侍さま、それが地獄です」

侍はたじろぎ、その教えの深さに気がついた。彼は己のプライドと怒り

によって、自分自身の中に、地獄を創りだしてしまったことを理解した。

彼はすぐさま僧侶の足元にひれ伏して、謙虚な姿勢で敬意を示した。

僧侶は侍を見下ろすと、彼の頭をあげさせて、静かにこう言った。


「お侍様、それが天国です」

・・・・・・

感情は、人を天国に導くこともあれば、地獄に突き落とすこともある。

自分を救うことも、溺れさせることもある。

愛の溢れる環境か、憎しみに満ちた環境か。どちらの環境を選ぶかの選択肢は

あなたの中にあります。

感情という純粋なエネルギーをどちらに向けるか、どう使うかだけの違いなのです。

わたしは嫌なこと、つらいことがあっても、その中にある「良いこと」に目をむけるように

しています。

100個のうち99個が否定的な要素だったとしても、たったひとつ肯定的な要素があるの

であれば、そのたったひとつの善をつかまえ、祝福し、断固そこにしがみつき、感謝します!

今日の東京の空はどんより雲に覆われていますが、そんな天気でも恵みの雨に感謝して

心の中は、天国です(笑)

これからもしっかりと、向き合う人、仕事を楽しんでいきたいと思っています。


Providence Lui

当たる占いの店東京神楽坂占い処大神(おおかみ)
http://sedona-uranai.com

Posted at 2011年07月08日 19時30分38秒

正負の法則と鏡の法則

前回、「正負の法則」について書きましたが、「正負の法則」は「良いこと」と「悪いこと」

は同じ数だけ訪れて、そのどちらにも意味があり、「良いこと」が起こっても天狗にならず、

「悪いこと」が起こってもそれを糧にすることによって、今の状態が多すぎる(良すぎる)わけ

でも、足りない(悪すぎる)わけでもないことに気付き、自分自身のそのままの状態が

自然な状態であり、完璧な状態であると理解することによって人生の全てのバランスがとれる。

完璧な状態とはバランスがとれていて、完全な「愛」である。

という、考えからなりたっているのですが、今現状でつらい状況にあるひとや、

逆に人生で何かに向けて前向きに頑張っているひと、もしくは何にも興味をもてず

人生に対して無気力になっているときなどには、この話を聞いてもぴんとこないかも

しれません。

わたし自身、つらいことがあったり、人にひどいことをされたときは、心をかき乱され

「やってられるか!!」

と思ったりもします。

ただ、そこで投げやりになるのではなく、気持ちが落ち着き始めたら

「この件は自分にとってどんな意味があるのだろう?」

「理不尽なことをされたけど、彼はなぜそんなことをしたのだろう?」

「嫌いだと思っているひとと、同じような特徴が自分の中にあるのかもしれない?」


と考えると、全てのことに意味があるのだと考えられるようになりました。

「正負の法則」とはまた違った「鏡の法則」というものもあります。

「鏡の法則」では、世界は自分を映し出す鏡だと言います。

自分の周りに不愉快なことが起きたり、逆に幸運が続いたりするのは

その人の思考、感情、想い、行動の全てが鏡に映し出されて

自分の周りはその通りになっていくということ。

鏡の前に立って、鏡に映る自分の顔が気にいらないからと、

鏡に文句を言っても鏡に映る自分の顔はますます、醜くなるだけです。


でも、鏡の前にいる自分が「にこっ」と笑えば、鏡に映るあなたの姿は美しいものになります。

「正負の法則」では、「良いこと」も「悪いこと」も平等に訪れると言います。

でも、そもそも「良いこと」と「悪いこと」との違いは何ですか?

お金はあるけど、みんなに嫌われている人生。

みんなに愛されているけど、貧乏な人生。

極端なはなしかも知れませんが、自分が満足しているのだったらどっちでも良いのです。

世間的に「嫌なこと」「つらいこと」ばかりが自分の周りに起こったとしても、

自分がその揺さぶりに気にせずいられたら、鏡の前で笑っていられたら・・・・

世界を移す鏡は、笑顔のあなたを反映するように、あなたの周りの世界を美しいものに

変えて行きます!!

「正負の法則」で起こる「良い事」も「悪いこと」も全て、必然として受け止めて、

世界を映す鏡に、バランスのとれた「愛」である自分自身の姿を映しだせば

あなたの世界は、完全にバランスのとれた、愛があふれる世界に変わっていくのです!!

わたし自身、このことを強く心にとめ、「嫌なこと」「つらいこと」が起きても

そのことにひっぱられず、世界を映す鏡の前で、凛とした態度と笑顔を心がけています。

少しづつですが、わたしの周りの世界は喜びの満ちた、美しい世界に変わってきたと

思います。

Providence Lui

当たる占いの店東京神楽坂占い処大神(おおかみ)
http://sedona-uranai.com

Posted at 2011年07月06日 20時20分04秒

正負の法則

みなさん「正負の法則」の法則というのをご存知ですか?

簡単に説明すると自分に起こることは「良いこと」も「悪いこと」

も同じ数だけ訪れて、

良い事だけが続いたり、悪いことだけが続くことはありえない。

元々、人間というのは、長所も欠点も含めて完璧な状態。

そして、ぱっと見自分にとって「悪いこと」と思える中にも自分にとって

必要なことが含まれていて、それに自分が気付けるかどうか? 

そして「良いこと」と「悪いこと」のバランスがとれることによって、

損得勘定や利害関係、ちょっとした成功をおさめ天狗になっている状態や、

落ち込んでいて何も出来ないという状態から開放されバランスのとれた人間

になれるという法則です。

だからといって、自分の欠点を放置しても良いという訳ではないのですが、

自分を責めすぎたり、他人や環境のせいで自分は不幸だと思わず、どんなことも自分を

成長させる糧として捕らえ進んで行くということだと思います。

正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる ドクター・ジョン・F・ディマティーニ 訳 本田健 

わたし自身、今回の東日本大震災や、今後のお店の経営のこと、

その他にもたくさんの試練とも言うべき状況の中で、どうして良いか分からず、

悩んだり、苦しんだり、自分を責めたり、他人や環境のせいにしてきましたが、

この本を読んだからというだけではなく、実体験の中で、今の自分の現状を見つめ直し

占いにきてくださったお客様にいつも言う言葉

「今のあなたが先の見えない迷路にいたとしても。明けない夜はありません。
 苦労を苦労のままにするか、努力という経験にするのかは貴方次第です!」


という言葉が、自分自身もそうなのだということを改めて実感しました。

7月に入り、電力の制限や、いまだ解決を見ない原発の行方、放射能の恐怖など

日本にとって大変なことはしばらく続きます。

それでも、日本という国レベルでみても、地震の影響を受けた様々な人たち、

個人レベルでみても、この試練を乗り越えて、必ず訪れた試練以上のものを手にして、

本当にバランスのとれた素晴らしい結果を手にすることができるとわたしは信じています!!

Providence Lui

当たる占いの店東京神楽坂占い処大神(おおかみ)
http://sedona-uranai.com

Posted at 2011年07月03日 13時47分12秒

平和への祈りをこめて



今日は満月ではないのですが、月の輪がはっきりと見える美しい月です。

このブログを見ている皆さん、是非この月に向かって、今回の震災で被害を受けた人たち、原発復旧をがんばっている人たちのことを思って、祈ってください。

祈りは力になります!!

私も強く祈りました。

平和への強い想いを祈ってくだい!!

お願いします!!

Providence Lui

当たる占いの店東京神楽坂占い処大神(おおかみ)
http://sedona-uranai.com

Posted at 2011年03月18日 17時30分24秒

仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護

前回は森美術館の小谷元彦 幽玄の知覚を見に行ったことを書きました。

今回は現代アートから180度方向転換して、現代日本画壇の最高峰である平山郁夫氏の展示東京国立博物館 仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護に行ってきました!!

平山郁夫氏は東山魁夷氏に次いで、僕が好きなアーティストです!!
お二人とも残念ながら故人ですが、お二人の残した作品は未来永劫これからも様々な人の目に触れ、その人たちに感動を与えていくのだと思います。


「アンコールワットの月」 平成五年

平山郁夫氏は、日本画家として作画に励む一方「文化財赤十字」を提唱し、公私にわたって150回以上も世界各地の遺跡を訪問し、取材や文化財保護活動を展開してきました。
北朝鮮高句麗古墳群の世界遺産登録をはじめ、アンコール遺跡や敦煌石窟の保護活動、南京城壁の修復事業、バーミヤン大仏の保護活動などを通して、国際間の友好親善と平和運動に多大な貢献をなし、世界的にもきわめて高い評価を受けている人物です。

平山郁夫氏は学生の頃、米軍による広島市原爆投下により被爆、東京芸術大学で助手を務めていた1959年ごろ、原爆後遺症(白血球減少)で一時は死も覚悟したなかで描きあげた作品『仏教伝来』が院展に入選し画家としての道を歩むことになりました。

広島での被爆体験が「文化財赤十字」活動などの原点になっていて、彼の中で戦争という行為を「愚かなこと」と定義し、原爆後遺症という苦しみに耐えながら「文化財赤十字」などの活動や「平和への祈り」をこめた氏の作品群は、私に強烈な感動を与えてくれます。

今回の東京国立博物館 仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護は平山郁夫氏の文化財保護に関わる偉大な活動を顕彰し、その業績をとおして文化財保護の重要性や課題などを改めて広く伝えるためのものだそうです。

この展示においての目玉が薬師寺玄奘三蔵院に奉納された畢生の大作・大唐西域壁画の全点展示なのですが、今回の展示のテーマが平山郁夫と文化財保護なので、平山郁夫氏の作品よりも
平山郁夫氏が保護した文化財の展示がメインになっています。

わたしは十分満足したのですが、帰り際にすれ違ったおばさんの団体は・・・

「海外の文化なんか保護しないで、日本のことやればいいのに」

「壁画とか仏像ばっかりで、平山郁夫の絵が全然ないじゃない」

「今回の展示は騙されたわ」

と、言っていました。

この人達は今回の展示の意義をわかっているのだろうか?

たしかに平山氏には色々な批判があり、たしかに僕も「それはどうなのか?」と思うところは
いっぱいあります。

しかし、今回の展示を見て、すぐにそんな意見がでるとは・・・

正直「こんなおばさんたちにアートを語る資格はない」と思ったし、なんだか悲しくなったけど

人の意見はそれぞれちがいますから・・・

東京国立博物館 仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護は、明後日、6日の日曜日までやっています。

金曜日の今日は夜の八時までやっているので、興味のあるかたは是非見に行ってみてください。

Providence Lui

当たる占いの店東京神楽坂占い処大神(おおかみ)
http://sedona-uranai.com

Posted at 2011年02月27日 00時34分27秒

ルイのひとりごと 小谷元彦 幽玄の知覚

2月も終わりに近づき、そろそろ春の気配ですね!!

今年は年明けからノロウイルスにかかったりと大変で、休日も家の掃除や病院に行ったりと中々
休みを満喫できませんでした。

そんななか3月で終わってしまう展示が2個あったので、月曜日と火曜日で二つの美術館に行ってきました。

まず一つ目は、森美術館で2011年2月27日(日)まで開催されている彫刻家、小谷元彦の全貌を見渡せる展覧会「幽体の知覚」今回はこの展示についての感想を書き綴りたいと思います。

以前ブログにも書きましたが、私はアートの中では日本画が一番好きです。

彫刻の場合だと、高村光雲さん(上野公園の西郷さんの像の作者で有名)や北村西望さん(長崎平和祈念像の作者で有名)の作品が好きで、家から近いこともあり、余談ですが井の頭恩賜公園の敷地内にある北村西望彫刻館には良く行きます。

日本画などの伝統的な古典のアートは、どの作品にも「魂」を感じることができ、どんな作品も「生きている」と感じます。
好き嫌いの問題かもしれませんが、現代アートに関しては、私の中であたりはずれが多く、ただ単に「奇をてらってもの」だったり、商業向けで「生命を感じないもの」だったり、作者のただの「自己満足」だったりとすることが多いのです。

今回見に行った小谷氏の作品群は、実は生で見るのは初めてで、自分の中で「あたりかはずれか?」を楽しみにしていました。

展覧会サブタイトルの「幽体」とはファントムと置き換えられているが、ここで小谷の言うファントムとは・・・

1.不可視なるもの 感覚領域 目には見えないけれど存在しているもの
2.怪人、異物、変異体
3.脳化 デジタル環境により身体と脳のバランスが崩れ遊離していく現象。感覚器官の分断麻痺。
4.自分自身にとって認めたくない私 自分の中の他者性 絶対他者
 

と、要約するとこんな感じ。

そして、小谷本人へのインタビューによると

「彫刻は不可能性のあるメディアで、魂を込めるということもでき、生命体に近いものもできるかもしれないが、恐らくそこには到達しない。生命体までは作れないが、逆にそれが面白い。」

とも語っています。

「ファントム・リム」1997年
”ファントム・リム”とは、幻影肢のこと。
少女の掌に握りつぶされたラズベリーのようなものが、血まみれの内臓のようにも見える。

展覧会はこの少女の写真から始まる。正直この時点では、わたしには小谷元彦の作品の良し悪しはまだわからない。

「エレクトロ(バンビ)」2003年
かわいらしい鹿の剥製だが、その四肢には拘束具のようなものが着けられている。エレクトロというタイトルからすると、鹿はサイボーグ化されてしまったのか。

この作品を見たとき、気持ちが悪くなったというよりも「命の冒涜」と感じ、悲しい気持ちと、怒りがこみ上げてきた。

「インフェルノ」2008-10年
鏡張りの床と天井の間を繋ぐ壁に映し出された、滝のような映像が上下無限に続く。
内部に入ると、幻想的な光景に一瞬くらっとする。

この作品はアトラクションのような「体験型のアート」ですが、正直この作品は気に入り、幻想的なこの作品の中に30分近くいました(笑)


「ラッフル」2009-10年
一見、木で出来た巨大なプロペラのようなスカートを身にまっとった女性。
波間に浮かぶ「ラッフル」の中心には一人の少女が埋め込まれたように固定されています。
これは拷問の器具。大海原に一人取り残された、乙女はこの事態をどうすることもできず、海水に浸かった下半身は次第に冷えいき、精神は破綻していく。

この作品をみた感想は、「美しい」と感じたことと「怖い」と感じたことです。
何も出来ずに、壮大な大海原に一人浮かぶ少女の姿は美しくありますが、この状況を冷静に考えると正直、物凄く怖くなります。

「ザ・スペクター――全ての人の脳内で徘徊するもの」2009年
馬に乗った武者の亡霊のような像。元々、明治期まで日本には「木彫」などの「伝統工芸」という形の物しかなく、西洋から入ってきた「彫刻」という分野は、公園や美術館で見かけるこうした騎馬像や、偉人を模った近代具象彫刻全てを「死んでいるのに生きているようなものだ」と小谷氏は言い放ちます。
本作はそんなゾンビのような存在たちを成仏させたかった、とのことですが、この一言には頭にきました。ゾンビ武者のようなこの像自体嫌いではないですが、この作品実は、彫刻の大家高村光雲先生の作品、皇居外苑にたつ楠公像をゾンビとして表現したものだそうです!!

居外苑にたつ楠公像
高村光雲は廃仏毀釈運動の影響で衰退しかけていた木彫を復活させるため、積極的に西洋美術を学び、写実主義を取り入れることで木彫を復活させ、江戸時代までの木彫技術の伝統を近代につなげる重要な役割を果たした、偉大な功績をもつ人物。
言ってはなんだが、何を勘違いしているのか小谷氏ごときが「成仏」させられる「作品」ではない。高村光雲の残してきた偉業について「死んでいるのに生きているようなものだ」と発言するのは正直、小谷氏の人格を疑ってしまう。

「ホロウシリーズ」 2010年
まぶしいくらい真っ白な空間のあちこちに浮遊しているのは「ホロウ」シリーズの作品たち。人体や物体そのものからは重力が失われ、オーラやエネルギーが体から放出する様を可視化した彫刻群。

やっと、普通に評価できる作品。わたしの私見ですが「ホロウシリーズ」の作品をCGのキャラクターにして、プレステ3あたりで、ファンタジーアドベンチャーゲームの名作「ミスト」のようなゲームを作れば(開発はセガの「夢見館の物語」もしくはアトラスの「女神転生」スタッフによる製作を希望)売れるんじゃないのか?というのが率直な感想。

「Rompers」2003年
「異形の生物が遊ぶ森には、無邪気さのウラに不気味さが潜んでいる」というコンセプトの元、作られた映像作品。一見楽しい幼児番組にも思える作品だが、見ているうちに映像にこめられた毒に気付く。映像の中にはいたる所に「摂食」「排出」「性的なもの」と生物が生きていくうえで必要なことがちりばめられている。少女はカメレオンに似た長い舌を素早く伸ばして虫を捕る。少女の眉は奇妙に突き出し、体に異物を埋め込む「インプラント」を連想させる。枝には女性器を思わせる膨らみがあり、液体が滴り落ちる。地面では背中に人間の耳を持つカエルの群れが、リズミカルに跳ね回る。明るい光に満ち、親近感も抱かせた世界は、実は不気味な異形たちが息づく異界だということを気付かさせる。

何かに洗脳されるような感覚。異形の女の子が口ずさむ歌が頭に染み付いて離れなくなる。
現にわたしはこの作品を5回ほど繰り返して見てしまった。

以上が今回の展示の主な作品ですが、この展示に対する率直な感想を述べると「このタイミングで見に来て良かったな」ということです。

アートというものは、良くも悪くも心に衝撃を与えるもの。作品を見て嫌悪感を抱いたり、気分が悪くなったとしても、それはそれで心に衝撃を与えるという意味で、見る価値があるのだと思う。

小谷氏の作品に対するわたしの感想は・・・

「嫌悪感や怒りを覚えるもの」

「怖いながらも、興味を惹かれるもの」

「痛みという現実を生々しく表現し、その中に美しさを感じさせる何かがあるもの」


といった感じです。

そう感じとれたのは、今現在の自分の心境も大きいと思う。

もし、この展示を落ち込んでいるときに見に来ていたら自分はどう感じただろうとも思いました。

作品に対する嫌悪感や拒絶心だけが強く印象に残り「世界は醜く、痛みに満ち溢れている」と落ち込んでしまうのだろうか?とか・・・

今回の展示を見終わった後、私が一番強く感じた感想は・・・

「この人のアートとしての表現方法は斬新。けど作品に魂を感じられない」

ということ、そして純粋に

「この人、純粋なアートじゃなくて、なんで商業アートに路線変えないんだろう」

と思いました。

色々、私見を述べましたが、今回の展示は楽しかったし、良い意味での刺激を受けることができました。小谷元彦 幽玄の知覚は今度の日曜日まで、六本木の森美術館で開催しています。夜遅くまでやっているので興味のある方は見に行ってはいかがですか?



当たる占い東京神楽坂占いサロン占都(せんと)
http://sedona-uranai.com

Posted at 2011年02月25日 00時50分38秒

どんどん運が良くなる直感の秘密!

「楽しいな」「わくわくする!」「なんかイヤだな・・・」

「ちょっと無理かも?」

訳もなく急に、うきうきしたり、落ち込んだりすることってありませんか?

それは心の声で、それが直感です。

心の声に耳を傾けて、直感にしたがって行動するとこんなことがあります。

特に理由もないけれど

「今日は予定を変更してこっちのお店に行ってみようかな」

「いつもと違う帰り道を通って帰ろう」

「久しぶりに、あの人に連絡してみよう」

という心の声に従ってみたら

立ちよったお店で欲しかった洋服を見つけ半額で買えた

道で偶然の昔の友人と再会した

連絡をしたひとが新しい仕事のチャンスをくれた


など不思議なことが起こったりします。

また反対に

嫌な予感がしたのでいつもより早めに家を出て出勤してみると、その後いつも乗る電車が事故で止まってしまい、いつも通りの時間に家をでていたら遅刻していたといったこともあります。

このように直感にしたがって行動していると良いことが起こったり、悪いことから身を守ってくれたりもします。

直感は人間に本来そなわっている力の一つで、直感を信じれば信じるほど力は強くなっていきます。

でも、現代は思考を重視する社会。
思考は合理性を求め、一つ一つの行動に対してメリット、デメリットを考えて、リスクを最小限に抑え、なるべく無駄な行動をするのをさけようとします。

ですから、直感にしたがって行動するということは、勇気のいることだし、難しいことかも知れません。

直感に従って何かをひらめいたとき、すぐに行動に移そうとしても思考がそれを邪魔したりします。

例えば・・・

「よく考えてみると、今はお金がないし無理だろうな・・・」

「よく考えたら、私にはまだ早すぎる・・・」

「相手の気持ちを考えたら一人よがりかもしれない」

そういった、色々な理由を頭の中で巡らせて折角やってきた直感を無視したり拒否してしまったりします。

もしくは、ひらめいたことが、直感なのか?それともただの思いすごしなのか?
と悩んだりもします。

そんな時は、自分がどんな気持ちになっているのか?感情の動きを観察してください。

心がワクワクして楽しいと感じるのであれば、心の声は正しく、直感に従ってすぐに行動に移してください。

どうしてもひっかかったり、気乗りしないのであれば、ひらめいたことをよく考え、それが本当に正しいことなのかを、もう一度自分の心に確かめてください。

直感に従って行動していくと、良いことが連鎖的に起こってきます。

何かを始めるときにメリット、デメリットを考え、用心深く計画を建て、全ての準備を完璧にしてから行動する人には

直感に従ってすぐに行動に移す

ということが難しいかもしれません。

頭で色々考えてから行動すると、リスクを最小限に抑えようとするため、大きな失敗はせず、それはそれで無難な結果に収まります。

しかし、慎重すぎてチャンスを逃してしまったり、大きく飛躍する事が少なく、自分で考えた 範囲の小さい結果に終わることも多いです。

直感はあなたを導く

魂のメッセージ

決してあなたを裏切るようなことはしません。

小さなことでも構わないので、今日から心の声に耳を傾けてください。

きっと、あなたの運勢がとんどん良くなっていきますよ!!

2011.02.19 Providence Lui

当たる占いの店東京神楽坂占い処大神(おおかみ)
http://sedona-uranai.com

Posted at 2011年02月19日 16時10分30秒

前へ |  1  2  3  4  5  | 次へ