メインメニュー
大神鑑定メニュー

Luiの占い講座 マルセイユタロット


マルセイユタロットとは
ここでは、「そもそも占いとは何か?」と、疑問を持っているに方たちに、よく知られている普通のタロットを使う占いと、マルセイユタロットを使った占いを比較してマルセイユタロットの説明をしていきたいと思います。

◆タロット占いの特性
タロットには様々な占いがあって、もっとも人気のあるのが「ケルト十字占い」どちらにしようか迷った時に重宝する「二者択一法」初心者でも気軽くできる「ホースシュースプレッド」
等色々な種類が存在します。
これらの占い方は決められた位置に決められた枚数のカードを展開し、それにそった解釈をしていきます。
「ケルト十字占い」でいくとこんな感じです。
〔簑蠅遼楴繊兵遡篌圓慮什澆両況)
¬簑蠅両祿押兵遡篌圓両祿欧箸覆襪發痢
L槁検兵遡篌圓量槁検顕在的な願望)
ぬ簑蠅虜底(質問者の潜在的な願望)
ゲ甬遏兵遡篌圓硫甬遒両況)
μね茵兵遡篌圓量ね茲両況)
Ъ遡篌埃身(質問者の本当の気持ち)
┫超(質問者の置かれている環境)
無意識の希望と恐怖(質問者が無意識に感じている希望と恐れている事柄)
最終的の結果(この問題の行方、最終的にどうなるか?)


といったものです。一見、質問者の悩みを細かく暗示され、わかりやすそうですが
これらの占い方にはある重大な欠点があります・・・
それは「一度めくったカードは動かせない」「結果が変わらない」と、言うことです。
この占いでは占い師が「今のままではこうなりますよ」と推測し、 質問者のかたは「ああそうですか」と納得するしかないのです。
良い結果がでれば良いのですが、悪い結果が出た時には、「それをどうすればいいのか?」
「悪い結果がでたけどあきらめたくない!!」という時にはどうすることもできないのです・・・
仮に良い結果がでたとしても「本当にこのままでうまくいくのかな?」逆に不安になってしまうかもしれません。


◆タロット占いの限界
人間という生き物は日々選択をせまられ、日々学んでいく生き物です。 毎日という日常の中で周囲の状況は二転三転と変っていき、その中で自分の気持ちも変わっていくかもしれません。
そうした日常の中では決っして未来は普遍的なものとは言えず、とても流動的なものと言えるでしょう。
ですからタロット占いによって暗示された未来も「必ずしもこうなる!」といったものではなく
「今のままではこうなる可能性が一番高い」といったものなのです。
たとえば、「大学入試に受かるかどうか??」といったことを占ったとします。
本人が毎日努力を怠らずに自分の実力にあった大学を選んでいたとすれば、占いの結果も「大丈夫、うまくいきます」 となるでしょう。
しかしそうではなく毎日勉強もせずに遊んでいたら・・・
「いまのままでは合格は難しいですね」という当たり前な結果になります。
当然、占ってもらっているひとは「そんなこと言われなくてもわかっているよ!!」と言いたくなりますよね?

これではせっかく占ってもらったのにやる気を失くしてしまいます。

それに、こんな問題も発生します。本来の運勢ならば大学に受かっていたのに占いで良い結果がでたからといって、安心してしまい、そこで努力を怠ってしまったら・・・占いは外れて、受験に失敗してしまうかもしれませんよね。

逆に占いの結果が悪いものだったとしても、それをバネにして「たしかに占いの言うとおり俺は努力をしていない、これからがんばろう!!」と心機一転したら、占いの結果をくつがえして、大学に受かることも可能なのです。

たしかにタロット占いは不思議なほどよく当たります!!そしてタロットで暗示される「結果」とは、自分が歩んできた「結果」でもあるのです。
ですから自分の努力によっていくらでも、その「結果」を変えることは可能なのです。
普通のタロットを使った「ケルト十字占い」「ホースシュースプレッド」等の占い方では、良くも悪くも、現在予測される可能性の高い 「結果」しかわからないのです。
このような理由があるため、普通のタロットでは不完全な未来予測しかできないと言えるのです。

◆マルセイユタロットがつむぐ無限の可能性
では、マルセイユタロットならばどうなのか?既存のタロットが「決められた脚本通りに進む映画」だとしたら マルセイユタロットは「出演者が自由な演技で展開する脚本のないドラマ」だと言えるでしょう。
まずマルセイユタロットでは、最初に過去、現在、未来と三枚のカードを引いていきます。
そしてその時に出たカードの法則にしたがって、次々と他のカードが展開していくのです。
問題によっては三枚で終わってしまう場合もあります。

ひょっとしたら22枚全ての大アルカナを使いきってしまうかもしれません。

それは質問者のかたはもちろん、占っている私にすらわかりません、カード自らがまるで生きている ように自由に展開していくのです!そして、現在のままではこうなってしまうであろう「推測される未来」とこうすれば未来が変わっていくという「可能性を秘めた未来」そして「未来が良い方向に変わっていくにはどうすればいいか?」と教えてくれたり、障害をとりのぞくための「解決策」さえもカードは教えてくれるのです!
それにより質問者のかたは「最高の結果をだすための、最善の方法」を知ることができ、自分の望む未来を 具体的に描くことができるのです!!

◆占いを理解することによって
最後に占いに対しての、私なりの意見を述べたいと思います。
先程から何度も申しておりますが、「運勢」というものは決して普遍的なものではありません。
「自分が何をしたか?」「どこまでがんばったか?」ということによって、未来というものは無限に形を 変えていくものです。占い師の私が言うのもなんですが、「占い」というものは、あくまでも「占い」であり それ以上でも、以下でもありません・・・
よくこんな話しを耳にします。
「今年は運勢がよくないから、嫌だなぁ」とか、「占いの先生に駄目だって言われたから」とか・・・
私はそんな話を聞くと悲しくなります。

たしかに人間の一生において運気の良い時と悪い時というものは存在します。運気の良い時は何事もうまくいったりしますし、逆に運気の悪いときは悪いことが重なったりもします。

でもそれを鵜呑みにしてしまっては、あなたの人生は「占い」によって支配され、自らの可能性を否定することに なってしまうのです。
それに運気が良かったとしても、自分自身が行動しなければ何も起こりませんし、運気の悪い時だって 前向きな心構えをすることによって悪い運気も逃げて行きます。
何度も言いますが「未来」はあなたがどのように行動してきたかの「結果」にすぎないのです。
人間は時として道に迷うことがあります。前向きになっていても「具体的に何をすればよいか?」わからない こともあります。本当に頑張ってみたけれど、どうしてもうまくいかない時もあるかもしれません・・・
そんな時に初めて「占い」というものをためしてみてはいかがでしょうか?
マルセイユタロットならば、あなたの抱えている「問題」「具体的に解決する方法」を教えてくれます。
占いとは「結果」ではなくて、良い未来を築くための「道具」なのです!!
皆さんが道に迷った時、一人では心細く誰かの意見に耳を傾けたい時、そんな時にマルセイユタロットに意見を聞いてみてください。

追記 
いかがでしたか?これが「占い」に対する私の率直な意見です。
「占い」というものに皆さんそれぞれの意見があると思いますが、決してそれを否定するものではありません。
近年「占い」ブームとして数々のメディアにおいて「占い」というものがメジャーになってきた感があります。
しかしその反面「占い」という未知なもの、不思議なものに対しての疑問や不安などの声をよく耳にします。
なんとなくわかりずらい「占い」というものを、この文章を読むことによって理解して、「占い」はあくまでも「占い」 もし悪い結果がでたとしても、いくらでも自分の力で乗り越えられるものだと感じていただければ幸いです。
そして、本当に道に迷った時、どうしても自分一人で問題を解決できないと感じた時に
私、Providence Luiが「占い」という形で皆さんの御力になれれば嬉しいと思います。


Providence Lui

東京当たる占いの店 神楽坂占い処 『大神』(おおかみ)

Posted at 2010年11月08日 02時49分55秒

Luiの占い講座 タロット

今回は数ある占いの中でも、特に人気のある占い「タロット」について解説していきたいと思います。

「タロット」とは、カードが本来持っている意味を読み解くことにより、あらゆる状況に対して、あらゆる視点から様々な問題に即した対応ができる占いです。

カードそのものが持っている意味はもちろん、カードの配置が意味することも重要です。

基本的な理念として「タロット」は、カードを開く瞬間が誕生の瞬間であり、カードの配置がその時の星の位置であるといった考え方があり、生まれた日、時間、星の位置がそれぞれ因果関係を持って西洋占星術のホロスコープにも似たスプレッドを展開していきます。

さらに、それぞれのカードが意味していることを基本に、その人が持っている運勢、エネルギーを読み解き、その他、あらゆる視点から割り出したものを条件に加え、総合的にそれぞれの問題に最適な解決策を導き出します。

「今より少しでも良い条件で転職したい、それは可能ですか?」
ということを占った場合、カードが意味している結果にその人が本来持っている「運勢」「エネルギー」「性格」などを条件として加え「現在」「何を」「どうすれば良いか」といったことを対応策を具体的に導き出します。

「タロット」は、様々な要素により構成されています。「カードが意味していること」を基本に「過去、現在、未来といった時間軸」「自分の状況、取り巻く環境、すなわち空間軸」「自分の持っている、主観的次元上に存在するすべてのもの」これらのものが、それぞれの要素として因果関係をもって展開していき、結果、一つの解答が導き出されるのです。

「タロット」とは予め決まっている運勢を読み解くだけの「占い」ではなく、問題解決にいたる最善の方法を教えてくれる「導き」なのです。

ですから、「タロット」で悪い結果が出たとしても、その結果を受けとめ、前向な姿勢で問題にとりくめば必ず道は開けますし、本人の努力しだいでいくらでも悪い結果を良い結果に変えることもできるのです。

「タロット」について、もっと詳しい話を聞きたい方は、是非、お店まで遊びに来てください。

Providence Lui

東京当たる占いの店 神楽坂占い処 『大神』(おおかみ)

Posted at 2010年10月31日 19時12分48秒

Luiの占い講座 タロット

今回は数ある占いの中でも、特に人気のある占い「タロット」について解説していきたいと思います。

「タロット」とは、カードが本来持っている意味を読み解くことにより、あらゆる状況に対して、あらゆる視点から様々な問題に即した対応ができる占いです。

カードそのものが持っている意味はもちろん、カードの配置が意味することも重要です。

基本的な理念として「タロット」は、カードを開く瞬間が誕生の瞬間であり、カードの配置がその時の星の位置であるといった考え方があり、生まれた日、時間、星の位置がそれぞれ因果関係を持って西洋占星術のホロスコープにも似たスプレッドを展開していきます。

さらに、それぞれのカードが意味していることを基本に、その人が持っている運勢、エネルギーを読み解き、その他、あらゆる視点から割り出したものを条件に加え、総合的にそれぞれの問題に最適な解決策を導き出します。

「今より少しでも良い条件で転職したい、それは可能ですか?」
ということを占った場合、カードが意味している結果にその人が本来持っている「運勢」「エネルギー」「性格」などを条件として加え「現在」「何を」「どうすれば良いか」といったことを対応策を具体的に導き出します。

「タロット」は、様々な要素により構成されています。「カードが意味していること」を基本に「過去、現在、未来といった時間軸」「自分の状況、取り巻く環境、すなわち空間軸」「自分の持っている、主観的次元上に存在するすべてのもの」これらのものが、それぞれの要素として因果関係をもって展開していき、結果、一つの解答が導き出されるのです。

「タロット」とは予め決まっている運勢を読み解くだけの「占い」ではなく、問題解決にいたる最善の方法を教えてくれる「導き」なのです。

ですから、「タロット」で悪い結果が出たとしても、その結果を受けとめ、前向な姿勢で問題にとりくめば必ず道は開けますし、本人の努力しだいでいくらでも悪い結果を良い結果に変えることもできるのです。

「タロット」について、もっと詳しい話を聞きたい方は、是非、お店まで遊びに来てください。

東京当たる占いの店 神楽坂占い処 『大神』(おおかみ)

Posted at 2010年10月31日 19時12分19秒

前へ |  1  2