メインメニュー
2015-02

運を自分で引き寄せる人

占い師の観点からすると「運勢が良いとき」と「運勢が悪いとき」が存在します。

でも、「運勢が悪いとき」のはずなのに、幸運が続く人もいれば、逆に「運勢が良いとき」の
はずなのに不運続きのひともいます。


何故そんなことが起こるのかというと、その人の考え方、行動、気持ちの持ち方によって
「運勢」の影響を受けず、「運を良くする」事も「運を悪くする」事も可能だからです。

今回は「運勢」の良し悪しに関わらず、運気を良くする「幸運体質」になるための条件を
お伝えしたいと思います。

「強運体質」の人の特徴

1 いつも「良い期待」を持っている人

2 どんなに嫌な事があっても楽観的でポジティブに物事を考える人

3 少々のトラブルやストレスにはへこたれない人

4 現状維持ではなく、常に新しいことにチャレンジしている人

5 自分の直感を信じている人

6 損得感情ではなく、気持ちを大事にし、行動出来る人

7 後回しにせず、すぐにやる人

8 あるがままを受け入れる人


あなたはどれくらい当てはまっていましたか?

これらの事を意識することで、確実に「運」は良くなって行きます!!

次回は「強運体質」とは逆の「不運体質」について説明したいと思います。
「運を自分で引き寄せるひと2」に続きます。

本日も最後まで読んでいただき本当にありがとうございますo(^▽^)o
Providence Lui

当たる占いの店東京神楽坂占い処大神(おおかみ)
http://sedona-uranai.com

Posted at 2015年02月08日 19時29分25秒

部屋を浄化して運気を...


「風水」の記事や「邪気を払う!!日本酒風呂」の記事でも紹介しましたが、今回は、お部屋についた「邪気」を払い、運気を上げる方法をお伝えしたいと思います。

「邪気」が発生することで、運気を下げてしまったり、その人の「やる気」「元気」「熱意」などのポジティブなエネルギーを失くし、変わりに「傲慢」「怠惰」「嫉妬」「憎悪」「不安」「恐怖」といったネガティブなエネルギーを増幅させてしまいます。

自身についた「邪気」の払い方については「邪気を払う!!日本酒風呂」で紹介しましたが、いくら自分についた「邪気」を払い、身を清めたとしても、自分の置かれている環境が「邪気」が発生しやすい環境だった場合、その環境自体を浄化しなければなりません。

その1まずは部屋に溜まっている「邪気」を払う。

「風水」の記事でもお伝えしましたが、
『風水』とはその字のごとく風と水の通りを良くすることにより、その場の運気を上げる。

これはお部屋の「邪気」を払い、浄化するための第一歩になります。

風に関しては、ずばり「換気」をすること!!
窓を開けて、部屋に溜まった「邪気」を外に出してください。
水に関しては、キッチン、トイレなどの水回りには「邪気」がたまりやすいので、徹底的に
綺麗にすること。
流し場の中に洗ってない食器が置かれているなんて論外です!!すぐに洗って食器を
しまってください。


『風水』では似たものは、似たものを引き寄せるという原則がある。

例えて言うと、良い香りがする花には、綺麗な蝶がよってきますが、臭い物には蠅がたかってくるのと同じで、部屋の中にある「邪気」を発生するものを徹底して捨てなければなりません。

ズバリ「断捨離」です。

ゴミは、とっとと捨てる。古い雑誌も捨てる。コンビニで貰ってきてたまっているビニール袋や
いつか使おうと思っている、サンプルの化粧品やシャンプーなどどんどん捨てる。 
(いつか使おうと思っているものは、ゴミと同じくらい「邪気」を発生させます。)

とにかくいらないものを捨てることによって、これ以上の「邪気」の発生を抑えます。

あとは、別れた恋人からもらった物、手紙、写真など疎遠になった人に縁のあるもの、自分が
落ち込んでいた時によく着ていた服、聞いていたCDなども捨ててください。
(これらは邪気だけではなく、今のあなたの波動を狂わす原因でもあります)

それらができたら今度は、壁や床を心を込めて丁寧に拭いてください。
(壁や床には、「邪気」や波動を狂わす悪い「想念」が付着しています)

出来れば、床にお塩をまいて、しばらく置いてから(二時間ぐらい)ちりとりで塩をかき集め
トイレに流してから、床を拭くと効果は絶大です!!

(ちなみにうちのお店も一ヶ月に一度ぐらいの割合で塩をまいて浄化しています。
そんな時にいきなりお客様がやってきて驚かれることもあります)

これらの事が終わったら、部屋のいたる所で「パン、パン」と柏手を二回うってください。
邪気が払えていれば、大きく「パン、パン」と音がしますが、邪気が払えきれていない場合
音がきちんとなりません。

そんな時は、もう一度部屋の中を見直して、汚れている所を水ぶきしてください

それでも、柏手を打って音が濁っているようであれば、そこで音が響くまで、ひたすら柏手を打つか、祝詞を唱える(CDやユーチューブのものでも構いません)もしくは、綺麗な音のする
ベルなどを鳴らすことで、完全に邪気を払えます。


これら全てが終わってから、自分がその部屋にいて「安心出来る」もしくは「暖かい気もち」になれればその部屋は完全に浄化されています。

そして、最後に最も大事なことですが、「酒風呂」のように自分についた「邪気」を払う場合は
心身共にスッキリするのですが、「部屋」の浄化の場合、どっと疲れます。
(眠くなったり、熱が出たり、筋肉痛になったりします)

それと、部屋の浄化が終わってから、運気が上がってくるのもタイムラグがあり、元々その
部屋があまり「邪気」っていなければ、一日ぐらいで運気があがったことを実感できますが、大抵の場合は3日から一週間。 邪気がひどい場合は10日以上かかることもあります。
(その間、自分の気持ちは晴れているのに、なんだか運気が低迷しているような気になります)

しかし、これは運気が好転するための「好転反応」なので、効果が実感できなくても、気にせず浄化された部屋で、読書するなり瞑想するなり、リラックスしてください。
(そうすることで、部屋の波動と自分の波動が合わさり、一気に運気がアップします!!)

本日も最後まで読んでいただき本当にありがとうございますo(^▽^)o

Providence Lui

当たる占いの店東京神楽坂占い処大神(おおかみ)
http://sedona-uranai.com

Posted at 2015年02月06日 19時09分06秒

ルイのひとりごと 星...


「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えない。 かんじんなことは目には見えないのさ」

「星の王子さま」(原題Le Petit Prince原作サンテ=グジュぺリ 日本語訳 内藤濯)
に登場するキツネが小さな王子さまに語りかけた台詞です。


別に自分が占い師という職業をしているから言うのではなく、歳をとればとるほど、経験を
つめばつめほど、人間は目先のものだけにとらわれ本当に大事なものが見えなくなって
いるような気がする。
それはある意味仕方のないことかも知れない。
僕だって、この歳になって色々世間の荒波にもまれ、「目に見えて価値のありそうなもの」
地位とか名声とかお金とか、そういったものばかりに目を向けそうになったり、仕事に
おける人間関係のしがらみに縛られたりもしている。


だから僕にとってこの言葉は、自分が自分を見失いそうなときに元気を与えてくれる
魔法の言葉なのだ。


他にも小さな王子さまが、自分の故郷の小さな星B-612で椅子を動かし一日に最高44回も
夕日を見るシーンがあるのだが、このときの王子さまの気持ちにもとても共感ができる。



この作品は一見子供向きの童話のようですが、本当は大人のための童話だと思います。
(つきつめて言えば作者であるサンテ=グジュぺリ本人の身勝手な想いをつづった私小説であると言える。)色々、深読みをしてしまうときりがなくなってしまうのですが、素直な気持ちで
一読してみれば、きっと心になにか暖かいものが残ると思います。

2005年でLe Petit Princeの日本での著作権が切れたので、新訳としてさまざまな出版社から新訳版の「Le Petit Prince」(出版社によって、星の王子さまだったり、小さな王子さまと訳されている)が出版されているので興味のある方は読んでみてください。

冒頭に引用した岩波文庫版、内藤濯 訳「星の王子さま」は誤訳が多く文体も古臭いので
僕は、論創社三野博司 訳の 「星の王子さま」がお勧めします。
(意訳ですが「星の王子さま」というタイトルをつけたことは最高だと思います。)

根性のある人は仏和辞典片手にフランス語の「Le Petit Prince」を読んで下さい。
フランス語では珍しい繰り返しの文章や、美しく韻を踏んだ旋律をもつ文体に
感動するでしょう。
内藤濯訳と読み比べると誤訳の多さと、子供向けに改悪された文体がよくわかります。


きっとあなたの心にもなにか残ると思いますよ!

本日も最後まで読んでいただき本当にありがとうございますo(^▽^)o

Providence Lui

当たる占いの店東京神楽坂占い処大神(おおかみ)
http://sedona-uranai.com

Posted at 2015年02月05日 17時36分00秒