メインメニュー

邪気を払う!! お手軽開運法 『日本酒風呂』



皆さんこんにちは!!今回は開運をさまたげる「邪気」を簡単に払う方法を説明したいと思います。

「邪気」とは、自然を破壊してしまうような考え、自然とは調和しない考え、自己中心的考え、偏った考えなど、宇宙の調和とは程遠い思いから生じるネガティブなエネルギーや、怒りや、悲しみや、ねたみや、恨みなど、ネガティブな感情から生じるネガティブなエネルギーのことを言います。

このネガティブなエネルギーの影響を受けると、気持ちが沈み、身体はどっと疲れ、運気も低迷してしまいます。 その結果として、やる気を失くしたり、病気になったり、悪い出来事をひきつけてしまったりするのです。

この「邪気」は、様々な要因で発生するのですが、大きく分けると二つの原因に分かれます。

一つ目は、自分の心がネガティブになり、自分自身で「邪気」を生み出している内的要因が原因の場合。
二つ目は、ネガティブな人や、汚い場所、淀んだ場所(風俗街や事故の所)もしくは、いわくつきの物(古着、中古の宝石)等の影響を受け「邪気」を貰ってしまう外的要因が原因の場合。


内的要因が原因の場合は、自分の気持ちを明るい方向へと向けていくことによって「邪気」の発生を防ぐことが可能です。
外的要因が原因の場合は、気の淀んでいる場所を避ける、ネガティブな人との関わりを避けることによって防ぐことが可能です。

しかし、自分の気持ちが落ち込んでいるときに、前向きになることは難しいし、ネガティブな人や場所を避けて、日常の生活を送っていくのは難しいと思います。

そんな時におススメなのが「日本酒風呂」です!!

日本酒風呂に入ると身体の老廃物とともに邪気、イライラ,ストレス、霊的なマイナスエネルギーが清められ、体内の気の流れが良くなることによって運気もあがり、同時に身体に霊的なバリアを張ってくれるので、お風呂を出た後しばらくの間(約1日)邪気の影響を防いでくれるのです。

方法はとっても簡単で、毎日の入浴時、お風呂に日本酒と粗塩を入れて入浴するだけです!!

入浴時は毛穴が開き、血流のめぐりが良くなるので、体内の毒素や邪気が汗と一緒に体の外に出やすくなるのですが、日本酒と塩を入れる事により毛穴は更に開き、血行がよくなるのと、日本酒と塩の浄化の力で、心身共に浄化されるのです。

日本酒は、邪気を払う力が強く、神道においては家や土地を清める地鎮祭にも使われます。
塩も日本酒と同じく、邪気を吸ったり、気を整え、悪いものをはじく力を持ちます。



塩は出来れば粗塩(天然の塩やヒマラヤの岩塩を砕いたもの)のほうが効果的ですが、食塩でも十分効果はあります。
日本酒は清酒であればかまいませんが(焼酎などは不可)非加熱の生酒だとより強い効果が期待できます。


使う量ですが、正直、多ければ多い方が効果が強いのですが、目安としては、塩は300g、日本酒は約一合ぐらいが最低限必要な量です。

この入浴方法を毎日心がけると、一週間ぐらいで、完全に邪気やマイナスエネルギーを落とし、気が整うことで、全身にプラスのエネルギーが溢れることによって、大きく開運します!!
(わたしも毎日この方法で入浴しています!!)

疲れやストレスも取れ、嘘のように元気になるので皆さん、ぜひお試しになってください!!

Providence Lui

当たる占いの店東京神楽坂占い処大神(おおかみ)
http://sedona-uranai.com

Posted at 2012年06月06日 18時33分17秒