メインメニュー

ルイの占い講座 風水1 本当の風水とは



今回の占い講座は「風水」についてお話したいと思います。

◆安易な風水ブーム
皆さんは「風水」と聞いてどんなイメージを持ちますか?

最近、テレビや雑誌で特定の色を身につけたり、インテリアを変えるだけといった、
お手軽な方法で運気を上げる「色風水」「インテリア風水」と言ったものが流行っています。
その影響の受けてか、こんな言葉を良く聞きます。

「西に黄色の物を置くと金運が上がるでしょ?」
「彼氏が欲しいときにピンク色のものを身につけると良いんでしょ?」


しかし、占い師の立場から言わせてもらえば、今言ったことには根拠がなく、
効果も期待できません。
「色風水」「インテリア風水」「風水」とは全く違う物です。
そもそも「特定の色を使って運気を上げる」というのは色相学と言う占いの考えで、
「運気が上がる色」も人それぞれに違ってきます。

また「西は金運アップ」とか「鬼門はさける」と言った、方位に関することは、本来「家相」
「九星気学」の考えで、「風水」とは言えません。(風水に置いては玄関の位置を重要視する)

「色風水」「インテリア風水」は、カラーコーディネイトと方位学を無理やり繋げ、
それらしく理由をつけたもので「風水」どころか、全く効果がないものなのです。


◆本当の風水とは
では本当に効果のある「風水」とはどう言ったものでしょうか?

「風水」とは読んで字のごとくですが「風」「水」に分かれます。
「風」「水」とは「気のエネルギー」であり、山から「風」となって来る気と川から流れてくる
「水」の気で「風水」なのです。
本当の「風水」とは堪輿(天地)とも呼ばれ、起源は数千年前の中国にあり、
大地のエネルギーを利用した壮大な環境開運法なのです!!

◆中国伝統風水
「風水」はマクロな観点から地形をみる「地理風水」死者を埋葬する墓をみる「陰宅風水」
私たちの住まいをみる「陽宅風水」に分類されます。

「地理風水」は権力者(皇帝)の為の術であり、中国や韓国の都はこの術に
基づいて創られています。
日本の京都も「四神相応」の地とよばれる典型的な風水の好適地で、794年(延暦13年)に
長岡京から平安京に遷都がなされたのも「風水」の恩恵を最大限に生かすためだったのです。

江戸時代から続く現在の東京の繁栄も、富士山からの「龍脈」(レイライン)が幾重にも集まり、
強力なエネルギーが集中する場所に江戸城(現在の皇居)を建築し、それを中心としての
都市開発を行なった結果なのです。

「陰宅風水」は墓を建てるときに用いるもので、日本の先祖供養に
似ている所があります。
「風水」や中国の思想では、亡くなった人の遺骨には霊力が宿ると考えられています。
この霊力が子孫の家運に大きく影響し、家が繁栄するか、衰退するのかが決まってしまうので、死者の眠る墓の場所が重要になってくるのです。
中国、香港、台湾では、風水を専門にしている風水師に依頼し探すのが一般的で、風水師が
墓所を選定する場合、まずは土地の栄枯盛衰をみて、その土地が生気のある土地(龍穴)
なのかそうでないのかを調べていきます。
その土地が生気のある土地(龍穴)であれば、墓を建てることにより、家が繁栄します。
そうでない場合は、家が衰退してしまうので、対応策を立てるか、場所を選定しなおします。
「陰宅風水」で世界最大のものは、中国の明王朝の陵墓である明の十三陵と言われています。

最後に「陽宅風水」ですが、これは、住む家に良い気を招き入れ悪い気を払うと言うもので
「陽宅風水」基本的な考え方は、その家の主人(厳密に言えば家計を支えている中心人物)に
とって良い方角から「旺気」(気のエネルギー)を取り入れ、入ってきた気のエネルギーを
家や住人に充満させ、同時に家の中に溜まっていた「衰気」(悪い気のエネルギー)を
その家の主人にとっての悪い方角から出すことで、その家や住む人の運気を
上げるというもので、この「陽宅風水」が、世間一般で言われている「風水」のことなのです。

今回の占い講座は多少辛口になりましたが、正直、占い師の立場からすると、最近の安易な
風水ブームに辟易していて、根拠のないものをメディアが堂々と「風水」として紹介している
ことに嫌気をさしていたからです。

今回は「本当の風水とはなにか?」と言う観点から。中国伝統の風水を紹介しました。
そのため、話しが難しく、実用性にかける内容でしたので、次の機会には、誰にでも簡単に
実践できて、効果のある「風水」の話しをしていきたいと思います。

また、当、占いサロン占都では、実践的な風水のアドバイスもしていますので

「自分の部屋が気になる」

「風水のこともっと詳しく知りたい」


と思いましたら、ぜひ一度お店に遊びに来てください。

Providence Lui

東京当たる占いの店 神楽坂占い処 『大神』(おおかみ)

Posted at 2011年07月17日 19時57分54秒