メインメニュー

アメジスト【Amethyst】



アメジスト【Amethyst】

紫水晶
結晶系/六方晶系
モース硬度/7
産地/ブラジル、ウルグアイ、カナダ、アメリカ、マダガスカル、日本
誕生石/2月
宝石言葉/誠実、こころの平和、注意心、深い純真な愛情、中毒の予防

【特徴】

アメジストは和名の通り、紫色をした水晶です。

ギリシャ神話では、アメジストは美少女の化身とされていて、 酒に酔ったバッカス(お酒の神)が、今から最初に出会った人を猛獣(ピューマ)に襲わせようとしていた時、ちょうどそこに通りかかったのが、月の女神の女官『アメジスト』だったのです。

バッカスが獣をけしかけ、今にもアメジストが襲われるという時、この惨事に気づいた月の女神がアメジストを一瞬に純白の水晶に変えました。
その後、酔いから覚めたバッカスは自分の罪を反省し、水晶にぶどう酒を注ぎました。
たちまち水晶は透き通った紫色に変わり、美しい紫色の宝石『アメジスト』になったといわれています。

名前の "Amethyst" はギリシャ語で酒を意味する "methy" と、否定句の "a" を合わせたものに由来し、アメジストにはお酒を飲んでも酔わない、悪酔いしない力が秘められていると伝えられています。
古代ローマではアメジストから作られた杯でお酒を楽しむことで、お酒からだけではなく人生の悪酔いから自身を守ってくれるという言い伝えが残っています。

現在でも『アメジストを持っていると二日酔いしない』といわれています。

昔からその気高い色は僧侶などの間で使われてきました。

染色技術が発達する前は、紫色を出すのが非常に難しい事でしたので、アメシストが発する紫色は特に珍重されたようです。

古代から多くの人々に愛されてきたとされる、アメジストの紫色。

特に日本では、最も気高い色とされ、宗教的な儀式では非常に大切にされてきた色と伝えられています。

日本では『加賀紫』と賞賛されたほど美しく良質なアメジストが産出されています。

歴史的には、聖徳太子が定めた『冠位十二階』で最高位の色として崇められ、特に中国では皇帝だけが身につけることを許された色といわれています。

現代でもに水晶の色変種の中でも、最高位に評価されています。

現在、ブラジル産のアメジストが主流ですが、ウルグアイ産のアメジストは品質が良く、
その中でも、紫色にむらがなく、アメジストの結晶の中に金針のルチルが入ったものが最高級品といわれています。

【効果】

『愛の護石』と呼ばれるように、「愛と慈しみの心」を芽生えさせることによって、真実の愛を守るパワーを与えてくれるといわれています。

アメジストの紫色は、意識の変化を象徴する色や、心を優しく穏やかにし安らぎを与えてくれる色とも言われ、直感力、インスピレーションを高めてくれます。

また、アメジストには愛だけではなく財を集めるパワーが極めて強く、風水においては
「アメジストドーム」を玄関やリビングに置くことによって、財運のエネルギーを引き込み、
気の流れを良くすることによって、爆発的に「財運」や「事業運」を高めるといわれています。

○●○アメジストのヒーリングパワー○●○

○恋愛成就
○恋愛運アップ
○大切なひととの絆をつなぐ
○感情のコントロール
○精神の安定
○集中力、記憶力を高める
○財を集める
○財運、事業運アップ
○安眠したいときに


○●○アメジストの浄化・お手入れ方法○●○

アメジストの紫色は日光で退色しますので太陽光を避けるなど取り扱いには注意が必要です。

クラスター◎ セージ○ 日光浴× 月光浴◎ 流水◎ 塩◎


当たる占い東京神楽坂占いサロン占都(せんと)
http://sedona-uranai.com

Posted at 2010年12月20日 18時53分36秒