メインメニュー

オパール【Opal】



オパール【Opal】
蛋白石(たんぱくせき)
結晶系/非晶質
モース硬度/5.5〜6.5
宝石言葉/希望、無邪気、純粋
産地/オーストラリア、アメリカ、ブラジル、メキシコなど
誕生石/10月

【特徴】

オパールの語源はサンスクリット語で宝石を意味する『Upala』や、ギリシャ語で目を意味する『Opthlmus』など数説あり、和名の蛋白石はきらめかないオパールがゆで卵の白身の質感に似ていた事から名づけられました。

オパールは水中で微小な珪酸球が沈殿し、岩石の隙間などに密に蓄積して形成される石です。
水晶等と同じく、珪素をメインにする鉱物ですが、その成り立ちから、水分が多く、硬度も非常に柔らかい石です。

珪酸球の並びが規則的なものは、見る角度によって変化しながら虹色に輝く遊色効果を持ちます。そういったタイプのオパールをプレシャスオパールと呼びます。きらめかないタイプのものはコモンオパールと呼んで区別します。

プレシャス・オパールと呼ばれる種類は特に美しくひとつの石の中に見る角度によってさまざまな色にきらめくという特徴があり、このような色のことを遊色といっています。
また地色によってブラック・オパール(黒蛋白石、black opal)、ファイアー・オパール(火蛋
白石、fire opal)と区別されています。

地色が無色透明に近いと確認されたメキシコオパールは、ウォーターオパールと呼ばれ、極上のウォーターオパールは文字通り水滴のように透明感を持ち、特に斑の豊かな遊色効果のすぐれたものが珍重されています。

ヨーロッパでは古くから「眼の石(オプタルミオス)」と呼ばれ、眼病を治す魔力があり、
オパールの輝きの中に子供達の夢を映し出すという信仰もありました。


【効果】

オパールは数あるパワーストーンの中でも非常に明るいエネルギ―を持つ、幸運の石です。

現在もオパールには眼病を治す力があるとされ、オパールの持つ独特の光は自由なエネルギーを象徴します。

創造性を高め、内面の隠れた才能を引き出す力に優れる為、アーティストなどクリエイティブなことをしている方には特にオススメの石です。

オパールは人生の暗闇に希望をもたらすような明るさに満ちたパワーストーンであり、憂鬱を払い、何事にも囚われない柔軟さや人に左右されない自分自身の核を作ることを助けてくれます。

そして、今ある人生をより楽しむ為に必要な心の持ちかたを教えてくれる教師のような役割を
果たし、持ち主の固定概念を外し視野を広げる事で、新しい価値観を呼び込む為の助けとなり
ます。

さまざまな遊色を持つ美しいオパールは見ているだけでも楽しい事から憂鬱を追い払い、心臓や身体を元気づける力があります。

○●○オパールのヒーリングパワー○●○

○憂鬱を追い払う
○身体を元気付ける
○創造性を高める
○内面の才能を引き出す
○人生に喜びをもたらす
○幸運を呼び込む
○視野、価値観を広げる
○自由を象徴する

○●○オパールの浄化・お手入れ方法○●○
クラスター◎ セージ◎ 日光浴× 月光浴◎ 流水○ 塩×


当たる占い東京神楽坂占いサロン占都(せんと)
http://sedona-uranai.com
 

Posted at 2010年11月11日 14時06分54秒