福岡県任意売却支援センターでは、ファイナンシャルプランナー・司法書士・任意売却に強い不動産業者・金融問題に強い弁護士がチームを組んで住宅金融支援機構や銀行その他の債権者との交渉を通じて住宅ローンでお困りの問題を一つ一つ片付けていきます。
メインメニュー

成功事例

Cさんは建設関係の職人でした。
景気のいい頃は沢山仕事があり、収入も良かったので、その頃、新築マンション3LDKを購入しました。

しかし、バブル崩壊とともに、景気はどんどん悪くなるばかり、デフレも手伝い、Cさんは仕事がない日が増え、当然収入も激減してしまいました。

住宅ローンは全く支払えなくなり、とうとう滞納してしまいました。

当センターのことは知人から聞いて知っていたのですが、任意売却と競売の違いが分からず、勤め先や近所の方々に知られるのを恐れて、当センターへ相談することをためらっていました。

しかし、住宅ローンだけではなく、固定資産税も国民健康保険までも滞納してしまい、やむを得ず当センターに相談連絡をされました。

そこで私たちは、競売よりも任意売却で解決する方がどれだけ、Cさんにとって良いのかお教えし、説得いたしました。

しかしCさんは近隣の方に知られるのが、とにかく嫌だとおっしゃいます。

任意売却は見かけは通常の売買です。
水面下では金融機関と交渉したりしているのですが、そういった実務は当センターが行っているので、関係者とご本人が他言しない限り、近隣に知られることは絶対にありませんということをご説明しました。

やっと納得していただき、任意売却の手続きを行いました。

住宅ローン以外の管理費や修繕積立金なども滞納がありましたが、無事清算でき、税金なども役所としっかりと交渉し、解決したので、差押えなどの登記もはずして頂きました。

見かけは普通に第三者に売買し、Cさんはその間、賃貸住宅を探し、お引越しの準備をし引越し費用も金融機関との交渉で捻出することができたので、無事にお引越しもできました。

今は、新天地で賃金は高くはないですが、安定した収入を得ながら、ご家族と仲良く暮らしています。

Posted at 2011年03月11日 12時36分51秒

 
トラックバック一覧