福岡県任意売却支援センターでは、ファイナンシャルプランナー・司法書士・任意売却に強い不動産業者・金融問題に強い弁護士がチームを組んで住宅金融支援機構や銀行その他の債権者との交渉を通じて住宅ローンでお困りの問題を一つ一つ片付けていきます。
メインメニュー

成功事例

Bさんは地場生協のお客さま相談室で社員として働いていました。
主にクレーム担当でした。
毎日お客様からのクレームの対応で、精神的なストレスをいつも感じて仕事をしていました。

しかし、よくがんばったので、収入もどんどん増え、この収入ならと、ご家族と相談し、実家の近くで一戸建てを新築で購入しました。
住宅金融支援機構(住宅金融公庫)から2000万円の借り入れました。

借り入れから10年目の春、仕事によるストレスで体調を壊し、長期療養になってしまいました。
実は、ストレスで身体を壊したのではなく、ストレス解消のための飲酒が原因だったようです。
お酒の力をかりて、考えないようにしていたのです。
肝臓をはじめとする臓器が衰弱したため、免疫不全に陥り、とうとう、治療が必要になってしまいました。

会社はそれでも、これまでの功績から、休職中でも援助してくれました。
しかし、それでも収入は激減です。
お子さんも丁度、成長し教育費用や生活費も負担が増えている時期でした。

奥様も一生懸命パートなどで家計を助けようと努力しましたが、住宅ローン払えない月も発生し、困ったBさんは消費者金融からお金を借りて、住宅ローンを払っていました。

しかし、復職の可能性も見えず、消費者金融から借りた分まで払えなくなり、住宅ローンも消費者金融からの借り入れもどんどん延滞滞納がつづきました。会社からも退職を即され、収入は全くのゼロに・・・

そんなときに、Bさんは当センターの事をネットで知ったのです。

相談におこしになられたときには残債は1700万円くらいありました。
消費者金融からの借り入れ400万円近くもありました。
そこでBさんに知り合いの方で、どなたかこの家を買ってくれる人を紹介してもらい、その方にご購入してもらいました。(任意売却

その後Bさんは自己破産をされましたが、知人の名義のその家に家賃を支払いながらご家族と住んでいます。
幸い体調も回復し、地元の運送会社に再就職も果たし、今では、無借金で新しい人生を同じ家で送っています。

Posted at 2011年03月08日 15時45分39秒

 
トラックバック一覧