メインメニュー
代理通院ケア

心臓の薬が増えるのは何故??動物病院診察! リュウさんわんケア 35

心臓!腹水!食欲有!リュウさんわんケア 31

病院付き添い 心臓!腹水!リュウさんわんケア 32

足むくみ 腹水改善!ぴくぴく注意 リュウさんわんケア 33

前回⇒足むくみ 腹水改善!ぴくぴく注意 リュウさんわんケア 34

★今回⇒「心臓薬が倍量に変更なのが?心配」との相談でした。

飼い主さん一人では リュウさんは 車に乗ってくれないので

動物病院への付き添いとなりました。

稟告についても 週2回のシニアわんケアにて 

私が気づいた事をお伝えする事ができました。

動物病院で受診 聴診 問診 視診にて

ひどくなる前に 必要な「処方箋」変更になりました。

苦しい時だけではなく

予防=転ばぬ先の健診で 護られている リュウさん

いつものお散歩コースは行けないけれど

お庭のコースや美味しいお肉やお魚で シニアわん生活

倖せな姿に・・・嬉しくなります。。

食欲の秋をたっぷり楽しめるように・・・動物看護師のシニアわんケア頑張ります 続く 





Posted at 2018年11月10日 16時17分01秒  /  コメント( 0 )

14歳マロちゃん パニック症状!!動物病院付き添い わん日記 

前回⇒マロちゃん 激痛!!動物病院付き添い わん日記 

今回⇒突然パニック症状 大暴れ流涎眠れない(雷や刺激無し)心配

緊張 診察台 一般身体検査 
(7.2k 37度 聴診 触診 歩行確認 頸可動域チエック)


●耳治療 洗浄 点耳(痛み減 汚れ有)


余裕 診察後の車の中


診察と処置終了後のマロくん 動画

■ケアプラン■

ー:引き続き在宅にて 点耳薬 無くなったら受診 

皮膚:シャンプー(湿疹軽減 皮膚状態チエック)

パニック:原因除去 除去できず発症したら 受診(精神安定サプリメント)

げ雜郤團汽檗璽函Г寛搬欧帆子の連携で不安と世話の負担減 

★マロ君は良く吠えて自分の考えをアピールし嬉しい時はルンルンしてくれます。

シニア期なので 痛みや痒みやパニックにならないように 引き続き

ご家族での早期異変発見  早期受診 早期再発予防 へ  続く    

Posted at 2018年10月19日 14時54分04秒  /  コメント( 0 )

マロちゃん 激痛!!動物病院付き添い わん日記 

前回⇒ママの退院まで・・・がんばる わん日記

今回⇒ご家族に代わって 動物病院へ付き添い依頼

25日 夕方 左耳を掻いていて「きゃーん」と叫びその後から

・元気消失 ・食欲不振 
 
26日 12時 ウエット犬フードを完食 ・頭触ると嫌がる ・皮膚痒がる



●元気あり 表情あり 排尿あり 食欲あり

●頸の痛み? ●左耳化膿 ●皮膚脱毛 乾燥

●診察 帰宅後 後ろへ進む行動 左向斜頸行動

■動物病院診察■

・熱無し ・検便 腸内細菌チエック ・体重増 ・病院では叫ばない??

※耳の炎症がひどいので まずは 内服薬で抑えてからの耳患部洗浄

※皮膚脱毛 乾燥は 椎間板ヘルニアからの痛み(副腎皮質ホルモン)から?

処方箋:非ステロイド性の消炎剤 抗生剤 消化剤 1週間分

■ケアプラン■

飼い主さんの要望 マロちゃんの要望 を動物病院の先生へお伝えし

1日でも早く 

耳や頸あたりの「痛み」と「斜頸」→洗浄と点耳薬へ

皮膚の「痒み」や「脱毛」→栄養とスキンケア

改善できるようシニアわんケア担当します。続く 

Posted at 2018年09月27日 12時10分37秒  /  コメント( 0 )