メインメニュー
ペットと災害

熊本地震 1年  犬猫と復幸へ サポート 

前回はこちら→熊本地震 1年  犬猫と復幸へ サポート 2017.4月 

ライフラインなし 飼い主さんが毎日お世話に
1頭は譲渡 1頭は死亡 2頭行方不明



レオちゃん 元気いっぱい
飼い主さん毎日お世話に


むね君 サマーカット 元気モリモリ
お庭の草も成長が早い



ライフラインなし 木陰に移動



2羽あひるさん 日陰でお休み中 
飼い主さんが毎日お世話にみえてます。



はち君 首輪外れ脱走し喧嘩による怪我
首輪から胴輪へ




解体や建築の準備で 犬猫の居場所を移動しなきゃならず
知人や施設に預けたり お庭に居場所作ったり日々
被災地の犬猫あひる達は 愛情の元 しっかり逞しくお留守番して生きています。

Posted at 2017年05月05日 09時59分05秒  /  コメント( 0 )

恐怖だけで終わらせない!!熊本地震 記憶と記録

2016.4.14・16 熊本地震 

2011.3.11 東日本大震災 

●相馬市 ペット避難所 
http://kumamotoa.exblog.jp/15350887/

●福島三春町 緊急災害動物救援本部 犬 
http://cplus.if-n.biz/5002546/article/0299461.html

●福島三春町 緊急災害動物救援本部 猫 
http://cplus.if-n.biz/5002546/article/0300116.html

2012.7.12 九州北部豪雨  

●阿蘇 一宮 
http://cplus.if-n.biz/5002546/party/26001/7

「災害とペットの生活」を体験した事を通して

「予測できる事例を大きな問題」にしないようにこれからも

しっかりと考え行動したいと思います。

2016.4.14 熊本地震!!3日目 ご報告&救援物資お願い


■被災犬猫家族へ寄り添う活動


わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本活動

■被災体験を伝える活動

中部労災看護専門学校にて講演 (2016.12.22)


3.11照葉 防災の日


■熊本県動物管理センター  http://cplus.if-n.biz/5002546/article/0478777.html

■災害救援センター  http://cplus.if-n.biz/5002546/article/0476579.html

■熊本市動物愛護センター 熊本市動物愛護推進協議会
http://cplus.if-n.biz/5002546/article/0473664.html


Posted at 2017年04月17日 14時17分53秒  /  コメント( 0 )

被災あひるさん 新しい家が出来るまで預かりファミリー緊急募集

震災発生から1年

犬は避難所へ同伴避難して現在は仮設住宅で生活

あひるは 自宅の池で生活(飼い主さんが仮設住宅通い=お世話)

今回の依頼は 

家屋解体 池の修理 

その間  約1年 

★ライフライン無し(水が重要)★あひるの居場所無し

そこで

5歳のあひるさん♂ 5歳のあひるさん♀

緊急 「一時預かりファミリー」 

を探すお手伝いです。(ポスターの書き方 SNSの拡散)



ご飯がおいしい! 動画

初めまして挨拶! 動画

池の代わりの水浴び(狭いので♂が♀をつつきます)



震災で池が壊れ雨水で濁る(鯉は地震で驚き外に出て亡くなったそうです)



抱っこも出来ます。この子は女の子。






餌は水と一緒に与える

Posted at 2017年04月15日 16時34分42秒  /  コメント( 0 )

熊本地震 1年  犬猫と復幸へ サポート ァ

前回はこちら

熊本地震 10か月 家屋解体 犬猫居場所へのサポート 


熊本地震 11ヵ月 犬猫と復幸へ サポート ぁ3/30



ハチちゃんの寝床を掃除+虫除け設置




11頭いた猫さん達 冬に体調崩し通院 
現在5頭になったそうです。(虫除け設置)


軒下のハウスも寒さ対策⇒涼しい対策へ(虫除け設置)




飼い主さんは別の家別居生活


レオちゃんのお家修理開始




広崎仮設団地 自治会長さんへご挨拶と情報収集(5世帯9わんこ)
団地内犬さん 小太郎さん ラムさん モモさん 面会
〜将来の生活の不安 予防注射する費用が無い 適正飼養を伝えたい〜






木山仮設団地 指定管理の方へご挨拶と情報収集

〜野良猫問題〜



■被災地の状況はどんどん変化しますが 犬猫さんとご家族の悩みや不安

地域の犬猫の苦情や問題が増えないように・・・きちんと情報を収集して

なんとか 現在の仮設住宅での生活や仮の生活から

一番希望の生活へ落ち着かれるまでは「犬猫さん」の問題も大きくなる前に

「対策」が出来るように 引き続きヒアリングしてから情報をお伝えできるように

「犬猫問題」で争うのではなく 理解し合う形で解決できたらと思います。

続く 

Posted at 2017年04月13日 15時11分46秒  /  コメント( 0 )

熊本地震 11ヵ月 犬猫と復幸へ サポート ぁ3/30

熊本地震 10か月 犬猫居場所へのサポート  2/12



益城町宮園のコミュニテイー(IKIMASU熊本)にて

木山仮設団地 益城町犬猫さん 情報取集



15歳ダックスさん♂ ご要望のピンブラシをお渡し。



益城町島田地区見守り にゃんず  ハチ君♂  レオ君♂ 

寒さ対策⇒次回は 春対策 虫対策



犬猫の糞尿問題 鳩やカラスの問題 

益城町広崎仮設団地 悩み聞き取り




被災地の人々 共に生きる動物 11ヵ月

解体の日程は? 今後の住まいは? 犬猫の居場所は?復興住宅とは??

仮設住宅やみなし仮設住宅  引っ越しからの生活では??

益城町に来て ちゃんと お話を伺う時間 

全国から預かった支援物資をお届けしたり

犬猫さんの健康の事生活の事の相談にのったり

仮設での様々な悩みや問題を解決に考えたり

今まで通りの街の「復興」まで

不安が解決し心の「復幸」まで

支え応援出来るように 災害を乗り越え 未来への希望になるまで

引き続き 現場を

この目で この耳で この心で

レポートさせて頂き お一人お一人犬猫の飼い主さんにもお届けしたいです。続く

Posted at 2017年03月30日 17時17分47秒  /  コメント( 0 )

3.11照葉 防災の日


にゃんと!ワンだふるアイランド さんの
https://www.facebook.com/nyantowonderfulisland/
活動報告を聞かせて頂きました。

ペットからアプローチし照葉全体の交流の場

⭐「照葉」「ペット」「防災」⭐

活動されてる事が素晴らしいと思います。

地図



「照葉」地域

ペット 犬の数 推定 543頭 猫 不明

このペットが安全に同行避難できるように・・・

このペットが安心して同伴避難できるように・・・

万が一被災した時!!

*埋め立ての地域 の為 地震での土地ダメージ(液状化)

*橋が壊れたら孤立化 その時の生活 

*同伴避難所のペット受け入れ体制の実態(民間は?行政は?)

*各家族の 同行避難方法 同伴避難生活

*ペット同伴防災キャンプ計画(訓練)

照葉地区の皆様に

私の体験した 熊本地震とペットお伝えしました。






愛犬家であり子育て中の「えこさん」がMCしてくださいました。感謝。

●復興と復幸 ⇒ 建物や日常生活の復活?  笑顔で過ごせる復活とは?  

●同行避難と同伴避難(避難所泊 軒下泊 車中泊 テント泊)

●自助と共助とコミュニティ(一人で逃げれない場合は誰に頼むか?)

●公助(避難所 仮設住宅 みなし仮設住宅)
 
●震災迷子になる犬猫 保護される犬猫

●震災体調不良の犬猫ケア(飼い主さんの不安を取り除く)

●避難生活時の「癒し」に必要な物とは?(あかり かおり ぬくもり)



あかり 太陽光充電 雨濡れOK


この二つの報告を聞かれた「飼い主さん」や「担当行政の方々」によって

万が一の災害時 ペットの苦情やトラブルが起きない為の

「危機管理の提案」を準備して貰えたらいいな〜と思います。

飼い主さんの責任であり役目とは

^Ωぁ^ηを災害から守る知識と行動力を手に入れる。
愛犬愛猫を地域の一員となるように日頃から管理する。
飼い主さん(自助)が出来ない時は 仲間(共助)を準備する。
っ楼菽甘の方々ときちんとコミュニケーションを取っておく。

Posted at 2017年03月11日 21時27分28秒  /  コメント( 0 )

ペットを守れ〜〜〜災害時72時間どうする??? 

2011.3.11 東日本大震災 

相馬市 ペット避難所



福島三春町 緊急災害動物救援本部 犬 


福島三春町 緊急災害動物救援本部 猫



2012.7.12 九州北部豪雨  

阿蘇 一宮 

http://cplus.if-n.biz/5002546/party/26001/7

2016.4.14 熊本地震

わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本 救援物資受け入れ


わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本とは??


活動の様子


活動の様子

地震 津波 豪雨 自然災害

「命」「家族」「家」「生活」「仕事」「ライフライン」

当たり前の日々  失う時の 悲しみ 苦しみ 

災害が突然起きた時 どうするか??

学校や職場で「火災訓練」があるように

地域で「避難訓練」があつたらいいな〜と思います。


今回は  

第一部に参加させて頂き

第二部では 熊本地震での体験をお伝えに行きます。

子供 お年寄り 病気や怪我の方 障害お持ちの方

そうして ペットと暮らす方々 1人では・・・ペットだけでは・・・避難できない場合

共助が必要である事。。沢山の方々と手を取り 支え合い 応援しあい

乗り越えられたらいいな〜と思います。

そんな 貴重な学びの1日になりますように・・・

貴重な事をお伝えできますように・・・・

3.11照葉・防災の日
〜「あの日」を語ろう、未来を語ろう〜

■日時:2017.3.11(土曜日)

■場所:アイランドシティ・アーバンデザインセンター

■参加費:第1部 2部 無料 第三部 1000円

■プログラム

第一部  1)防災ママカフェ  2)パネルディスカッション

第二部  1)UDCIC活動報告会  2)防災とペットセミナー
第三部  交流会



Posted at 2017年03月08日 14時50分07秒  /  コメント( 0 )

熊本地震 自宅半壊引っ越し 自宅解体犬猫居場所

熊本地震から10カ月が過ぎ 2017年3月31日がみなし仮設の申し込み締め切り


犬猫が居たので半壊のお家でペットと暮らしている方々が

引っ越しへの日時が押し迫ってきています。

しかしなかなか ペット可物件が無いとなると

飼い主さんへの悩みの種となる。。。

ペットを手放す苦悩 悲しみ

家族と離れ環境が変わる 愛犬愛猫への想い

熊本地震から 「復興」は進んできているけれど  

笑顔で共に暮らしていた日常への「復倖」までは

まだ時間がかかると思います。

家族である犬猫と暮らす方々と犬猫さんが幸せになる方法

これからも 支えが必要と思います。




熊本市

◆みなし仮設申し込み

https://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&type=top&id=12575

◆公費解体費用申し込み

http://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/Detail.aspx?c_id=5&id=12914

益城町 みなし仮設申し込み

http://www.town.mashiki.lg.jp/kihon/pub/detail.aspx?c_id=138&id=662&pg=1


熊本県が民間賃貸住宅(みなし仮設)を借り上げて無償で提供 申し込み

http://www.pref.kumamoto.jp/hpkiji/pub/Detail.aspx?c_id=3&id=15583&sub_id=1&preview=ok

Posted at 2017年02月24日 11時26分13秒  /  コメント( 0 )

熊本地震 10か月 犬猫居場所へのサポート  2/12

熊本地震 9か月 家屋解体 犬猫居場所へのサポート  1/10




熊本の地震の回数と県内被災状況  熊本県犬殺処分の記事 


熊本地震から10カ月


熊本県動物管理センター


薬用シャンプーとペットシーツお届け




益城町島田地区 

お留守番 レオ君  マーシー君 ニャンズ

あったか対策をしてもらい元気でした。








むね君のお家は解体が終わられていました。
とても元気だったので私も嬉しくなりました。



前回から1か月 ★仮設住宅やみなし仮設生活 ★軒下又は解体後敷地生活

被災地の動物とご家族の生活はきっと 色々な悩みや想いがあられると思います。

・地震が来る前の生活へ 近づけるのか?

・動物達の飼育(体調や行動)は大丈夫か?

今出来る事は 「必要」とされる事に 寄り添えれるように

情報を収集していきたいな〜と思います。続く 

Posted at 2017年02月12日 19時07分26秒  /  コメント( 0 )

災害から72時間!飼い主さんの防災知識を考える

災害の体験者から聞いた事

,泙困録紊魑發澆帽圓ことから朝が始まる事

⇒匹譴燭薀泪鵐轡腑鵑離疋△魍ける事

2拱はまとめておく事

72時間(公助)までは自助共助避難する事

そんな中

雨の中で 「ペット同行避難訓練」をしてみました。

そうして 熊本地震体験!!

★夜だったら

★洪水だったら台風だったら落雷・火事だったら

★多頭わんにゃんだったら

★要介護わんにゃんだったら

★寒かったら暑かったら


益城町での声

「家族5名チワワ1頭全員 家から出れずレスキューされました」

「前震の時 準備していても何一つ持ち出されなかった」

「倒壊の家に取り残さた 亡骸の愛犬を救出してもらいました」



避難訓練をした仲間  2年半後 

「2016年熊本地震が本当に起きるとは・・・・」

2013年10月5日 避難所訓練の様子はこちら

2011.4月 相馬市ペット避難所支援

福島 緊急災害動物救援本部(家族と離れ離れの犬猫の様子)

犬さん達

猫さん達

2012.7.11阿蘇水害 家と車浸水 犬家畜流れる


過去の経験をしっかり身につけ

1人では逃げれない 愛犬・愛猫・愛鳥・愛兎・愛ハムスター

どうやって 守るか!!やはり 日頃からの準備が必要と思う。

同時に 万が一 はぐれたり 共に暮らせない時は誰に預けるか?

その時に ストレスが大きくのしかからない為の準備や体作りが必要と思う。


最後に 1年に1度  「雨と夏と冬」

同行避難訓練 キャンプ生活 お泊り体験ができたら

いいな〜と思います。

熊本地震 避難所生活〜仮設住宅〜新しい家に生活までの環境の変化は

動物にとっても飼い主さんにとっても 大きな変化となり 悩みも多いと思う。

しかし・・・そんな声を きちんと聞かなきゃと思います。

Posted at 2017年02月05日 15時13分40秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  | 次へ