メインメニュー
ペットと災害

新型コロナウイルス 注意の中 被災地とペット 〜熊本地震から復幸へ 36

前回→仮住まい5千人切る 熊本地震、ピーク時の9割超減 2020年2月11日 1 熊本日日新聞 35

今回→3月になったので 様子を見に行きました。

犬さん達は相変わらず元気でした。

ハチさんだけ咳は治っていないので 動物病院へ行ってもらえたらいいな〜と思います。

仮設団地からの災害公営住宅まで

もうすぐの様です。熊本地震から4年目の春。 

猫さんの姿がなかったので風邪などひいていないといいな〜と思います。

お預かりしたフードを無事届けられて

元気な様子を見れて 一安心です。

●災害公営住宅の写真

●猫さんの家(誰もいない)

●ハチさん動画 

●リュウさん動画
●レオさん動画



※熊本地震の桜から 4回目の桜の時期が近くなります。

その頃にはもっともっと 「震災からの復幸」も増えていて欲しいです。

それと新型コロナウイルスの件

「不安から笑顔」で乗り越えられる様に 

国のリーダーや専門家と共に最善策を・・・・

同時に 各地域や自治体のリーダーの方々のお力(※リーダーシップ)が必要です

国民 県民 市民 町民

ご高齢者も子供も不安な方々も・・・迷わず進める様に

道案内してもらい この窮地も一人一人が乗り越えて行けたらいいな〜と祈ります。

Posted at 2020年03月01日 15時37分17秒  /  コメント( 0 )

仮住まい5千人切る 熊本地震、ピーク時の9割超減 2020年2月11日 1 熊本日日新聞

前回→謹賀新年挨拶 4回目の冬へ 被災地とペット 〜熊本地震から復幸へ 34

今回→いつもの更地に「ハチくん」が居なくて心配したら仮設住宅へお出かけ

見守りの地域では 

仮設住宅から新しいお家へ引っ越し完了

復興公営住宅完成 待ちの家族と犬猫さん

自宅に新築住宅完成待ちの家族と犬さん

長い長い時間が流れている事に気付かされます。

ライフラインのない場所での生活

飼い主さんの居ない場所での生活

みんな頑張ってます。大きな大きな災害は

「安心な居場所や家族」をバラバラになってしまう。

しかし 彼らは 逞しく生きて暮らしています。

共に暮らせる日まで もう少し この寒い冬を乗り越えて欲しいです。

新聞には仮設住宅の記事が掲載されていました。

被災地に残った猫さん

仮設住宅での「犬猫問題」色々ありましたが

これからも 本当の復幸まで 犬猫さんとご家族

支えていける様に頑張ろうと思います。



熊本地震 県内被災状況 熊日まとめ

仮設住宅入居数(1月末) 1863世帯 4393人

・直接死 50人
・震災関連死 217人
・大雨二次災害 5人
・負傷者 2737人
・住宅 198574棟
●建設型仮設住宅 797戸 1839人
●見なし仮説住宅 1043戸 2491人
●公営住宅    23戸 63人      

Posted at 2020年02月12日 11時44分53秒  /  コメント( 0 )

常に勉強!!災害時に起こりやすい病気 〜被災時の健康を守るために〜




日時:2020/3/15 日曜日 13時30分〜15時30分
場所:熊本城ホール 会議室 A
プログラム
熊本大学病院-災害医療教育研究センタ


災害時に備えることは 平時から常に準備しておくと良いと思う。

熊本地震の際

東日本大震災のボランティアに行き 情報を得ることができ
熊本地震の前に 市民公開講座を熊本市動物愛護推進協議会で開催できました。

それでも 様々な災害の種類 被災度の大きさ 被災者の状況

同じのものはないのだから まずは 

“鏈匱圓亮助力

被災者と家族(動物)の共助ネットワーク

わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本

H鏈匱圈“鏈卞以の健康管理

これらを しっかり学んでおこうと思います。

各都道府県で開催されている 防災講演会やイベント

被災動物の保護者である飼い主さん

その両方を支えられる 動物看護師でありたいと思います。

●災害動物支援危機管理士

Posted at 2020年02月06日 14時51分53秒  /  コメント( 0 )

謹賀新年挨拶 4回目の冬へ 被災地とペット 〜熊本地震から復幸へ 34

前回→■寒くなったよ!4回目の冬へ 被災地とペット 〜熊本地震から復幸へ 33

今回→暮れに最後の訪問 2020年 新年の挨拶へ来ました。

★犬さんチーム 健康状態 チエック (ハチちゃんの咳が気になる)
●レオちゃん 写真

●リュウちゃん 写真

●ハチさん 写真
★猫さんチーム なんと お出かけの様子で会えませんでした。
●ねこさん 写真

災害公営住宅が出来るまで

新しい家が建つまで しばらくは 離れ離れの生活(レオちゃん以外)

それでも 毎日 飼い主さんが仮設住宅から お世話にこられているので

落ち着いているな〜と感じます。

最初の時は(2016年5月)余震もあり飼い主さんも不安の中

犬さん達は 食欲不振 削痩 毛艶落ちる イライラ ドキドキ

家の無い猫さん達は その当時は13頭位 集まっていたと思います。

時は流れ 復興は進みますが

犬猫さん達の環境や体調も変化しています。

大変な出来事が起き 復幸までは もう少し時間がかかりそうです。

引き続き 様子を見に行こうと思います。 続く 

Posted at 2020年01月19日 14時48分02秒  /  コメント( 0 )

寒くなったよ!4回目の冬へ 被災地とペット 〜熊本地震から復幸へ 33

前回→■TV収録 雷と被災地とペット 〜熊本地震から復幸へ 32l

今回→寒くなったので 差し入れの綿毛布とフードを届けました。

●リュウさん 動画

●ハチちゃん フードとタオルの差し入れ写真

●キャットフード差し入れ 

●小屋の中の2頭黒猫さん

●ニューフェース 痩せている猫さん

心配な夏 気持ちいい秋(蚊は多い)
心配な冬が近づいてきました。

‖猟瓦粒稜А
暖を取る設備の有無(必要なら準備) 
ご家族の悩み(早めに聞き取り)

今回は 犬猫さん達は とても元気だったんで一安心

それでも 仮設住宅からの犬猫さんのお世話をされているので
飼い主さんの心労にならないように ちょこっと ボランティアしています。

熊本地震 2016・4月 離れ離れの4回目の冬です。
共に暮らせる日まで 頑張って欲しいと思います。

続く

Posted at 2019年11月21日 16時06分17秒  /  コメント( 0 )

台風19号 被災動物 川崎市動物救援本部 2019.10.21 情報

川崎市動物救援本部の設置及び
被災住宅等のペット一時預り支援について


● 相談窓口

川崎市動物救援本部(公益社団法人川崎市獣医師会アニマルフレンドコール)
電話:044−744−1482
相談時間:月曜日〜金曜日(祝日除く) 10時〜12時/13時〜16時

※飼育困難になった犬、猫等の一時預り依頼書(PDF形式, 40.27KB)
http://www.city.kawasaki.jp/350/cmsfiles/contents/0000111/111579/ichijiazukariiraisho.pdf

● 動物救護施設

公益社団法人川崎市獣医師会会員動物病院
川崎市動物愛護センター ANIMAMALL(アニマモール)かわさき
(川崎市中原区上平間1700番地8)


どんな災害も

ゝ模の大きさによる被害の大きさ(災害の種類)
被災後の負担の大きさ(住まい 仕事 多頭飼育 疾病高齢) 
H鏈匯瑤ぜ腓気鵑汎以の健康(心身状態)

その中で 

地域行政 地域動物病院 ペットサロン ボランティア 動物看護師

ネットワークにて 災害時の弱者(飼い主さん含む)支援出来たらいいな〜

と思います。
■わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本 2016.4.14〜

 続く

Posted at 2019年10月22日 11時08分54秒  /  コメント( 0 )

NHK番組「あの日わたしは」の取材無事終わりました

◆NHK総合番組名「あの日わたしは」

 企画内容(放送予定2019.10月以降)
熊本地震を体験された方々を取材しています。
あの日何が起きたのか どう行動したのか。 
復興へと向かう被災地 
人々を見つめ 震災の記録を残し教訓を生かしていきます。



わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本 2016.4.14〜に立ち上げと活動ついて

見守り犬猫さんと家族の様子と家族のインタビュー

同行避難度チエック表と同伴避難所用パーソナルカードについて

ロイスさんメンタルわんケアの様子

天気予報は雨や雷予報 私は雨女で とても心配でしたが

3日間に分けた ロケ(益城町 二の丸公園 白川河川敷)

なんと 天気に恵まれ・・・良かったです。

熊本地震直後から現在・・・・建物や熊本城

まだまだ大変な方々や別々に暮らす犬猫達の事

皆が笑顔になれる時まで・・・本当の「復幸」まで

支えてもらったり応援してもらったりで頑張れる事

撮影クルーの皆さんには伝わったと思います。

益城町見守り 2019.5.14の様子

クルーの皆さんは 「熊本は暑いですね〜」と汗だくでの撮影

本当にありがたいです。

災害について聞かれた時 お伝えしたのは・・・・

2010年 ライフライン途絶えた時 愛犬と両親とどう生き抜くか?を真剣に考える

2011年 東日本大震災(福島相馬市ペット避難所 マニュアル作成 物資支援 閉鎖時まで)
          (三春町 動物災害救援本部 シェルターにてボランティア 5日)

2012年 防災市民公開講座
   (熊本市動物愛護推進協議会 荒尾地区動物愛護推進協議会)参加

2012年 九州北部豪雨(阿蘇一の宮)ボラ参加

2012年 わんにゃんぴっ相談室主催「ペット同行避難訓練」

災害は起きない方がいいけれど・・・

起きた時に 困ったり落ち込んだりしないでいいように

準備して 仲間みつけて 行動出来たらいいな〜と思います。

Posted at 2019年09月06日 16時53分38秒  /  コメント( 0 )

TV収録 雷と被災地とペット 〜熊本地震から復幸へ 32

前回⇒豪雨と被災地とペット 〜熊本地震から復幸へ 31

今回⇒豪雨と雷と被災地ペットの様子 TV取材付訪問

レオちゃんとご家族 取材後 記念写真

●地震後避難の時の様子(車中泊 テント泊 仮設住宅から自宅通い)
●自宅再建後 安心生活(2019.7)

熊本地震から 3年5か月

レオちゃんとの出会いから3年4か月 月に1回のペースで

「見守り」を勝手に続けてきました。

お留守番もお母さんの骨折など寂しい時間 心配な時間 

色々な体験を乗り越えたレオちゃん 本当に良く頑張りました。

2016年5月 初相談 レオちゃんが咬んだ(益城町福祉センター避難所)

▲譽ちゃんの様子(ピリピリ 眼つき)観察 食欲等確認(解体家屋敷地)

C録未笋留守番時の不安 メンタルケアサポート(解体家屋敷地)

ぅス同士の喧嘩事件


これからは 一緒に生活できるので本当に

レオちゃんもご家族も「復幸」のゴールインできました。

再建は復興がゴールではなく

ペットも家族も笑顔の「復幸」へ進んで欲しいと思います。

レオちゃんちの近くには 災害公営住宅が着々と建設されていました。


引き続き お留守番のハチちゃん レオちゃん 猫さん の笑顔

「復幸」のゴールインまで 見守りもさせて頂きたいです。続く

Posted at 2019年09月04日 20時23分34秒  /  コメント( 0 )

防災自助力チエックシートと防災ペットパーソナルカード 作った!

前回⇒●ペットと災害について

今回⇒ペットと避難について見える化しました 

●同行避難できるのか?⇒安全に避難するための心得

飼い主さんもペットも安全に避難してもらう
※避難時リスクチエックシート&解決方法

●同伴避難できるのか?⇒避難先で受入て貰うための心得

〇慊衄鯑饅蝓(〇稟鯑饅蝓焚案癲_鯵亜ー崔翡顱.謄鵐版顱
¬唄嵌鯑饅蝓 焚案癲_鯵亜ー崔翡顱.謄鵐版顱
自宅庭 自宅近く公園(車中泊 テント泊 軒下泊)

※ペットパーソナルカード


●避難所でのペットのルール明確に受け入れ混乱(苦情)減る 

※パーソナルカード地域避難所へ提出⇒避難先移動したらPCも移動する

●支援や物資のニーズ把握 ⇒パーソナルカードにて必要な物を必要な時に届ける

●被災者とペット復幸見守る⇒避難所 仮設住宅 みなし仮設住宅 災害公営住宅

生活環境の変化によってペットの異変や一時預かりや譲渡など悩みの相談受けれる

Posted at 2019年08月30日 19時50分49秒  /  コメント( 0 )

ペット同伴避難について考える 災害が起こる前に



13時20分 施設内見学

13時30分〜15時30分 
〆匈押壁坩妥澄ゝ震篥澄“鯑饅蟇娠帖.蝓璽澄捨蓮.撻奪抜浜)
∨漂卉楼莊屡方法(担当行政 保健所 協議会 獣医師会 ネットワーク)
テータイム●2種のチーズケーキ&珈琲セット
ぬ醂蒜問題(苦情 多頭飼育崩壊 飼養不可里親探し)

■まとめ

・ライフライン途絶えた時の心構え(不安対策 避難バック 食糧 飲料水 明かり 情報) 

・避難の時(どの時に行ったらいいか?安全確保) 

・避難の場所(指定避難所 福祉避難所 民間避難所 安全な場所)

・迷子になった時 保護した時(犬猫問題解決NOTES参考)

・被災度大きく怪我など飼養不可一時預かり探す(被災者と動物支援)

・避難所運営担当者と平時にご挨拶大事

・地震 雷 台風 豪雨 土砂崩れ 津波 それぞれの災害イメージ

※参加者の皆さんも不安や疑問が少しでも解決出来て 動物愛護推進員として

地域のリーダーとして活躍して貰いながら 地域への自助力と共助ネットワークを

平時から構築して貰えたらいいな〜と思いました。

※テイータイム付小勉強会⇒温チーズケーキ&冷チーズケーキ&珈琲 

美味しかったです。




 

Posted at 2019年07月21日 18時45分38秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  | 次へ