メインメニュー
動物福祉 ネットワーク

緊急!!後肢麻痺 三毛猫保護したら?どうする?看護日記

■保護主さんの記録

2018.06.09追記
おしっこが自力で出せないので、おしっこ溜まったら圧迫排尿必要
—————————————————————
2018.06.06追記
愛護センター確認済み  動物病院にて治療、検査済み。

骨折無し 傷口からの細菌感染で弱っている。
歩けないのは細菌が神経まで進んでいるか?ただ極度の栄養失調で筋肉がないか?
—————————————————————
2018.06.04 駐車場 うずくまる所発見保護 
腰に穴が空いてて後ろ足が動かない。噛み付くので多分野良猫かも。
飼い主さん、または迷子に心当たりのある方いませんか?
保護場所:熊本市北区八景水谷



2018.06.12

食欲◎ 排便◎ 排尿◎(伏せの状態にして圧迫⇒大量)

目ジカラ◎ 身体の痛み 右後肢⇒麻痺強い 左後肢⇒反射ある

骨折ないし 痛みも弱い 足裏のマッサージ ツボ押し 後肢のストレッチ

授乳の後がある

※これからの事をどうするか?
(愛護センターか?一時預かりさんか?飼い主さん見つかる?)



■保護猫さんと保護主さんとの福祉プラン■

保護主さんには 護る犬猫さん家族3頭とお仕事も持たれています。

救命の処置を取って頂いたのでにゃんこさんは少しずつ治ってきています。(感謝)

できれば 

1日3回排尿を介助してリハビリを出来る環境を探してもらう。

∈8紊了 家族である犬猫さんの気持ちを考えて良く考えてもらう。

その前に 飼い主さんや餌やりさんの情報が入ったらいいな〜と思います。

Posted at 2018年06月13日 12時37分06秒  /  コメント( 0 )

多頭 軒下飼育 飼い主さん緊急入院!!にゃんずケア

前回⇒支援に感謝!! 飼い主さん緊急入院!!にゃんずケア 5/1 

御座布団の寄付が届いたので 一時預かりさんへお届けしてきました。



猫さん達は 皆 一時預かりさんの生活に慣れて

ケージの前に出てきて 甘えてくるそうです。

私には・・・・無視でした。

飼い主さんの入院リハビリは まだ続いていて

病院併設の施設へ引っ越しが必要との事でした。

共に暮らせないとすると・・・猫さん達をどうするのか?

命と生活の責任をどのように考えておられるか? 

いつまで一時預かりさんへお願いするのか?譲渡するのか?

引き続き 飼い主さんとの話し合いをして決めていけるといいな〜と思います。



写真は 軒下泊していた場所を本日撮影 猫さんが一頭いました。

Posted at 2018年06月08日 16時14分13秒  /  コメント( 0 )

子猫を保護したら・・・どうしますか?誰に相談しますか?

犬猫問題 悩み 困った時・・・ 

どうしますか?

誰に相談しますか?




わんにゃんぴっ相談室では 
様々な悩みや苦情などへの解決へ支え導きを担当しています。


■益城町 親子猫が生活  なんと子猫を置いてママ猫行方不明

発見した高校生が保護⇒Nさんに相談して⇒増子へ



●メディカルチエック(動物病院へ)
●安全確保(一時預かり先)(キャリーバック 水のみ)
●里親探し(チラシ作成 SNS投稿)

優しい

保護した高校生

相談受けたNさん

一時預かり協力者さん

共に この猫さんのHAPPYを手に入れるために

協力してもらっています。





★わんにゃんぴっ相談室 http://cplus.if-n.biz/5002546/article/0487985.html

★犬猫問題解決NOTES http://cplus.if-n.biz/5002546/article/0476971.html

Posted at 2018年05月07日 15時51分25秒  /  コメント( 0 )

川崎のケアマネさん 介護支援を悩ますペットとは??

神奈川新聞 2018.5.2


川崎のケアマネ8割「困った」介護支援悩ますペット



★動物看護師 ペット福祉サポートケア事例はこちら

太郎ちゃんの事例 飼い主さん緊急入院からの譲渡

8頭の猫飼い主さん事例 救急車入院からの一時預かりさんへ

23頭ウサギ飼い主さん事例 管理サポートからの譲渡へ

ペットが飼養できなくなった時誰に相談するのか?

ペット同伴老人ホーム熊本河内モダンガール

ご家族の緊急の事故や病気によって

共に暮らす 動物達は 生活の変化が大きく変わり

「適正飼養」が出来なくなり「終生飼養」までも出来なくなる。

日々の生活にて 地域や介護職の方々へ迷惑がかかったりします。

そんな事が起きない為には??

まずは 飼い主さんのご家族と共に

愛犬愛猫の事を

■誰に ■何処に ■どのように ■どのくらい

預けるのか?お世話を頼むのか?

愛犬愛猫にとってのストレスを軽減できるように 考えて欲しいと思います。

どの方法が一番最善なのか?

様々な事例を知り 決めて貰えたらいいな〜と願います。

離れ離れになる動物の気持ちも・・・・

離れ離れになる高齢者の方々の気持ちも・・・

共にお互いの倖せな生活を考えて貰えたらと思います。



緊急入院から1か月 退院の予定は3か月後
7頭の猫のこれからを妹さんと共にサポート

Posted at 2018年05月03日 10時56分34秒  /  コメント( 0 )

支援に感謝!! 飼い主さん緊急入院!!にゃんずケア  

前回⇒軒下から室内へ 飼い主さん緊急入院!!にゃんずケア 20日 

●飼い主さん 救急病院から一般病院へ リハビリスタート

●一時預かりさん宅へのサポート 
 
■軒下生活の時の支援物資  
くまおママさんより虫対策


■老朽・衛生面対策の支援物資 
和歌山 園田さんより 神奈川 刈屋さんより


■ブルーシート わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本へ集まった支援物資

★本日の支導内容
・新ケージ組立 ・フロントライン ・不要ケージ撤去


新しいケージには すぐくつろげると思いますが
写真は・・・私に対して・・警戒中の顔
フロントラインの時も皆大人しく出来ました。

飼い主さんの妹さんもご高齢ですが
飼い主さんの緊急時なので頑張って頂いています。
支援物資にも とても感謝されていました。

引き続き 飼い主さんに代わって飼養してくださる方募集中です。

Posted at 2018年05月01日 18時51分49秒  /  コメント( 0 )

軒下から室内へ 飼い主さん緊急入院!!にゃんずケア 20日 

前回⇒飼い主さん緊急入院!!にゃんずケアスタート 



●日当たり無し

●湿度が高く 老朽化したケージ

●衛生面が心配な軒下生活

29日 ようやく 屋内へ一時避難する事が出来ました。

ただし 今回 緊急という事で 

大家さんへの許可をもらえたので

将来的には 今の場所も期限があるので引き続き

一時預かりさんを募集されています。

猫さん達の健康状態は・・・

食欲有 元気あり 排泄排便は安定

目ヤニや鼻水のこ3頭  削痩のこ1頭 脱毛のこ1頭

今の一時預かりさんの所で 少し慣れたら

1頭ずつメディカルチエックをする予定だそうです。


 

続く


 

Posted at 2018年04月30日 17時26分00秒  /  コメント( 0 )

飼い主さん緊急入院!立ち退き迫る!にゃんずケア 

前回⇒飼い主さん緊急入院!!にゃんずケアスタート 

飼い主さん入院から1週間

今いる居場所から 立ち退きしなくてはならくなり

その打ち合わせに参加してきました。

■飼い主さんのご家族はご高齢である事

■ご家族には猫の飼養には頭数の限度がある事

■立ち退きまでの緊急一時預かり場所必要

■立ち退きまでの期限が4月30日


飼い主さんは猫の事が心配ですが 

退院のめどはつかないので

飼い主さんの代わりに お世話できる方や預かれる居場所が

緊急に必要 早速 ご家族にはチラシを作成へ

とにかく 1日でも早く居場所が決まるといいな〜と願いします。

 

Posted at 2018年04月16日 21時17分49秒  /  コメント( 0 )

飼い主さん緊急入院!!にゃんずケアスタート 

飼い主さん緊急入院 2018.4.8

残された猫さん

飼い主さんの代理の方と共に

にゃんケアスタート

飼い主さんの退院がまだ未定ですが

健康チエックしながらサポートします。






  続く

Posted at 2018年04月13日 17時23分25秒  /  コメント( 0 )

熊本地震 多頭飼育から緊急一時預かりへ 今度は・・・?? 

2016年4月熊本地震から 

5月の緊急一時預かり探し 多頭飼育わんず苦情 支援 熊本


多頭飼育わんずの苦情対策  支援日記 ぁ

2頭はモダンガールへ



その後 順調に飼養してもらっていましたが 

飼い主さんがどうしても「体も大きくなり 怖がりで お散歩が出来ない」

これからの生活を考えたら ドックトレーナーの元で暮らし

「犬らしい生活 心と体の健康を整えてあげたい!」を考えられ

今日 東京のわんだん邸  https://wandantei.com/へ  旅立つ事になりました。  

・ペット同伴 老人ホーム モダンガール日記 






ポピーさんと梅太郎の「ママ犬」は ゴールデンRが出産した犬

梅太郎さんは 体重27キログラム 祖母犬の体格を遺伝したようです。




「ママ犬」の暮らす元飼い主さんへ 

ポピーちゃん 2年ぶりの姿を見て貰いました。


■兄妹 ポピーちゃん 梅ちゃん にとって 健康的な生活の為には

専門家が必要なケースでした。(行動ケア 運動不足)

離れ離れになる飼い主さん にとっては 寂しい事だと思いますが

将来の為に決断して貰えてよかったと思いました。

これからも ポピーちゃん&梅ちゃんのニコニコを

熊本から祈りたいと思います。

 

Posted at 2018年04月10日 17時22分46秒  /  コメント( 0 )

続9  飼い主さんが緊急入院!!新しい家族と太郎ちゃん

■飼い主さんが緊急入院!飼い主さんが緊急施設入所!その時犬猫は??

■飼い主さん緊急入院 太郎ちゃんは今日からどうする?
■続1
■続2
■続3
■続4 飼い主さんが緊急入院!!パパのタオルとお留守番太郎ちゃん
■続5 飼い主さんが緊急入院!!ブラッシング出来たよお留守番太郎ちゃん
■続6 飼い主さんが緊急入院!!お留守番から引っ越しへ太郎ちゃん
■続7  飼い主さんが緊急入院!!パパとの別れと引っ越し 太郎ちゃん2015.11月6日7
■続8  飼い主さんが緊急入院!!新しい家族と太郎ちゃん 2015.11月23日

太郎ちゃんに会いに行きました。

なんと 2年半も逢いに行ってませんでした。

太郎ちゃんは・・・リラックスしていましたが

私の事は・・・「誰だっけ??(近寄んなよ緊張する〜)」

みたいな顔で 鼻水がポロっと出ていました。



新しい家族として迎え入れてくださった

「玉名牧場」の皆さん 太郎ちゃんのニコニコ生活 感謝します。

天国へ旅立った太郎ちゃんパパさん 「安心してくださいね」



愛犬愛猫と最期まで暮らす・・・・

それが 実現できなくなる時が起きる事もあります。

しかし 飼い主さんやご家族の懸命な行動と

サポートするボランティアの皆さんのおかげで

「太郎ちゃんのニコニコの今」が実現できています。


全ての飼い主さんが「万が一の時 愛犬愛猫の事をどうするか?」

決めて頂けたらいいな〜と願います。

続く

Posted at 2018年04月06日 17時10分53秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  | 次へ